ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 30日

2015年01月 京都旅行(2)

引き続き、「2105年01月 京都旅行(2)」をご覧ください。

1月6日(火)  冷雨降りしきる中、西本願寺、三十三間堂、八坂神社、東寺および錦市場を散策しました。
西本願寺  
浄土真宗本願寺派の本山で、顕如上人が秀吉の京都市街経営計画に基づいて、現在地に寺基を移すことに決め、文禄元年(1592)に阿弥陀堂・御影堂の両堂を完成させました。顕如上人の死後、長男・教如上人と三男・准如上人の後継者争いが勃発し、准如上人が継職する事になりました。一方、教如上人は家康に接近し、現東本願寺の寺地を寄進して貰い、大谷派本願寺を興すことになりました。この時点で、本願寺は西と東に別れたそうです。家康は、本願寺勢力の分裂を画策し、東本願寺を興させたとも言われています。
建造物で国宝に指定されているのは、阿弥陀堂、御影堂、飛雲閣、唐門など多数あります。
御影堂門
c0094546_17282356.jpg

御影堂門とその奥の阿弥陀堂
c0094546_17293054.jpg

阿弥陀堂内部  宝暦10年(1760)に再建された東西42m、南北45m、高さ25mの木造建築です。中央に阿弥陀如来の木像、左右にインド、中国、日本の念仏の祖師七師と聖徳太子の影像が安置されています。
c0094546_173120100.jpg
c0094546_17313299.jpg
c0094546_17314694.jpg

阿弥陀堂と御影堂の連絡通路と獅子の屋根瓦
c0094546_1733345.jpg
c0094546_17331745.jpg

c0094546_17364536.jpg

御影堂内部  御影堂は、寛永13年(1636)に建立された東西48m、南北62m、高さ29mの巨大な木造建築です。中央に親鸞聖人の木像を安置し、左右に本願寺歴代門主の御影が安置されています。
c0094546_17334957.jpg
c0094546_1734210.jpg

境内にある銀杏の老木
c0094546_17394882.jpg

c0094546_1740146.jpg
c0094546_1740127.jpg

国宝「飛雲閣」  金閣、銀閣と共に京都三名閣の一つで、秀吉が建てた聚楽第の一部と言われている三層の楼閣建築です。
御影堂から垣間見た飛雲閣  二層と三層だけが見えました。
c0094546_181549.jpg

飛雲閣の豪華な姿(写真)
c0094546_1825044.jpg

国宝「唐門」  桃山時代の豪壮・華麗な彫刻で飾られた檜皮葺・唐破風の四脚門で、伏見城の遺構といわれています。彫刻の見事さから「日暮しの門」とも呼ばれています。
冷雨の降りしきる中、「日暮しの門」の素晴らしい彫刻を寒さも忘れて、暫らくの間眺めていました。写真にも多数の雨脚が確認できると思います。
c0094546_18135125.jpg
c0094546_1814841.jpg

c0094546_18153649.jpg

c0094546_18144167.jpg
c0094546_18145350.jpg
c0094546_1815463.jpg
c0094546_18151441.jpg

西本願寺の門前町の入口にある総門  この総門から先の道の両側に多くの仏具屋さんが建ち並んでいます。
c0094546_18314225.jpg

門前町にある「伝道院」  門前町の奥に、ドームのある煉瓦造りの建物があります。それが西本願寺の伝道院です。
c0094546_18425796.jpg

舌を出した妖怪?  建物の周りには、動物か妖怪か分からないようなユニークな彫刻が多数置かれていました。
c0094546_18453868.jpg

門前町を通ってバス停まで行きました。仏具屋さんは勿論のこと、法衣屋さんなどを見ながら雨の中を歩きました。
途中、千枚漬で有名な京漬物「西利」の前を通りました。店頭に積み上げられた千枚漬用の蕪を見つけ、早速カメラに収めました。
京漬物「西利」
c0094546_1851371.jpg
c0094546_1851525.jpg

