ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 22日

2013年 三社祭

5月18日(土曜日)、今年も例年通り、写真仲間と一緒に三社祭に行ってきました。この日は3日間開催される祭りの中日に当たり、「町内神輿連合渡御」は勿論のこと、「例大祭式典」や「能の奉納」も行われます。
10時に雷門前に集合した後、各自「撮影ポイント」を求め、散って行きました。私の場合、「祭りに参加した大人の顔」、「浅草に残る江戸情緒」及び「浅草文化観光センターの展望テラスからの眺望」を今回のポイントにあげ撮影しました。因みに昨年は、「祭りの子供たち」と「スカイツリーと江戸情緒」を主題に写真を撮りました。12時に宝蔵門の巨大草鞋の下に再集合し、みんなで和気藹藹とビールと寿司を頂きました。昼食後は自由解散とし、帰宅するなり、撮影を続行するなり、各自の判断に任せることになりました。なかなか狙い通りの写真撮影は出来ませんでしたが、今回初めて撮影した写真も含めて、本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
浅草文化観光センター  この最上階・8Fに展望テラスがあることは知っていましたが、今回初めて上ってみました。
 浅草文化観光センターの建物  一時、浅草の雰囲気を壊すなどとマスコミでも取り上げられたユニークな建物です。
c0094546_8571248.jpg

 8Fの展望テラスからの眺望  2方向の景色が見えます。1つは「スカイツリー」、もうひとつは眼下に見える「浅草寺と仲見世通り」です。
  隅田川とスカイツリー  隅田川を往来する水上バスが、吾妻橋を潜って来たところです。  
c0094546_914438.jpg

  仲見世通りと浅草寺  仲見世通りは、人の波でぎっしり埋め尽くされ賑わっています。如何に人出が多いか判りますね!
c0094546_932899.jpg
c0094546_93452.jpg
c0094546_935340.jpg

祭りが始まる前の諸々のスナップ
 神輿の準備状況をチェックする人
c0094546_11467.jpg

 頭の鉢巻きを鏡でチェクする女の子
c0094546_10493996.jpg

 草鞋の履き方を伝授されている若者
c0094546_10512592.jpg

 帯を締めて貰う若者  
c0094546_10534241.jpg

 老舗の天麩羅屋「中清」の前で鉢巻きを直して貰っている女性
c0094546_10552090.jpg

神輿の発進  神輿のスタートを告げる拍子木の合図です。これから浅草寺の裏境内へ出発します。
c0094546_10585648.jpg

祭りに参加した動物たち  人混みの中に法被を着た犬や猫を見つけ、その姿をカメラに収めました。
 赤い法被を着た猫ちゃん
c0094546_9325858.jpg

 そこのけ、そこのけお猫が通る!  肩車された女の子が、猫を見つけて「あっ、猫だ!」と眺めているところです。
c0094546_9345549.jpg

 祭り衣装を着せられた犬
  みんなに可愛がられている犬
c0094546_12101461.jpg

  むだなヒゲを切られている犬  随分迷惑そうですが、小さなハサミでヒゲを切られていました。
c0094546_9403597.jpg

  起ち上がって餌を貰っている犬
c0094546_942315.jpg

  祭り衣装に包まれた犬
c0094546_9434856.jpg
c0094546_944290.jpg

祭りに参加した大人たちの顔  みんな良い顔していますね!
 祭りの世話役の笑顔
c0094546_9483212.jpg

 世話役の威厳のある顔
c0094546_9491493.jpg

 出番前の穏やかな顔
c0094546_9483444.jpg

c0094546_9494132.jpg

 神輿が通る!  神輿を先導する人々や神輿を担ぐ人たちの素敵な顔です。
c0094546_10265993.jpg
c0094546_1028141.jpg

c0094546_9515089.jpg

浅草神社の境内に置かれた神輿  一之宮:土師真中知命、二之宮:桧前浜成命、三之宮:桧前作成命の魂が祀られている神輿だそうです。
c0094546_1162812.jpg

