ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 24日

春彩のベネルクス三国旅行(2)

     引き続き、「春彩のベネルクス三国旅行(2)」をご覧ください。

4月1日(火)
午前中、オランダ名物の「風車」を見学するため、ザーンセ・スカンスを訪問しました。 観光後、ホールンへ行き、そこから「ミニSL」に乗り、1時間15分の汽車の旅を体験しました。「エルテンスープ」の昼食を摂った後、オッテルローへ行き、「クレラー・ミュラー美術館」でゴッホの作品を観賞しました。 その日の宿は、マーストリヒトのホテル「NHマーストリヒト」でした。

ザーンセ・スカンスにバスで移動する途中の風景
 如何にもオランダらしい田園風景  水面に映る景色が心を和ませてくれますね。
c0094546_755543.jpg

 田園の中に立つ一風変わった多数の羽根をもつ風車
c0094546_7583397.jpg

 車窓から撮影した風車群  多くの風車が車窓に見えるようになりました。ザーンセ・スカンス風車村に近づいたのでしょう!
c0094546_813748.jpg

目的地に到着しました。待ちに待ったオランダの風車を見ることが出来ます。気持ちの高ぶりを感じながら急いでバスを降りました。

ザーンセ・スカンスの風車群  これらの風車では、現在もマスタードを挽いたり、オイルを絞ったり、製材作業などを行っているそうです。
c0094546_8234243.jpg
 
c0094546_8242183.jpg

水面に映る白い跳ね橋
c0094546_8261666.jpg

水面に映る風車
c0094546_828184.jpg

チーズ専門店に通じる橋  多くの観光客がこの橋を渡ってチーズ専門店を訪問していました。
c0094546_8313644.jpg

チーズ専門店の日本人妻  オランダ人と結婚して、風車に住みながらチーズを製造している女性だそうです。テレビでも紹介されているとのこと。
c0094546_805713.jpg

チーズとそこに置かれていたオランダの民俗衣装を着たマスコット人形
c0094546_7555929.jpg

チーズの販売風景  オランダの民俗衣装を着た女性たちが忙しそうに働いていました。
c0094546_7582087.jpg

チーズ専門店の裏庭から見た風車の風景
 風車の前を疾走する自転車軍団  大勢の人たちが自転車に乗って風車前の道をやってきました。
c0094546_854745.jpg

 風車見学に来た子供たち
c0094546_884556.jpg

 風車をバックに立ち話中の女性たち
c0094546_8121183.jpg

チーズ専門店の裏庭にいた鶏と家鴨
c0094546_8132778.jpg
 
水面に映り込む風車
c0094546_8153022.jpg

c0094546_8161998.jpg

c0094546_8164273.jpg

風車見物に来た子供たち  先生に引率されて風車見物に来た子供たちが、わいわい・がやがや楽しそうにこちらにやってきました。
c0094546_8183438.jpg