三十三間堂  
長寛2年(1164)、後白河法皇の勅命を受けた平清盛が離宮の一角に創建したもので、正式には蓮華王院といいます。一般的には、本堂内陣の柱間が33あることから「三十三間堂」と呼ばれ、親しまれています。国宝の本堂は全長約120mあり、高さ3m余の国宝の「千手観音坐像」を中心に、1001対の千手観音立像がずらりと並んでいます。また、千手観音立像の前列には、二十八部衆像(国宝)が建ち並び、堂内両端にはこれまた国宝の風神・雷神像が安置されています。その圧倒的なスケールの大きさと素晴らしい彫刻群を見ていると、よくぞ残ったものだと心が熱くなる思いで一杯になりました。それにしても、深々と寒さが身に沁みる中での見学となりました。
雨中に佇む三十三間堂
c0094546_23274441.jpg
c0094546_2328150.jpg

雨に濡れる庭と遠方に見える本堂
c0094546_23294511.jpg

本堂東側の柱と扉
c0094546_23385987.jpg

通し矢を行った本堂の西側風景
c0094546_23351343.jpg

通し矢の鏃で傷がつかないように鉄板を巻いた柱
c0094546_23371832.jpg

朱塗りの回廊とその前で雨に濡れて立つ南天と楓の木
c0094546_23431518.jpg
c0094546_23433262.jpg
c0094546_23434369.jpg

雨に濡れる結ばれたお御籤
c0094546_9413025.jpg

池に置かれた石や水面にできる雨模様
c0094546_23465144.jpg

三十三間堂を見学後、冷えた体を温めようとお昼を摂る事にし、バスで八坂神社の方へ移動しました。温かい食事を摂って気分一新、八坂神社へ向かいました。幸いなことに、空模様も小雨になり、気持ち良く境内を散策することが出来ました。
八坂神社  
地元では「祇園さん」と親しまれ、祇園祭はこの神社のお祭りです。祭神は、須佐之男命、櫛稲田姫命などで厄除けや商売繁盛の神様として広く信仰を集めているそうです。四条通りの東端に立つ朱塗りの西楼門は祇園のシンボル的建物として有名です。 40年前の大晦日に「をけら参り」に行った事を思い出しました。
西楼門
c0094546_1081787.jpg

西楼門前に鎮座する阿吽の狛犬
c0094546_10102997.jpg
c0094546_10104163.jpg

提燈で飾られた舞殿
c0094546_116559.jpg

八坂神社の本殿
c0094546_1173789.jpg

c0094546_1175559.jpg

八坂神社の参拝者たち  雨の中でも和服姿で参拝する女の人を数名見かけました。
c0094546_10563198.jpg
c0094546_105775.jpg

舞殿をバックに「自撮り」中の和服姿の女性たち
c0094546_1145015.jpg

お御籤売り場前の風景
c0094546_1110081.jpg

キツツキの仲間「コゲラ」  南楼門横の桜の樹にコゲラを見つけました。早速、シャッターを切りました。
c0094546_1114544.jpg

東寺
正式には「教王護国寺」という東寺は、平安遷都から間もなく王城鎮護の官寺として建設が始められました。都の正門である羅生門の東西に官寺が造られました。東寺と西寺がそれです。西寺は中世に廃絶されたといわれています。東寺は光仁14年(823)、嵯峨天皇より弘法大師空海に下賜され、真言密教の根本道場として発展しました。何度も戦乱に巻き込まれ伽藍を失いましたが、その都度時の権力者や庶民に支えられ今に至っています。講堂に安置された「立体曼陀羅」と呼ばれる仏像21体は実に素晴らしく、何度見てもその都度心を揺さぶられます。たまたまこの期間は、五重塔内部の「特別公開」中で、幸運なことに内部をつぶさに見学することが出来ました。
東寺「東門」
c0094546_11431829.jpg

東門から見た五重塔
c0094546_11464035.jpg

五重塔  正保元年(1644)徳川3代将軍家光の再建といわれています。最初の五重塔の創建は元慶7年(883)頃ですが、落雷による焼失と再建が繰り返され、現在の塔は5代目だそうです。高さは約55mで、現存する古塔の中で最も高いそうです。
c0094546_11443169.jpg