午前中に行われた「例大祭式典」  この行事は浅草神社の社殿前で行われていましたが、私は初めて見ました。浅草神社の神主と浅草寺の僧侶とが一緒になった式典でした。明治時代の神仏分離令以前の姿を見ているようでした。
 神社から境内に出てきたところです。これから関係者が整列し、式典が始まるところです。
c0094546_9564278.jpg
 
 関係者がみんな集まり、式典開始です。
c0094546_9582294.jpg

 式典の終わり頃、神主一同がお辞儀をしているところです。
c0094546_1012794.jpg

奉納された能  浅草神社の境内にある能舞台では「能」が奉納されていました。
c0094546_10331393.jpg
c0094546_10334559.jpg
c0094546_1033574.jpg
c0094546_1034145.jpg
c0094546_10341934.jpg

祭り参加した親子のスナップ  様々なスナップを撮影することが出来ました。「お祭り」は本当に良いですね!
 囃子車の女の子  祭り囃子の車の上に載せて貰い、母親に支えられている女の子
c0094546_10351953.jpg

c0094546_1084283.jpg

 少し引き気味な男の子  父親に抱かれていますが、大勢の人たちに交じって、少し萎縮しているような男の子です。
c0094546_1012188.jpg

 揃いの祭り衣装を着た男の子  両親と一緒に祭りに参加しています。
c0094546_10142954.jpg

 父親に抱き締められた女の子  この父と娘は、長い間このような行動をしていました。ほほえましい姿でした。
c0094546_10194487.jpg
c0094546_10193215.jpg

 粋な帽子を被った母と子
c0094546_10222444.jpg

 祭り姿が素敵な母親と男の子
c0094546_1022525.jpg

 祭りの最中に記念写真を撮る家族連れ
c0094546_10242326.jpg
 
祭りを見物する人たちのスナップ
 祭りを観に来た外国人観光客
c0094546_10381377.jpg
c0094546_10374763.jpg

 赤ん坊を抱いた母親
c0094546_1039574.jpg

 店先から神輿を眺める人たち  家族、親類が一緒に祭り見物をしている姿が強く印象に残りました。
c0094546_10441818.jpg
c0094546_1045426.jpg

祭りの子供たち  祭りに参加している子供たち、親に連れられて祭りを観に来た子供たちなどをスナップしました。
 僕にも飲ませて!  祭りを見る前に伝法院通りでラムネを買って貰った兄弟ですが、お兄ちゃんに飲ませてくれるようせがんでいるようです。
c0094546_1116284.jpg

 仲良し三人組  真ん中の子の表情が実にいいですね!
c0094546_11184443.jpg

 僕も叩きたい  太鼓を積んだ台車に乗っている男の子が、自分も太鼓を焚きたいと言っているようです。
c0094546_11213037.jpg

 宝蔵門前の広場でポンプで水を汲んで遊んでいる子供たち
c0094546_1123322.jpg

 子供神輿も終わって帰る子供たち
c0094546_112898.jpg
c0094546_11282415.jpg
c0094546_11285853.jpg

TATTOOを入れた人々  三社祭では、TATTOOを入れた人は珍しくありません。特に、外国人は、お洒落感覚でするようですね。
 置かれた神輿を見に来た外国人
c0094546_1135449.jpg

 浅草寺の裏境内で見た女の人
c0094546_11371041.jpg

 娘と遊んでいた父親
c0094546_11372615.jpg

 了解を得て撮らせて貰った男の人
c0094546_11384647.jpg

 神輿の帰り時間を待つ人
c0094546_11405547.jpg

 観客の中で見つけた母親  このペガサスのTATTOOは、昨年もカメラに収めていました。
c0094546_1146513.jpg

浅草西参道の風景
 西参道に張られた横断幕  火の用心と大地震への備えなどを描いた横断幕が4枚張られていました。江戸情緒豊かな絵ですね!
c0094546_1151741.jpg