柳が芽吹く運河沿いの家
c0094546_8211069.jpg

運河縁で悪戯をしている子供たち  運河に足を滑らせたような仕草をして、ふざけ合っていました。
c0094546_825082.jpg

運河に映り込んだ美しい風景
c0094546_8261453.jpg

運河に水を飲みに来た黒猫  本当に長閑な光景を目の当りにすることが出来ました。
c0094546_8273282.jpg

c0094546_8281235.jpg

鴨が運河に着水し、その音に振り返った黒猫
c0094546_829313.jpg

黒猫と後方の風車群  水を飲み終わった黒猫は、悠々とその場を立ち去りました。
c0094546_8312584.jpg

菜の花と風車群  私が想像していた「オランダの田園風景」がここにあるように思い、嬉しくなりました。
c0094546_8331182.jpg

風車見物の後、「ミニSL」に乗るため始発駅であるホールン駅に向かいました。
ホールン駅構内
c0094546_8545998.jpg

ホールン駅に貼ってあった「ミニSLのパンフレット」
c0094546_8505182.jpg

ミニSLの蒸気機関車の雄姿
c0094546_852017.jpg

鉄道員との記念写真  出発前に一緒に記念写真を撮りました。
c0094546_9263660.jpg

沿線の車窓風景
 草を食む牛の群れ
c0094546_859154.jpg

 移動する羊の群れ
c0094546_8595234.jpg

 ミニSLが近づいたため、運河から驚いて飛び立つ鴨たち
c0094546_91335.jpg
 
 牧草地で羽を休める白鳥たち
c0094546_92128.jpg

 遮断機のある踏切でSLの通過を待つ女学生たち
c0094546_934974.jpg

 沿線で見つけた茅葺屋根の家  この旅行中に何軒もの茅葺屋根を目にしました。
c0094546_951681.jpg

 田園にポツリと建つ風車
c0094546_98166.jpg

 運河に架かる跳ね橋
c0094546_96493.jpg

 漁村の風景  沿線にはいくつかの漁村があり、幾多の船がのんびりと停泊しているのが見えました。
c0094546_9112920.jpg

 運河の土手を犬を連れて散歩する人  後方には、風力発電用の風車がゆっくり回っていました。
c0094546_9164048.jpg

ミニSLの終着駅「メデムブリック」に到着しました。 1時間15分の素晴らしい蒸気機関車の旅でした。
終着駅での鉄道員たち
c0094546_9204633.jpg

メデムブリックの街並  この町のレストランで昼食を摂り、次の目的地「クレラー・ミュラー美術館」に向かいました。
c0094546_9291371.jpg
c0094546_9285731.jpg

 1613年に建てられた煉瓦造りの家 
c0094546_9295115.jpg

クレラー・ミュラー美術館へ行く途中のバスの車窓風景
 道路脇に建つ風車  こんなところにも風車がぽつんと建っていました。流石、風車の国ですね。
c0094546_9365894.jpg

 田園に建つ風車
c0094546_9381024.jpg

 かわいらしい風車  運河の中に建ち、水面に映り込んだ、こんな風車も見つけました。
c0094546_9421893.jpg

 林立する風力発電用の風車  オランダではこのような風力発電用の風車をいたるところで見ることが出来ました。昔も今も、風を上手に利用しているんですね!
c0094546_9402373.jpg

 静かに草を食む牛たち
c0094546_9464088.jpg

 美術館近傍で見つけた茅葺の家  
c0094546_9474328.jpg

c0094546_948363.jpg

クレラー・ミュラー美術館  
デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園(通称 ゴッホの森)の中心部に位置する美術館で、クレラー・ミュラー夫妻のコレクションをもとに1938年にオープンしました。世界有数のゴッホの作品を所蔵するほか、スーラやピカソ、モンドリアンなど19~20世紀の絵画も多く所蔵しています。また、野外彫刻展示の先駆けとなった彫刻庭園には、ロダンやムーアの作品も見ることが出来ます。

ゴッホの森に溶け込むように建つ美術館  このとぼけたオジサンのブロンズ像と赤いオブジェが、我々を出迎えてくれました。
c0094546_100508.jpg

ゴッホの作品  この美術館はフラッシュなしで写真撮影OKでした。 いくつか、ゴッホの作品を記載します。
 アルルの跳ね橋
c0094546_104534.jpg

 夜のカフェテラス
c0094546_1053281.jpg

 プロヴァンスの積み藁
c0094546_1062359.jpg

 咲き終えたひまわり
c0094546_1071229.jpg

 ジャガイモを食べる人たち
c0094546_1075257.jpg

 花の咲いたアーモンドの木
c0094546_10104135.jpg

その他、ミレーやルノアール、ピカソなどありましたが、割愛します。
彫刻庭園  広大な敷地に沢山の彫刻が展示されていました。時間の関係で、残念ながらほんの一部しか見ることが出来ませんでした。
池に浮かび動き回る白い鳥  軽量のプラスチックで作られているこの彫刻は、池の中を風に任せて自由に動き回っていました。
c0094546_10184474.jpg
c0094546_10183095.jpg