五重塔の屋根
c0094546_1146194.jpg

五重塔の風鐸
c0094546_11453051.jpg

五重塔の釘隠し
c0094546_114635100.jpg

講堂と金堂および五重塔
c0094546_13443030.jpg

金堂  慶長8年(1603)、豊臣秀頼が再建した桃山時代の代表的な仏堂建築だそうです。堂内には仏師・康生作の薬師三尊像が安置されています。
c0094546_13465065.jpg

講堂と金堂  手前の講堂には、仏像21体(内、15体は創建当時の傑作)が立体曼陀羅風に安置されています。中央に大日如来を中心に五智如来、左右に五菩薩と五大明王を安置し、両端に梵天・帝釈天、4隅に四天王を配したものです。
c0094546_13543733.jpg

東寺を見学した後、茶店でひと休みしました。茶店の横の池にアオサギが遊びに来ていましたので、カメラに収めました。
アオサギ  池に置かれた石の上で毛繕いをしていました
c0094546_1451537.jpg

東寺からバスで四条河原町まで行き、新京極や錦市場などをぶらぶら散策しました。
錦天満宮  中京区新京極にある菅原道真を祀る神社です。京の台所として有名な錦市場の東の端にあり、学業は勿論、商売繁盛にも御利益があるとのこと。
 提燈灯る錦天満宮
c0094546_14233629.jpg

 撫で牛
c0094546_14274690.jpg

 おみくじを運ぶ獅子  お御籤を買うと、獅子舞姿の人形がお御籤を運んで来てくれます。
c0094546_14253573.jpg

錦市場  
 伊藤若冲の生家跡  伊藤若冲はこの錦の青物問屋に生まれましたが、家督を次弟に譲り、絵画三昧の生活を送っていた?と言われています。
c0094546_14301012.jpg

 錦市場商店街の風景  京の台所と言われ、四条通りの一本北に位置し、延長390mある商店街で、126店舗が営業しているそうです。京都の旬の食材や京野菜,京漬物、その他佃煮、蒲鉾、干物、豆腐・湯葉などもここで入手できます。
c0094546_143187.jpg
c0094546_14312856.jpg
c0094546_14314428.jpg

帰りに京都高島屋に寄り、デパートの中を見て廻りました。ショーウインドーに面白い雛人形があったので、シャッターを切りました。
高島屋の包装紙を着たお雛様
c0094546_14551775.jpg

1月7日(水)  午前中に龍安寺と大徳寺を見て廻り、その足で帰宅します。
龍安寺  
宝徳2年(1450)この地にあった徳大寺家の別荘を譲り受けた室町幕府管領の細川勝元が、妙心寺の義天玄承を開山に迎え、禅寺を建立したのが始まりといわれています。 余りにも名高い石庭は、方丈の南側にあり、方丈の広縁から眺めることができます。白砂を敷き詰めた75坪程の広さに15個の石を配した枯山水の平庭で作者は勿論、作庭年代も不明とのこと。石の配列の妙から「虎の子渡しの庭」とも呼ばれています。
門松の立つ山門
c0094546_15253396.jpg

参道を掃き清める人たち  
c0094546_15273599.jpg

参道脇に祀られた石仏
c0094546_16193749.jpg

龍安寺の庫裡
c0094546_1656537.jpg

庫裡の玄関に飾られた衝立と屏風
c0094546_16215641.jpg
c0094546_16221214.jpg

虎の子渡しの庭
c0094546_16225142.jpg
c0094546_16234471.jpg
c0094546_16272666.jpg
c0094546_16243071.jpg
c0094546_16251023.jpg

c0094546_16361515.jpg

c0094546_16375159.jpg

方丈内部および襖絵
c0094546_16423926.jpg
c0094546_16425220.jpg

知足の蹲踞  方丈の北にあり、水戸光圀の寄進といわれる銭形の蹲踞です。上面四方に文字が刻まれ、中央の水穴を「口」の字として共用し、「吾唯足知」と読むそうです。
c0094546_16551442.jpg