 「火之要鎮」の横断幕
c0094546_11541870.jpg
c0094546_11535352.jpg
c0094546_11543922.jpg

 「大地震への備え」
c0094546_11553166.jpg

 西参道の風景(その1)  傘屋の店先で、傘の品定めをしている女の人
c0094546_11563176.jpg

 西参道の風景(その2)  西参道の店先に集まった子供たちと憩う大人たち
c0094546_11594762.jpg

 西参道の風景(その3)  バギーを押しながら西参道を行く家族連れ
c0094546_1214325.jpg

 西参道の風景(その4)  祭りの衣装を着て、西参道を行く女性たち
c0094546_1215992.jpg

吾妻橋付近から見たスカイツリー
c0094546_1245967.jpg
c0094546_1243571.jpg


以上で、本ブログは終了です。最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。 感謝!カンシャ!です。
このブログが完成した5月22日は、「東京スカイツリーの開業一周年記念日」でした。因みに、この1年間の東京スカイツリーの入場者数は638万人、「東京そらまち」を訪れれた人は、なんと5,080万人に上るそうです。本当に「凄い」の一言ですね!

by mda-vinci | 2013-05-22 08:48 | 祭り
2013年 05月 17日

下北沢駅周辺の撮影会

5月15日の皐月晴れの一日、写真仲間と一緒に下北沢駅周辺の街並や店先の面白いディスプレイなどを撮影すべく出掛けました。品川駅で京急線から山手線に乗り換え、渋谷駅では更に井の頭線に乗り換え下北沢駅まで行きました。
下北沢駅は、井の頭線と小田急線の駅で、「開かずの踏切」でマスコミにも取り上げられたところです。このような慢性的な交通渋滞は勿論のこと、踏切事故の解消、緊急車両の活動のスムーズ化のため、小田急線の地下化工事が進行中でした。去る3月22日の終電後、地下への切り替え工事が行われ、23日の初電から営業運転を行ったそうです。この工事で「開かずの踏切」など9箇所の踏切は廃止されることになりました。地下化事業区間は2.2kmで、東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅の3駅がその対象になります。
下北沢駅周辺は、マスコミなどでも話題になるところですが、今まで一度も訪れたことのない街でした。大学の教養学部時代、三鷹寮にいた関係で、吉祥寺から井の頭線に乗って2年間通学しましたが、『素通り』の毎日でした。
今では、吉祥寺や自由が丘、代官山などと並んで「若者の街」「ファッションの街」として取り上げられ、「小劇場の多い街」としても紹介されるところです。劇場やライブハウス、パブ、スイーツの店などの多い街です。
新しい店舗は最近のメディアなどで集まるお客相手の店づくりを、昔ながらの店舗では比較的庶民的な構えを出来るだけ残すという、新旧混在する「雑多な街」といえるでしょう。北口の駅前には、「下北沢北口食品市場」という戦後の『闇市』の名残といわれる場所も残っていました。
そのような下北沢駅周辺の今をカメラに収めて来ましたので、それらの写真を本ブログに掲載します。
よろしければ、ご覧ください。「玩具箱」をひっくり返したような実に面白く、楽しい街でした!

《写真集》
小田急線の地下化工事風景
 解体中の下北沢駅舎
c0094546_1042534.jpg

 新宿方面の地上風景
c0094546_1084096.jpg

下北沢北口食品市場
 シャッターを降ろした店舗の多い路地風景  左右の店舗はシャッターが下りていましたが、正面の「飲み屋」は人で賑わっていました。
c0094546_10241859.jpg

 食品市場の路地風景  乾物屋、漬物や、焼き鳥や等が営業中でした。突き当たりの通りが「しもきた駅前通り」です。
c0094546_1055796.jpg

c0094546_1101395.jpg
 
 開店準備中の料理人  食品市場の角の焼き鳥やの風景です。料理人の頭が「モヒカン刈り+丁髷」のようなユニークなものでした。
c0094546_10481312.jpg

北口商店街の栄通りを行く若者たち
c0094546_1143039.jpg

ユニークな髪型の若者
c0094546_1152188.jpg

傘屋の店頭風景  沢山のカラフルな傘が柵に掛けられて展示されていました。
c0094546_11114020.jpg
c0094546_11114029.jpg

傘の品定めをしている女の人  いろいろ見ていましたが、結局買わずに去って行きました。
c0094546_11125295.jpg
c0094546_1113253.jpg
 