庭に展示されている彫刻群
c0094546_1028495.jpg
c0094546_1028391.jpg
c0094546_10274748.jpg
c0094546_10271769.jpg
c0094546_10265858.jpg

ジャン・デュビュフェの巨大彫刻  極めて面白くユニークな巨大彫刻でした。この不思議な空間で、暫らく遊んでいました。
c0094546_1034963.jpg
c0094546_10342458.jpg
c0094546_10343471.jpg

美術館の庭園内の林
c0094546_10373518.jpg

4月2日(水)  朝食はオランダ・マーストリヒト、昼食はルクセンブルグ、夕食はベルギー・ブリュッセルで摂りました。
マーストリヒト  
午前中はマーストリヒト観光で、地獄門、城壁、マルクト広場の市庁舎およびフライトホフ広場にある聖セルファース教会と聖ジャン教会を訪門しました。オランダの東南端にあるリンブルグ州の州都で、街の三方をベルギーとドイツの国境に接しています。平らなオランダでは珍しく丘陵(地元では「山」と呼ぶそうです。)に囲まれ、中心をマース川が流れる美しい街でした。

マース川に架かるセルファース橋
c0094546_13402114.jpg

市立公園に咲いていた花々  花海棠が満開で、我々を迎えてくれました。
c0094546_1212745.jpg

c0094546_154351.jpg

市立公園から見た池と城壁
c0094546_123137.jpg

池畔で遊んでいた鴨の親子と白鳥
c0094546_1244263.jpg
c0094546_1241564.jpg

地獄門  この門の奥にペスト患者の隔離施設があり、この門を潜った患者は二度と戻ることはなかった事から「地獄門」と言われるようになったようです。
c0094546_12555885.jpg

c0094546_12563522.jpg

城壁  要塞都市だった街には13~16世紀にかけて造られた城壁があちこちに残り、往時の面影を伝えています。また、城壁を利用した店舗や事務所なども見かけました。
c0094546_1302154.jpg

市庁舎  1664年にマルクト広場に完成した堂々たる建物です。街は二大勢力に支配されていたため、正面階段が二つあり、広場では水曜日と金曜日の午前中に青空市が開かれるそうです。
c0094546_1383074.jpg

マルクト広場から見た市庁舎  この日は偶々水曜日で「青空市」が開かれていました。青空市の店舗越しに見た市庁舎です。
c0094546_139169.jpg

c0094546_13123126.jpg

「青空市」に買物に来たご婦人たち
c0094546_1314630.jpg

フライトホフ広場
 フライトホフ広場から見た聖セルファース教会と聖ヤン教会
c0094546_13173460.jpg

 聖セルファース教会  10世紀から15世紀にかけて建造されたロマネスク様式の教会で、堅牢重厚な姿が印象的でした。街の守護聖人セルファースがここに葬られているそうです。
c0094546_13225425.jpg

 聖ヤン教会  聖セルファース教会の南隣に建つ赤い塔を頂く教会です。1632年に増築されてゴシック様式となり、以降プロテスタントの教会として使用されてきました。
c0094546_13282079.jpg

 聖マリア教会  教会の創設は10世紀ですが、二つの尖塔部分は1200年ころ造られたといわれています。
c0094546_13333164.jpg

 石畳の坂道脇にあるブロンズ像
c0094546_13344412.jpg

 面白い恰好をした建築物
c0094546_13355430.jpg

 壁角に彫刻のある家
c0094546_13372552.jpg

c0094546_13374186.jpg

ルクセンブルグへ行く途中の風景
 田園風景
c0094546_1347324.jpg

 お城のある谷間の風景
c0094546_13481029.jpg

 風力発電用風車のある風景
c0094546_13491744.jpg

ルクセンブルグ  
ドイツ、フランス、ベルギーと国境を接し、森戸渓谷に囲まれた美しい国です。立憲君主国ですが、元首は国王ではなく「大公」と呼ばれています。香り高いモーゼル・ワインの産地としても名高い国です。