勅使門と白壁に映る樹の影
c0094546_16562660.jpg
c0094546_16574671.jpg

境内の庭園風景
苔の中に置かれた石
c0094546_1702331.jpg

苔の庭に散り敷く紅葉
c0094546_17127.jpg

朽木に芽生える若木  『生生流転』?
c0094546_1714681.jpg

鏡容池越しに見た辦天島
c0094546_19394231.jpg

鏡容池で遊ぶ家鴨や鴨たち
c0094546_19403911.jpg

大徳寺  
臨済宗大徳寺派大本山で、龍寶山大徳寺が正式名称です。本尊は釈迦如来で、開祖は大燈国師(宗峰妙超)で、正中2年(1325)に創立された禅宗寺院です。境内には三門、仏殿、法堂をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を越える塔頭が建ち並び京都でも有数の規模を誇る禅宗寺院であります。大徳寺は一休宗純をはじめ多くの名僧を輩出し茶の湯文化など日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院でもあります。侘び茶を創始した村田珠光を始め、武野紹鴎、千利休、小堀遠州など多くの茶人が大徳寺と深い関係をもっています。
勅使門
c0094546_2023409.jpg

三門(金毛閣)  千利休がこの三門を単層から重層に改築した際、上層に「自分の草履履き姿の像」を安置した。そのことに激怒した秀吉は、千利休に切腹を命じたといわれています。真偽のほどは?
c0094546_20284091.jpg

仏殿(本堂)
c0094546_20293338.jpg

塔頭「三玄院」  石田三成の墓所。六条河原で処刑された石田三成の遺骸は大徳寺の春屋宗園に引き取られ、三玄院に埋葬されたといわれています。
c0094546_20423210.jpg

塔頭「総見院」  「本能寺の変」の後、織田信長の一周忌に間に合うように豊臣秀吉が建立した寺院で大徳寺・塔頭のひとつであります。
c0094546_20485595.jpg

塔頭「真珠庵」  永享年間に、大徳寺を復興した一休総純を開祖として創建された寺だそうです。
c0094546_20554067.jpg

大徳寺境内の石畳を散歩する保育園の子供たち
c0094546_20572415.jpg
c0094546_20573669.jpg

塔頭「大仙院」  
永正6年(1509)の創建で、書院の庭園は室町時代に大聖国師が作庭した枯山水の傑作といわれています。鶴や亀、蓬莱山を表す石が配され、そこから流れ落ちる滝が、やがて大河になり、方丈南側の大海へ注がれて行く様を表現しているそうです。内部は、残念ながら撮影禁止でした。ここでも、50年前に見た時の感動が甦ってきました。
大仙院の前庭
c0094546_21142089.jpg

枯山水庭園(写真)
c0094546_21102842.jpg

c0094546_21104051.jpg

c0094546_21131214.jpg

塔頭「瑞峯院」  ここは写真撮影OKでした。
九州のキリシタン大名として知られる大友宗麟が菩提寺として創建した寺で、瑞峯院と言う寺号は宗麟の法名から名付けられたそうです。
瑞峯院の前庭
c0094546_2144277.jpg

枯山水の庭園「独坐庭」  蓬莱山式庭園で、蓬莱山の山岳から半島になり、絶え間なく大海より打ち寄せる荒波にも雄々しく独坐する大自然を表現している枯山水だそうです。
c0094546_21462479.jpg

c0094546_21463638.jpg
c0094546_2146497.jpg
c0094546_21465897.jpg
c0094546_21471351.jpg

c0094546_21472422.jpg

枯山水の庭園「閑眠庭」  「閑眠高臥して青山に対す」という前後から命名された庭で、枯山水の砂利の庭を斜めによぎるように縦4個、横3個の石が十字架に組まれ、万民の霊を弔っているそうです。
c0094546_2201423.jpg
c0094546_2203633.jpg