似顔絵の店  
 似顔絵の店を通り過ぎる人たち
c0094546_11202341.jpg
c0094546_11214666.jpg

 似顔絵店の窓ガラスに映り込む人影
c0094546_11225329.jpg

 店内の風景  二人の似顔絵画家が一心不乱に似顔絵を描いていました。店内は似顔絵で溢れ返っていました。
c0094546_11245668.jpg

スパイダーマンのいる店  スパイダーマンは勿論、キューピー人形がどうしてここに置いてあるのかは不明でした。
c0094546_14181636.jpg
c0094546_14183690.jpg

骸骨に関連したディスプレーや商品など 
 チェロに付けられた骸骨  このディスプレイは非常にインパクトがあり、思わずシャッターを切っていました。この店は、TATTOOを施術するところのようでした。
c0094546_14352053.jpg

 マネキンの顔とぶら提げたプレートに描かれた骸骨
c0094546_14373165.jpg
 
 店先に並べられた骸骨のTシャツ
c0094546_14402166.jpg

街の人たちや散策する人たちのスナップ
 非常にユニークな格好をした若い女性  この女の人の歩いて来る姿が非常に気になり、シャッターを切りました。
c0094546_1447823.jpg

店先で遊んでいた男の子  母親と一緒に店先で遊んでいた男の子は、1歳でまだ一人では歩けないとのこと。了解を貰って撮影しました。
c0094546_1454579.jpg
c0094546_14541835.jpg

赤い靴のディスプレイとそこを通る人たち
c0094546_14594339.jpg
c0094546_14595192.jpg

街中を散策する人たち
c0094546_152169.jpg
c0094546_1522798.jpg
c0094546_1523994.jpg
c0094546_1525071.jpg

c0094546_1610345.jpg
c0094546_16132882.jpg
c0094546_1613559.jpg

c0094546_16574769.jpg

ショーウインドーに映り込んだ人影
c0094546_1572418.jpg

c0094546_1564241.jpg

道端でショッピングを楽しんでいる人たち
c0094546_1511967.jpg
c0094546_15121777.jpg
c0094546_15122797.jpg
c0094546_15131712.jpg

店先のディスプレイ
 ヘアサロン「ROSSO」のエコなディスプレイ
c0094546_15164120.jpg

 店名のデザイン看板
c0094546_15182714.jpg

 犬の人形
c0094546_15192092.jpg

 美容室の店先飾り
c0094546_15205995.jpg

 雑貨店の天井からぶら下がったヘビたち
c0094546_15221895.jpg

 店先に飾ってあった河童とカエルの人形
c0094546_15485027.jpg

 面白い軒下ちょうちん  提灯の中にちょうちんを入れた飾りもの。こんな提灯を初めて見ました。
c0094546_15555486.jpg

洋服などのディスプレイ
 塀を商品の展示用に利用した店
c0094546_15265389.jpg

 階段の側面を商品の展示に活用した店  帽子を被った女性はマネキンですのでお間違いなきように!
c0094546_1529636.jpg

 階段の手摺りは勿論、軒下や街灯まで滅多矢鱈に商品を並べた店
c0094546_15294732.jpg

散策中に見つけた花一杯の家  一番街と鎌倉通りの交差点脇の家ですが、いろいろな花々が咲き競っていました。
 花に埋まっている家
c0094546_15364470.jpg