渓谷の対岸に見える大公宮殿とノートルダム大聖堂
c0094546_13584858.jpg

憲法広場から見た対岸の風景
c0094546_1359436.jpg

憲法広場にある「慰霊塔」に憩う女の子たち
c0094546_1405070.jpg

ルクセンブルグの旗と慰霊塔の女神像
c0094546_1482632.jpg

憲法広場の展望台から見たアドルフ橋  手前の黄緑色の樹木は、新緑ではなく房状の花でした。
c0094546_1435221.jpg

ノートルダム大聖堂  
17世紀に建てられた細い尖塔が際立つ教会です。ジャン大公とベルギー王女との婚礼が行われた所としても有名です。
 大聖堂の外観
c0094546_1412798.jpg

 大聖堂の内部およびステンドグラス
c0094546_14133656.jpg

c0094546_14143217.jpg

 天井に描かれたフレスコ画
c0094546_14154242.jpg

大公宮殿  1418年に創建、市庁舎として使用されていたが、火災のため1573年に再建された建物です。1890年から大公宮殿となりました。現在は公的な行事にだけ使われているそうです。
 ギヨーム2世の騎馬像
c0094546_14275162.jpg

 大公宮殿の建物
c0094546_1423247.jpg

 門の前に直立の姿勢で立つ近衛兵
c0094546_14255633.jpg

「ボックの砲台」のある城塞跡
c0094546_14304169.jpg

c0094546_14373148.jpg

城塞跡の展望台からの眺望
 断崖絶壁の深い谷底
c0094546_14334016.jpg

 谷底に見える聖ジャン教会と街並風景
c0094546_14353115.jpg

 アルゼット川に架かる橋
c0094546_1436910.jpg

 高架橋を走る電車
c0094546_14432181.jpg

街角で見つけたケーキ屋  ガラス越しに店の中を覗いてみました。女主人とお客のやり取りが面白く、暫らく眺めていました。
c0094546_1440993.jpg

慰霊塔の壇上でトランプに興じていた女の子たち
c0094546_1442256.jpg

ルクセンブルグを後にベルギー・ブリュッセルに車を走らせました。
トイレ休憩時撮影した花や昆虫
 蒲公英にやってきた昆虫(ハナアブ?)
c0094546_14505396.jpg

 至る所で見ることが出来た白い花
c0094546_14521546.jpg
c0094546_1452466.jpg

 黄緑色の房状の花
c0094546_1453760.jpg

ブリュッセルのゴミ収集車  暗くなってもゴミの収集作業を行っていました。
c0094546_14551652.jpg

本日は、ブリュッセルのホテル「プリマン・ブリュッセル・サントル・ガール・ドゥ・ミディ」に宿泊します。

        以上で「春彩ベネルクス三国旅行(2)」を終わります。 引き続き、「春彩ベネルクス三国旅行(3)」を御覧下さい。

by mda-vinci | 2014-04-24 09:02 | 海外旅行
2014年 04月 19日

春彩のベネルクス三国旅行(1)