瑞峯院の茶室
c0094546_2210103.jpg
c0094546_22102138.jpg
c0094546_22103153.jpg

大徳寺境内で見つけた石仏群
c0094546_9135815.jpg

c0094546_22123370.jpg
c0094546_22125438.jpg

大徳寺を見学した後、京都南インターから名神高速道路に乗り、家路につきました。途中、大津SAで休憩中に琵琶湖の上に虹が架かっているのを見ることが出来ました。
大津SAで見た虹
c0094546_2218627.jpg

c0094546_22182451.jpg


以上で本ブログを終了します。 最後まで見て頂き、本当にありがとうございました。感謝!感謝!!

by mda-vinci | 2015-01-30 11:29 | 国内旅行・散策
2015年 01月 20日

2015年01月 京都旅行(1)

1月4日(日)から3泊4日の日程で京都旅行に出掛けました。今年の正月は京都も大雪が降ったので、銀世界の風景を見ることが出来るのではと楽しみにしていました。3日夜の時点までは新幹線で行く計画を立てていたのですが、4日の早朝宿泊ホテルに電話をして道路状態を確認したところ、全く問題ないとの返事があり、急遽車で出掛けることにしました。今回は3日間「リーガ・ロイヤルホテル」に宿泊し、昔懐かしい名所・旧跡をゆっくり巡る事にしました。残雪の景色は勿論のこと、冷雨降る京都の風情も経験することが出来ました。このところ、奈良を重点的に訪問していたのですが、古都・京都もなかなか良いもんだと改めて思いました。そう言えば、京都が「世界一の観光都市」に選ばれたと言う情報をつい先日耳にしました。
《旅行日程》
1月4日(日) 朝、急遽「車」で京都に向かいました。 出来れば雪のある金閣寺を見たいと言う思いを抱いて!
京都へ行く途中、高速道路を疾走する車窓から撮影した風景
雲懸かる富士山  雲の形が時々刻々と変化して行くのが面白いですね。
c0094546_13575371.jpg

c0094546_13563511.jpg

c0094546_1358741.jpg

バックミラーに映り込んだ富士山
c0094546_1411039.jpg

山上に並んで立つ発電用の風車
c0094546_1435368.jpg

c0094546_14165139.jpg

名港トリトン  名古屋港に架けられた三つの橋で、手前から名港東大橋(青色)、名港中央大橋(白色)、名港西大橋(赤色)がそれです。
c0094546_14113533.jpg

c0094546_14245341.jpg

京都南インターで高速道路を下りた後、すぐ金閣寺に向かいました。大通り周辺の屋根には雪が残っていましたが、道路の雪は消えていました。
金閣寺  
正式名は「鹿苑寺」。足利3代将軍義満が営んだ山荘の北山殿にはじまり、義満の死後、遺言により菩提所として禅寺に改められたといわれています。開山は夢窓国師で寺号は義満の法号に因るそうです。
残雪の金閣寺  鏡湖池越しに見た燦然と輝く金閣の姿です。池には部分的に氷が張っていました。
c0094546_14402798.jpg