 シランとシャクナゲの花咲く蕎麦屋の店先
c0094546_1539770.jpg

 クレマチスの仲間
c0094546_154051100.jpg

 プリムラの一種
c0094546_15401933.jpg

 ペラルゴニウム
c0094546_15413354.jpg

 西洋ナデシコ
c0094546_1542641.jpg

 美しい黄色の花  この花の名前は不明です。 ご存知の方はお教えください。
c0094546_15435446.jpg

 ペチュニア
c0094546_1544490.jpg

 シャクナゲの花
c0094546_15444717.jpg

 赤白の二色に咲き分けた薔薇の花
c0094546_1547614.jpg

 ガザニアの花
c0094546_15473467.jpg

鎌倉通りにある懐かしい木造の門構えの家
c0094546_17125812.jpg

南口商店街の街中風景
 本多劇場の外観  本多劇場はマルシェ下北沢のビルの中にあるようですね。
c0094546_1601159.jpg

 昔の映画館をレトロな感覚で活用している店  外には吉永小百合の「青い山脈」の看板がかかっていました。
c0094546_1652373.jpg

 南口商店街を散策する人たち
c0094546_1672011.jpg

 パチンコ店の派手な看板の前を通り過ぎる女の人
c0094546_1685353.jpg

c0094546_1611185.jpg

 街角に建てられた時計塔
c0094546_16144989.jpg

下北沢北口前の夥しい自転車  この置き方から考えて、正式の自転車置き場ではなく、放置された自転車のように思いました。調査した結果、駅周辺は自転車の放置禁止区域のため、撤去された自転車を保管しているところでした。
c0094546_16163356.jpg
c0094546_16165869.jpg

スイーツの店先で、雀がディスプレイされたケーキを食べる瞬間を目撃しました。このケーキは模造品ではなかったようです。
飛んで来た雀がケーキを物色し始め、ケーキの一部を口に咥えました。
c0094546_1627544.jpg
c0094546_16274364.jpg

下北沢を十分散策した後、帰宅の途につきました。朝とは真逆のルートで戻りました。途中、渋谷駅で岡本太郎の巨大な壁画や渋谷駅前交差点などを撮影した後、家路につきました。
渋谷駅のプロムナードに飾られている巨大壁画
c0094546_16371494.jpg

渋谷駅前交差点
c0094546_16375450.jpg
c0094546_16381855.jpg

不思議な風景  プロムナードの二階にある透明なフェンスに映り込む交差点を渡る人々とフェンス越しに見た岡本太郎の壁画です。
c0094546_16423568.jpg
c0094546_1643482.jpg


以上で、今回の撮影会のブログを終了します。最後までご覧頂き、心から感謝しております。 本当にありがとうございました。
最後に、楽しく、面白い「撮影会」を企画・実行して頂いた方および当日お世話いただいた皆さんに心からお礼申し上げます。 感謝! カンシャ! 

by mda-vinci | 2013-05-17 09:02 | 国内旅行・散策
2013年 05月 13日

ボイジャー・オブ・ザ・シーズの撮影会

2013年5月8日、横浜・大黒埠頭のT1バース付近に巨大なクルーズ客船が入港するという情報を入手、オリンパス湘南支部の有志でその「雄姿」を撮影する撮影会を計画し、出掛けました。この巨大客船は、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社のボイジャー・オブ・ザ・シーズで、約13.7万トンの船です。建造当時は世界1位でしたが、現在では第4位の総トン数を誇り、フィンランドのトゥルクで建造されたものだそうです。就航は1999年で、長さ311.1m、幅48m、高さ63mあり、客室は1557室、最大3840人を収容できるそうです。
因みに、日本籍で最大の客船「飛鳥Ⅱ」は、総トン数5.0万トン、長さ240m、幅29.6m、乗船客数最大940人とのことです。ボイジャー・オブ・ザ・シーズの巨大さがお解りいただけると思います。
この船はあまりに巨大過ぎて、横浜・ベイブリッジを通過できず、大黒埠頭の貨物岸壁に接岸していました。
午後4時頃出航すると言うので、時間的に余裕を持ってJR鶴見駅前から大黒埠頭行きバスに乗り、T1バースで下車し、停泊しているボイジャーの雄姿を撮影しました。その後、バスで横浜港流通センターの公園まで行き、出航する豪華客船をカメラに収めることにしました。ボイジャーの出航を見送った後、「大黒海釣り公園」まで移動し、そこから横浜ベイブリッジやMM21のビル群を撮影した後、横浜ベイブリッジの真下にある「大黒埠頭中央公園」へ移動しました。スカイウォークは廃止されており、残念ながら利用できませんでしたが、この岸壁からの眺めは素晴らしく、ランドマークタワー越しに富士山も望むことが出来ました。
この撮影会で撮った写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
貨物岸壁に停泊しているボイジャー・オブ・ザ・シーズ
 検問所の門から見たクルーズ船  この角度から見ると船ではなく、大きなビルがあるような錯覚を覚えます。
c0094546_17163287.jpg