2014年3月30日から10日間の日程でオランダ、ベルギー、ルクセンブルグのベネルクス三国に行ってきました。この地方でも、今年の冬は暖冬でチューリップの開花も例年より早く、我々が訪問した時にはほぼ満開でその美しさを堪能することが出来ました。まさにラッキーの一言に尽きる状態でした。
今回の旅行も好天に恵まれ、行く先々で風景や建物は勿論、ゴッホやフェルメール、レンブラント、ルーベンス等の名画を心行くまで観賞することが出来ました。
今回の旅行中に撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《旅行日程》
3月30日(日)  11:20発 KL862で空路アムステルダム・スキポール空港へ。  所要時間:約11時間30分
           アムステルダム到着後ホテルへ。  アムステルダム泊   ※時差:7時間(夏時間)
3月31日(月)  午前:リッセの「キューケンホフ公園」でチューリップなど満開の花々を満喫。
           午後:アムステルダム観光 国立博物館、ゴッホ美術館。  フリータイム:中央駅、アンネの家。  アムステルダム泊
4月01日(火)  午前:ザーンセ・スカンスの風車見学後、ホールン駅からミニSLに乗り、鉄道の旅。
           午後:オッテルローの「クレラー・ミュラー美術館」を訪問。  マーストリヒト「NHマーストリヒト」泊 
4月02日(水)  午前:マーストリヒト観光 「聖セルファース教会」「フライトホフ広場」など訪問。
           午後:ルクセンブルグ観光 「ノートルダム大聖堂」「大公宮」など。  フリータイム:ボックの砲台など。  ブリュッセル泊
4月03日(木)  ベルギー・アルデンヌ地方の古城めぐり 「モダーブ城」「デルビュイ散策」「アンヌヴォア城庭園」。   ブリュッセル泊
4月04日(金)  午前:ベルギー・ブリュッセル観光 「王立美術館」「世界遺産・グランプラス」「小便小僧」など
           午後:グランビガール城でフラワーショーを見学後、アントワープへ移動し、アントワープ観光
              世界遺産「ノートルダム大聖堂」「市庁舎」「マルクト広場」見学後、ブルージュへ。 ブルージュの夜景を堪能。  ブルージュ泊
4月05日(土)  午前:ゲント観光 「聖バーフ教会」「鐘楼」
           午後:世界遺産 ブルージュ観光 「ベギン会修道院」「鐘楼」「マルクト広場」「愛の湖」「運河クルーズ」など。  ブルージュ泊
4月06日(日)  ブルージュからオランダ・ハーグへ。 到着後、ハーグ観光 「ハーグ市立美術館」「ビネンホフ」 
           デルフト陶磁器工房を見学後、ロッテルダムへ。  ロッテルダム泊
4月07日(月)  ロッテルダムからアムステルダムへ移動。到着後、アムステルダム観光 「運河クルーズ」「ダイヤモンド工房見学・ショッピング」 
           観光後、アムステルダム・スキポール空港へ。  14時40分発 KL861で帰国の途へ
4月08日(火)  8時30分ごろ 予定通り成田国際空港到着。 
           

《旅行写真》
3月30日(日)  
 11時20分発KLMオランダ航空でオランダ・アムステルダムに向けて成田空港を飛び立ちました。別料金を払い、後方の窓側の座席を確保し、機窓から地上の風景を撮影しながら空の旅を楽しみました。
機窓から撮影したロシアの大地  天候も良好で、移り変わる地上の風景をカメラに収めることが出来ました。

成田国際空港の待合室
 我々が乗るKLMオランダ航空の飛行機
c0094546_21351744.jpg

 KLMオランダ航空の客室乗務員たち
c0094546_2136108.jpg

 猫マスクをした女の子  待合室で見つけた面白い猫のマスクをした女の子。骸骨をデザインした服も印象的でした。
c0094546_21334369.jpg

機窓から撮影した離陸風景
 離陸の順番を待っている航空機
c0094546_21383684.jpg

 水飛沫をあげて離陸する航空機
c0094546_21401697.jpg

機窓から撮影したロシアの大地  12,000mの上空からの眺望です。
 日本海からロシアに入る海岸線と雪を被った山々  左手前が日本海に面した海岸線です。
c0094546_12455975.jpg