c0094546_144468.jpg

c0094546_1440416.jpg

c0094546_14442911.jpg

c0094546_14405255.jpg

c0094546_14444517.jpg

金閣の屋根に羽ばたく鳳凰
c0094546_1453411.jpg

池に映る金閣
c0094546_14514166.jpg

池に映る冬の太陽  松葉から落下する雪解けの雫で出来る波紋が印象的でした。
c0094546_14521894.jpg

反対側から見た金閣
c0094546_1502416.jpg

午後の太陽を反射して輝く建物
c0094546_15103114.jpg

屋根から落下する雪解け水
c0094546_1534470.jpg

水面を染める金色の模様  松の木に積もった雪が解けて水面に落下し、水の輪を造っていました。
c0094546_154102.jpg

鏡湖池に浮かぶ入亀島の残雪
c0094546_15112787.jpg

記念写真を撮っていた五人姉妹の外国人観光客
c0094546_151437100.jpg

金閣に別れを告げ、境内を散策しました。歩きながら、目に付いた事物や植物などをカメラに収めました。
クチナシの実
c0094546_15172911.jpg

銀河泉  足利義満がお茶ノ水に使ったと言われる泉で、今も清冽な水が湧きだしていました。
c0094546_855419.jpg

巌下水  足利義満が手を洗い清める為に使ったものだそうです。
c0094546_944638.jpg

金閣寺垣  割った竹を組み合わせて作った垣です。銀閣寺にも「銀閣寺垣」という、タイプの異なる垣がありました。
c0094546_98127.jpg

龍門滝  鯉が瀧を登れば龍になると言う故事にちなんで、鯉魚石が置かれています。
c0094546_9203564.jpg

白蛇塚  安民澤の小島に立つ五輪塔が「白蛇塚」で、義満以前の所有者であった西園寺公経の山荘「北山台」の鎮守といわれています。
c0094546_928344.jpg

金閣遠望  夕佳亭のある高台から見た金閣で、さしずめ「見返り金閣」と呼べそうな景色でした。
c0094546_931364.jpg

夕佳亭  江戸時代、後水尾上皇の臨幸に際して、茶人「金森宗和」に造らせたものだそうです。茅葺きの草庵風の茶室です。
c0094546_9372829.jpg

c0094546_9411153.jpg

境内で商い中の「豆政」
c0094546_9435956.jpg

金閣寺参道の泥濘  光の具合で、なかなかいい写真になりました。手前の男の子が気になりますね!
c0094546_9451674.jpg

駐車場に戻り、京都で3泊する宿「リーガロイヤルホテル」へ向かいました。
ホテルの窓から見た落日風景
c0094546_9531659.jpg

夕食を摂るため、京都駅ビルへ  
京都タワーと満月  丁度、満月が京都タワーの横に懸かっていましたので、信号待ち時間を利用してシャッターを切りました。
c0094546_100073.jpg

京都駅近傍で撮影した風景  京都タワーの完成時、とかく悪評が流布しましたが、今では「京都のシンボル」的建物となっています。
c0094546_9592655.jpg

京都ビルに写り込む「京都タワー」
c0094546_1031271.jpg

京都駅の構内と展示されていた「生花」
c0094546_1041159.jpg

c0094546_10221660.jpg

c0094546_10223857.jpg

京都ビル・大階段の「新年挨拶」ディスプレイ  6種類の画面が観光客を喜ばせていました。
その1 「あけまして おめでとうございます」
c0094546_10111567.jpg

その2 「賀正」
c0094546_1011564.jpg

その3 「謹賀新年」
c0094546_10125536.jpg

その4 「未」
c0094546_10144073.jpg

その5 「羊」
c0094546_10153350.jpg

その6 「HAPPY NEW YEAR KYOTO 2015]
c0094546_10184669.jpg

1月5日(月)  東本願寺、二条城、白峯神社、銀閣寺、哲学の道、南禅寺を廻りました。
リーガロイヤルホテルの正月用「生花」
c0094546_103952.jpg

東本願寺  
「真宗大谷派」の本山で、秀吉に隠居処分を受けた教如上人が徳川家康の寄進を受け、1603年上野国妙安寺から「御真影」を迎い入れ「阿弥陀堂」を建立、翌年「御影堂」を建立し、新たな本願寺を創建した。本願寺の勢力を分散する目的で、本願寺を東西に分裂させたともいわれています。因みに本願寺(西)は、教如上人の弟「准如上人」が継職したそうです。
東本願寺「御影堂」  世界最大の木造建築といわれています。
c0094546_10411861.jpg