 金網の目にレンズを接近させて撮影  
c0094546_17164854.jpg

 望遠レンズで撮影した船体  「VOYAGER OF THE SEAS」の船名をはっきり確認できます。
c0094546_17334945.jpg

 斜め前から見たボイジャー  この角度から見ると豪華客船ボイジャーの雄姿をはっきり見ることが出来ました。
c0094546_17253319.jpg
c0094546_1726879.jpg
 
 正面から見たボイジャー  草叢とフェンスの向こうに見える巨大客船は、巨大な建物のように見えました。
c0094546_17341755.jpg

フェンス脇に咲いていたアザミの蕾、花、そして終焉の姿
c0094546_1865614.jpg
c0094546_187422.jpg
c0094546_1871095.jpg

道端に咲いていたヘラオオバコの花
c0094546_9321539.jpg

岸壁から見たボイジャー
c0094546_17322489.jpg
 
c0094546_189778.jpg
c0094546_1892197.jpg

停泊船越しに見た巨大クルーズ船
c0094546_18111684.jpg
c0094546_1810553.jpg

バス待ち時間に撮影した野の花  ヒルザキツキミソウの蝶小型版のような可愛らしい花でした。
c0094546_942627.jpg

出航するボイジャーを待つ間に撮影したスナップ写真
 流通センターの公園に集まったカメラマンたち  遠くにJFEの扇島の高炉が見えます。
c0094546_9393711.jpg

 JFEの扇島にある製鉄所の高炉  横浜港の観光船「マリン・ルージュ」が大黒埠頭に入ってきています。
c0094546_1820645.jpg

 繋留されていたLNGタンカーと海上保安庁の船
c0094546_1822198.jpg

 東京湾を航行するコンテナ船MOL
c0094546_18244399.jpg

 海上に棚引く煙  この煙を見つけましたが、何の煙かはっきりと確認することはできませんでした。
c0094546_18255428.jpg

 ボイジャーを見学に来た家族連れ
c0094546_18325010.jpg

 待ち時間に自転車で遊び、転倒した男の子
c0094546_93765.jpg

 写真撮影の準備万端なカメラマン
c0094546_9341196.jpg

 岸壁のテトラポットに映る人影
c0094546_18335157.jpg

午後4時過ぎ、ボイジャー・オブ・ザ・シーズが大黒埠頭を離れ、東京湾の海上に姿を現しました。
出航風景を見物する大勢の人たち
c0094546_18372674.jpg

ボイジャーの出航風景
 大黒埠頭から東京湾に出たボイジャー  船の後方に扇島の高炉が見えます。
c0094546_1841292.jpg

 船の前方に見える東京湾横断道路の換気塔
c0094546_18413779.jpg

 ボイジャーを見送る横浜港観光船マリン・ルージュ  マリン・ルージュ・船上の大勢の観光客に見送られて出港していきました。
c0094546_20471761.jpg

 ヘリコプターにも見送られるボイジャー  随分長い間、上空をホバリングするように船上をゆっくり飛行しながらボイジャーを見送っていました。
c0094546_2051557.jpg

 多くの船と一緒に進む巨大客船  後で判明したことですが、マリン・ルージュはボイジャーを見物する観光客のツアーだったようです。
c0094546_20583966.jpg

c0094546_2135317.jpg

ボイジャーを岸から見送る人たち  大黒流通センターの公園に集まった多くの人たちが熱心に見送っていました。
 ボイジャーを見送るカップル
c0094546_2175753.jpg