 少し内陸の川と雪を戴いた山々
c0094546_12481826.jpg

 大河のうねる姿  この風景を眼下に見て、ダイナミックに移り変わる自然の雄大さに度肝を抜かれました。
c0094546_12425144.jpg

 太陽の光に輝く驚異の風景  反射された太陽光と無数の白い筋が伸びた光景に思わずシャッターを切りました。
c0094546_12535564.jpg

 シベリアの大地  高度12,000mから見たシベリアの風景です。真っ直ぐな道が伸びているのが分ります。
c0094546_12554534.jpg
c0094546_12555392.jpg
c0094546_12563736.jpg
c0094546_12564891.jpg

c0094546_2045860.jpg

c0094546_2054251.jpg
c0094546_2055216.jpg

c0094546_2011720.jpg

 北極海の氷
c0094546_2073660.jpg
c0094546_2075120.jpg
c0094546_208731.jpg

 フィンランドに近い地方  一直線に並んで浮かぶ雲が実に面白いですね!
c0094546_20441060.jpg

オランダ・アムステルダム 「スキポール国際空港」
 空港内のカフェで勉強している女子大生?
c0094546_8404991.jpg

 空港内のお土産店  店頭に沢山の風船が所狭しと置かれていました。キティちゃんの風船もありました。
c0094546_854417.jpg

ホテル「パークプラザ・アムステルダム・エアポート」から見た光景  オランダは自転車大国で、自転車専用道路が国中完備されています。
 会話を楽しみながらサイクリングする親子
c0094546_8484847.jpg

 ランナーを追う自転車  背景に見える花は桜のようです。
c0094546_8501223.jpg

 ホテル横の運河で見つけた鳥たち  白黒の小型のカラスと二羽のオオバン  オオバンの赤い眼が特徴的ですね!
c0094546_913469.jpg
c0094546_914377.jpg

3月31日(月)  
午前中、今回の旅行の目玉の一つである「キューケンホフ公園」に行き、チューリップやヒヤシンス、水仙などの花々を堪能しました。 午後は、アムステルダム観光で「国立博物館」と「ゴッホ美術館」を訪問し、フェルメールや三大名画の一つと言われるレンブラントの「夜警」、幾多のゴッホの作品などを観賞することが出来ました。
キューケンホフ公園へ行く途中の風景
 運河沿いに植えられた美しい並木
c0094546_17144142.jpg

 農家の庭先で会話中のご婦人たち
c0094546_17155174.jpg

 一面に広がるチューリップのお花畑
c0094546_1716504.jpg
c0094546_17172459.jpg

 チューリップの御花畑とその奥に見えるオランダの風車
c0094546_17191115.jpg
c0094546_17192379.jpg

キューケンホフ公園
 キューケンホフ公園の入場門
c0094546_17274525.jpg

 公園内の風車  白い跳ね橋の上から撮影した風車です。
c0094546_17295790.jpg

 水面に映り込む風車
c0094546_17412648.jpg

 運河沿いに植えられた八重桜と見事な水仙  水面に浮かぶ花びらが非常に印象的でした。
c0094546_17323136.jpg

 運河に浮かぶ船で楽しむ観光客
c0094546_17342530.jpg

 風に散る花びらを掬い取ろうとする観光客
c0094546_17432567.jpg

 運河脇の八重桜と水面に散り敷く花びら
c0094546_17372893.jpg

 八重桜の花の下を泳ぐオオバン
c0094546_17445678.jpg

 運河の片隅で嘴で小枝を咥え、巣作りに精を出すオオバン
c0094546_17461757.jpg

 噴水の美  噴水に日が当たり藝術的な風景を醸し出していました。
c0094546_17503486.jpg

 花守  庭園の美しさを守るために懸命に働いている人たちです。 ヒヤシンスの茎を針金で支えたり、枯れた花を摘んだりしていました。
c0094546_17544044.jpg
c0094546_175453100.jpg
c0094546_1755781.jpg

 「飛び板」に乗って池を渡る親子連れ?
c0094546_1759516.jpg
c0094546_180766.jpg

 池で遊ぶカンムリカイツブリ  水面が造り出す光と影の模様が実に面白いですね!
c0094546_2195587.jpg

 池に浮いている桜の花びらの中を泳ぐカイツブリ
c0094546_21125112.jpg

 公園内の花の絶景写真  本当に「息を飲む」ような素晴らしい眺めでした。
c0094546_1813261.jpg
c0094546_1821761.jpg
c0094546_1824456.jpg
c0094546_1825817.jpg
c0094546_1832675.jpg