東本願寺から見た京都タワー  手前の建物が「御影堂」、覆いがされているのが「阿弥陀堂」です。現在、修復工事中です。
c0094546_10415782.jpg

御影堂の屋根飾り  金色に輝く豪華な装飾が印象的でした。
c0094546_11194914.jpg

御影堂の廊下と扉
c0094546_11203783.jpg
c0094546_11205332.jpg

東本願寺の門扉
c0094546_11403655.jpg

二条城  徳川家の盛衰を見守った豪壮華麗な桃山文化の宝庫
慶長8年(1603)、徳川家康が上洛時の宿舎として造営させたもの。家康はここで豊臣秀頼を迎えて征夷大将軍の拝賀の礼を行い、「最後の将軍」慶喜は大政奉還の宣言をこの城で行ったといわれています。天明の大火で本丸殿舎等を焼失しましたが、二の丸御殿は残り今に至っています。
北大手門の鉄門扉
c0094546_11505490.jpg

二の丸庭園  御殿の大広間の西南に広がる庭園で、創建時の作庭といわれ「特別名勝」に指定されています。残雪の庭園が見事でした。
c0094546_1156381.jpg
c0094546_11562074.jpg
c0094546_11563920.jpg

c0094546_11585358.jpg
c0094546_1159860.jpg

蘇鉄越しに見る二の丸・大広間
c0094546_1211999.jpg

本丸へ渡る「東橋」から見る濠と石垣
c0094546_128084.jpg

本丸の「櫓門」と「東門」
c0094546_1262370.jpg

本丸庭園から見た御常御殿
c0094546_1294028.jpg

本丸庭園の石灯籠
c0094546_12101025.jpg

本丸・天守閣跡から見た本丸庭園および本丸御殿
c0094546_1312665.jpg

天守閣跡から見た西門方面の景色
c0094546_13174244.jpg

本丸御殿の玄関
c0094546_13194850.jpg

二の丸御殿の正門「唐門」  極彩色に彩られた豪壮華美な門構え
c0094546_13222923.jpg

二の丸御殿  本瓦葺・入母屋造の巨大な殿舎で、国宝の遠侍、式台、大広間、蘇鉄之間、黒書院、白書院の6棟が雁行形に配置されています。
c0094546_133135.jpg

c0094546_13312322.jpg

外塀門の残雪と白壁にうつる屋根の影
c0094546_1337641.jpg
c0094546_13371862.jpg

濠越しに見た東橋、櫓門および桃山門
c0094546_13515783.jpg

清流園  城の北側に位置する庭園で、昭和40年に完成した全国各地の石、芝生、茶室を配した和様折衷の庭園。
 「香雲亭」と石組の庭園
c0094546_134415.jpg

 茶室「和楽庵」
c0094546_13471342.jpg

 園内に立つ石燈籠
c0094546_13495323.jpg

白峯神宮  
配流されてその地に没した崇徳天皇、淳仁天皇が祀られています。この神宮の社地は、蹴鞠の宗家であった公家「飛鳥井家」の屋敷跡だそうです。摂社の地主社に祀られている精大明神は蹴鞠の守護神であり、現在ではサッカーのほか球技全般の守り神として信仰されています。 
白峯神宮の外観  
c0094546_1462831.jpg
 
境内に建てられた「蹴鞠の碑」
c0094546_1471982.jpg

白峯神宮の社殿
c0094546_1481551.jpg

社殿に奉納されている各種ボール類
c0094546_1495339.jpg

サッカーの技術向上を願う家族連れ
c0094546_14114382.jpg

銀閣寺  簡素にして気品あふれる東山文化を代表する建造物
室町幕府8代将軍足利義政が、祖父義満が造営した金閣寺に倣って建てた別荘が始まりです。義政の死後、臨済宗相國寺と改められ、名称も義政の法号に因んで慈照寺と名付けられたといわれています。銀閣(観音堂)と東求堂岳が当時の遺構で共に「国宝」に指定されています。
銀閣寺の総門
c0094546_14301719.jpg