 大きな三脚を据えてボイジャーを撮影する人
c0094546_219039.jpg

 三脚で撮影する若い女性  此の女性の格好に少し違和感を覚えました。踵の高いハイヒールを履いて写真を撮る姿に!
c0094546_2112696.jpg

 バギーに赤ん坊を乗せて見物に来た母親
c0094546_9441939.jpg

 テトラポットに映る影  ボイジャーを見送る人たちの影がテトラポットに映っていました。
c0094546_21142438.jpg

 ロープの間に見えるクルーズ船  船の後ろに見えるのが房総半島です。
c0094546_21165030.jpg

 東京湾の出口へ向かうボイジャー   進行方向に三浦半島にある観音崎の白い燈台が見えます。
c0094546_2119485.jpg

 ボイジャーを撮影した最後の写真  この辺りから進路を替えながら、東京湾の出口へ向かって行きました。
c0094546_21214819.jpg
 
豪華客船を見送った後、「大黒海釣り公園」に行き、魚釣りの光景や海釣りデッキから見た眺望をカメラに収めました。
 魚釣りをしていた親子
c0094546_21301559.jpg

 シコイワシを1度に2尾釣りあげた少年
c0094546_2131633.jpg

 横浜ベイブリッジを見ながら魚を釣る人
c0094546_21324727.jpg

 釣り場から見た横浜ベイブリッジとMM21地区のビル群
c0094546_9583937.jpg

c0094546_2134213.jpg

次の目的地は横浜ベイブリッジの真下にある「大黒埠頭中央公園」です。その岸壁から様々なベイブリッジの姿や夕陽のMM21の風景を撮影しました。
大黒海釣り公園内にある池
 池と周辺の風景
c0094546_1005584.jpg

 水面に揺らぐ柵と草の影が非常に印象的で、早速シャッターを切りました。
c0094546_7422056.jpg

大黒中央公園に行く途中の横浜ベイブリッジ
c0094546_21434036.jpg

荒れ地で見つけた野の草
 コバンソウの群落
c0094546_1011444.jpg

 逆光で見たコバンソウとセトガヤの穂
c0094546_10122253.jpg

c0094546_10135119.jpg

橋の下から見た横浜ベイブリッジ
c0094546_214606.jpg

c0094546_2147395.jpg
c0094546_21472126.jpg

c0094546_718032.jpg

タワーのガラスに映り込んだ橋  夕陽がガラスに映り込む様子も印象的でした。
c0094546_7182693.jpg

c0094546_7153542.jpg
c0094546_7153233.jpg

岸壁から見た通過する船や対岸のMM21地区のビル群
 夕陽に浮かぶMM21地区のビル群
c0094546_1016928.jpg

 横浜ベイブリッジを通過する船
c0094546_804286.jpg

 大黒埠頭から見た富士山  撮影場所を少し変えたら、ランドマークタワーの陰に隠れていた富士山が姿を現しました。
c0094546_7314868.jpg
c0094546_732080.jpg

大黒中央公園で見つけた猫
c0094546_1018778.jpg

落日の魚釣り風景  岸壁から糸を垂らす人、橋脚から突き出たコンクリートに乗って魚を釣る人などさまざまでした。
c0094546_7335371.jpg
c0094546_734346.jpg

c0094546_10213624.jpg

沈む夕陽と海上を行く船
c0094546_7364983.jpg

c0094546_7355744.jpg
c0094546_7363144.jpg

ビルの向こうに沈む夕陽
c0094546_737336.jpg

夕陽が沈んだ後も横浜港を遊覧する船「ロイヤル・ウイング」
c0094546_748216.jpg

日没後、横浜ベイブリッジを潜り東京湾へ行く船
c0094546_8175379.jpg

ライトが点灯し始めたランドマーク・タワーと大観覧車  バスに乗る直前に撮影した薄暮の景色です。
c0094546_756265.jpg

c0094546_10222658.jpg

この後、横浜駅行きのバスに乗り、横浜ベイブリッジを通り、帰宅の途につきました。橋上から見た夜景は最高でした。
以上で、本ブログは終了します。 最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。 また、撮影会でお世話になった写真仲間の皆さんに心から感謝いたします。 ありがとうございました!

by mda-vinci | 2013-05-13 17:11 | 国内旅行・散策