 この絶景を愛でながら軽食を摂る観光客  我々もここでランチタイムを摂り、至福の時を過ごしました!
c0094546_18714.jpg

 モクレンの花をカメラに収めようとしている女性
c0094546_18103041.jpg

 公園を散策している修道女たち
c0094546_18112517.jpg

 白いクロッカスの花の中を散歩する女性たち
c0094546_18123136.jpg

 出口近くの噴水とその畔で戯れ合う祖母と孫娘
c0094546_18163820.jpg
c0094546_1816484.jpg

公園外の樹木に吊下げられたチューリップ
c0094546_18185100.jpg

キューケンホフ公園を後に次の目的地「国立博物館」へ向かいました。
国立博物館  
1885年に開館したオランダ最大の博物館で、オランダ絵画の豊富なコレクションを見ることが出来ます。世界三大名画のひとつであるレンブラント「夜警」をはじめ、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」など観賞できます。ここはフラッシュ無しで写真撮影OKでした。また、この博物館自体も壮麗な建築物で、印象に残りました。
 国立博物館と広場で憩う人たち
c0094546_18364250.jpg

 広場のモニュメントで遊ぶ人たち
c0094546_18393544.jpg
c0094546_18395436.jpg

 お疲れですね!  疲れてベンチで憩う飼い主と犬です。この犬の格好が面白かったので、即シャッターを切りました。
c0094546_184223100.jpg

名画鑑賞風景
 名画の前で先生の説明を受ける子供たち  先生の真剣な態度に比べ子供たちの自由奔放なポーズが面白く、カメラに収めました。
c0094546_18484440.jpg

 僕らも美術評論家!  小さな子供連れの母親がバギーを持ったまま、名画を鑑賞していました。文化の違いを痛感しますね。
c0094546_1852297.jpg

 みんな一緒に!  子供たちと一緒に観光客もレンブラントの「夜警」を観賞中
c0094546_19513544.jpg

 車椅子に乗ってフェルメールの名画鑑賞  右から「牛乳を注ぐ女」、「恋文」、「小路」、いずれもフェルメールの作品です。
c0094546_19431683.jpg
 
フェルメールの4作品  以下、フェルメールの4作品を紹介します。
 「牛乳を注ぐ女」
c0094546_19452624.jpg

 「青衣の女」
c0094546_19463037.jpg

 「恋文」
c0094546_19465462.jpg

 「小路」
c0094546_19483079.jpg

レンブラントの作品
 「夜警」  世界三大名画のひとつで、門外不出の貴重な作品です。
c0094546_202525.jpg

c0094546_1953592.jpg
c0094546_19541137.jpg

 「アムステルダムの織物商組合の見本調査官たち」
c0094546_19584567.jpg

 「ユダヤの花嫁」
c0094546_200113.jpg

 「聖パウロに扮した自画像」
c0094546_20104077.jpg

ゴッホの作品
 「自画像」
c0094546_20114971.jpg

オランダの風景を描いた典型的な風車のある作品  どなたも一度は美術書などで御覧になった絵画だと思うのですが如何?
 「ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車」 1670年頃に描いた、ヤーコプ・ファン・ロイスダールの作品
c0094546_2013125.jpg

漁船が魚を持って戻ってきた時の浜辺の光景
c0094546_2015347.jpg

デルフト陶器の展示コーナー  デルフト焼は17世紀からの伝統的な白と藍の陶器で、デルフトブルーとして有名です。
c0094546_20225544.jpg

ゴッホ美術館
ゴッホの作品展示としては世界第2位の規模を誇っているそうです。但し、ここは写真撮影が禁止されており、作品を紹介出来ません。
ゴッホ美術館の外観写真
c0094546_202778.jpg