銀閣寺垣の参道
c0094546_14311348.jpg

銀閣の雪景色
c0094546_14341752.jpg
 
雪の銀沙灘越しに見る銀閣(観音堂)
c0094546_14403425.jpg

c0094546_14355178.jpg

残雪の向月台
c0094546_14373476.jpg

錦鏡池越しに見る国宝「東求堂」
c0094546_14415712.jpg

池に写り込む樹影
c0094546_14425316.jpg

雪に映える赤い実
c0094546_14432699.jpg

展望台から見た美しい風景
c0094546_14461252.jpg

錦鏡池越しに見る観音堂「銀閣」
c0094546_14484810.jpg

銀閣の屋根上の鳳凰と二階部分の構造
c0094546_14524119.jpg

c0094546_14522674.jpg

境内にある竹藪の雪
c0094546_14561395.jpg

銀閣寺参道にある「ちりめん細工」の店  ちりめんで細工した小物類が非常に面白く、時の経つのも忘れて見ていました。
c0094546_14575156.jpg
c0094546_1458172.jpg
c0094546_14583780.jpg
c0094546_1458533.jpg

哲学の道  
銀閣寺橋から熊野若王子神社前の若王子橋まで約2kmにわたる疏水沿いの道を「哲学の道」と云うそうです。私たちは、銀閣寺橋から南禅寺まで歩いてみました。一部、それらしき風情の処もありましたが、開発が進み昔の面影を訪ねることは出来ませんでした。散策の途中、面白いものを見つけたのでカメラに収めました。
熊さん親子の魚釣り
c0094546_15145729.jpg

縦格子越しに外を見る家鴨たち
c0094546_15155778.jpg

「哲学の道」の面影を残す?疏水沿いの道
c0094546_15191587.jpg

疏水の水面に映り込む人影
c0094546_15165521.jpg

南禅寺  
臨済宗南禅寺派の大本山。文永元年(1264)に亀山天皇が造営した離宮が前身で、法皇になった後、東福寺の無関普門に離宮を寄進し、寺に改めたものだそうです。その後、足利義満から「五山之上」に列せられ,禅宗の最高位に就いたといわれています。三門は高さ22mあり、歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が楼上で「絶景かな!」と見得を切るシーンで有名になった建物です。
三門
c0094546_154485.jpg
c0094546_1544359.jpg
c0094546_15445679.jpg

法堂
c0094546_15455611.jpg
c0094546_154687.jpg

本坊
c0094546_15465822.jpg

本坊玄関への石畳  石畳に残る雪模様が特に美しいですね!
c0094546_1548296.jpg

水路閣  琵琶湖疏水事業の一環として造られた水道橋で、古代ローマの水道橋を手本とした全長93mの煉瓦造りの橋です。
c0094546_15492034.jpg
c0094546_15493172.jpg
c0094546_15494471.jpg

南禅寺塔頭「金地院」  
徳川家康に重用され「黒衣の宰相」と呼ばれた金地院崇伝が住んでいた寺です。「鶴亀の庭」は小堀遠州の作です。小堀遠州作と言われる庭園は多いのですが、この庭は正真正銘、唯一資料の残っている庭だそうです。
この寺には学生時代に訪れ、強烈な印象を受けた記憶のある庭でしたが、当時のままの佇まいで見る事ができ本当に満足!満足!でした。
「鶴亀の庭」全景  方丈から見て右手に鶴が左手に亀が配され、鶴と亀の間にある長方形の石は東照宮を拝むためのものだそうです。
c0094546_15565299.jpg

鶴亀の庭 「亀」
c0094546_1559042.jpg

鶴亀の庭 「鶴」
c0094546_1602230.jpg

東照宮  崇伝が家康の遺言により、家康の遺髪と念持仏とを祀って寛永5年(!628)造営したもので、重要文化財に指定されています。
c0094546_1621138.jpg

境内の竹林
c0094546_1625758.jpg

明智門  天正10年(1582)に明智光秀が母の菩提のために寄進した銀により大徳寺に建立されたが、明治19年に大徳寺から買い取り移築したものだそうです。
c0094546_1631719.jpg


以上で、「2015年01月 京都旅行(1)」を終わります。引き続き、「京都旅行(2)」をご覧ください。

by mda-vinci | 2015-01-20 15:49 | 国内旅行・散策