ゴッホの「ひまわり」の巨大複製の前での記念写真
c0094546_2029189.jpg

ゴッホ美術館を後にアムステルダムの中心地である「ダム広場」に向かいました。

ダム広場
アムステルダムのへそとも心臓ともいわれる場所です。元はアムステルダム発祥の「ダム」が造られた処で、第二次世界大戦の戦没者慰霊塔があります。その周りには大勢の若者や観光客が集まって賑わっています。王宮もこの広場に面しています。この場所で自由時間となり、我々は「アムステルダム中央駅」を見に行くことにしました。その後、運河を見ながらアンネが隠れ住んだ家を訪問しました。残念ながら、時間の制約もあり内部見学は出来ませんでした。
 ダム広場の慰霊塔と周囲の光景
c0094546_20395845.jpg

 ダム広場から見た王宮
c0094546_20595773.jpg

 ダム広場から見た蝋人形館と王宮
c0094546_20583255.jpg

 広場横の道路上で話をする運転手たち
c0094546_20494550.jpg

 鳩の群れと戯れる人たち
c0094546_20523137.jpg

c0094546_20524844.jpg

 ダムラックの風景  ダム広場からアムステルダム中央駅へ行くメインストリートで、トラムも走っています。正面奥に中央駅が見えます。
c0094546_20564659.jpg

 旧証券取引所
c0094546_2059246.jpg

 アムステルダム中央駅  まさに陸の玄関口。1889年に完成した「オランダ・ルネッサンス様式」の建物で、東京駅のモデルになったといわれています。
c0094546_2103829.jpg

c0094546_2104756.jpg
c0094546_2105689.jpg

 アムステルダム中央駅の内部風景
c0094546_2115669.jpg

 聖ニコラス教会  
1887年に創建されたローマン・カトリックの教会で、ネオ・ルネッサンス様式の荘重な佇まいが印象的です。船乗りの守護聖人であるシント・ニコラスはオランダのサンタクロースで子供たちにも親しまれているそうです。
c0094546_2151280.jpg

アムステルダム中央駅近くの路上で見つけた珍しい鳥  鳥の名前は不明!ツグミの一種では?
c0094546_751750.jpg

 「アンネ・フランクの家」前のプリンセン運河  見物に来た観光客が運河畔に座ってひと休みしていました。
c0094546_7543588.jpg

 ラートハイス通りから見た西教会
c0094546_803175.jpg
 
c0094546_805946.jpg

 運河に架かる橋上のカフェ  大勢の客が集まって大いに賑わっていました。
c0094546_821644.jpg

 運河クルーズの船
c0094546_83022.jpg

 新教会
c0094546_833916.jpg
 
c0094546_8332159.jpg

 旧郵便局を利用したマグナ・プラザ
c0094546_838097.jpg

自転車大国オランダ  
オランダは自転車大国です。至る所に自転車専用道路があり、沢山の自転車が猛スピードで通り過ぎて行きます。歩行者は、疾走する自転車に万全の注意が必要です。衝突して大怪我をする可能性が大です。至る所に頑丈なチェーンで自転車を施錠し、駐輪していました。
 専用レーンを疾走する自転車
c0094546_8132355.jpg
c0094546_8134651.jpg

c0094546_8172524.jpg

 信号待ちをする多くの自転車とバイク
c0094546_827591.jpg

 橋の欄干に太いチェーンで施錠された自転車
c0094546_8151489.jpg

 街中で屯する自転車集団
c0094546_8165576.jpg

ショーウインドーのミッフィーグッズ  ミッフィーの作者であるディック・ブルーナーは、オランダ・ユトレヒトの人です。
c0094546_8261339.jpg
 

   自由時間終了後、ダム広場近くのレストランで魚料理の夕食を摂り、バスでホテル「パークプラザ・アムステルダム・エアポート」へ戻りました。

   これで、「春彩のベネルクス三国旅行(1)」を終わります。 引き続き、「春彩のベネルクス旅行(2)」をご覧ください。 

by mda-vinci | 2014-04-19 10:35 | 海外旅行