ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 13日

2012年 横須賀散策

3月11日(日)、今回は横須賀方面へ散歩に出掛けました。途中、田浦梅林まつりの幟を見て、今日がまつりの最終日と言う事なので、ちょっと立ち寄ることにしました。今年の冬は非常に寒かったので、梅の開花も2週間以上遅れているとの情報が流れていたので「如何に?」と思って見に行ったのですが、残念ながら満開に程遠く、今日から「まつり」が始まるのではと勘違いするするくらいしか咲いていませんでした。こんな事もあるんだと感慨一入でした。
観梅?後、ベルニー公園まで国道16号線沿いに一気呵成に歩きました。汗をびっしょり掻いたため、汐入にある「ダイエー横須賀店」で濡れた下着を着替えた後、「ステーション グリル」で遅い昼食を摂りました。今まで食べに来たことはありませんでしたが、子供や孫たちを連れてくのに打って付けの店で、特にディナー限定の「蛸飯」と「さざえ飯」は垂涎の一品です。
食事後、ケーキ屋で買い物をしたり、ベルニー公園をのんびり散策したりして、逸見駅から帰宅の途に着きました。追浜駅から自宅まで勿論「徒歩」で帰りました。今回の散歩の歩数は、20,079歩でした。追浜から逸見まで7つのトンネルを通りました。三浦半島は、実に隧道の多いところです。
この散策中に撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
田浦梅林  3月11日が「田浦梅林まつり」の最終日でした。人出はそこそこありましたが、肝心の梅の花はほんの一部の木だけが咲いており、寂しい限りでした。
 梅林から見た京急電車  定番?の撮影スポットから眼下を走る赤い電車をカメラに収めました。
c0094546_8571664.jpg
c0094546_8574993.jpg
c0094546_858177.jpg

 五色の吹流しのある階段を下りる女の人  この写真に写っている梅の木はほとんど花が見えません!寂しい限りです。
c0094546_90275.jpg

 咲いている梅の花  ほんのわずか咲いている梅の花を探して、吹流しを入れて撮ってみました。
c0094546_91311.jpg

 梅の花
c0094546_99816.jpg
c0094546_984861.jpg

c0094546_993441.jpg

 菜の花  田浦梅林の一角に菜の花や季節の花々が咲いている花壇がありました。
c0094546_9424385.jpg

田浦梅林の広場では、多くの家族連れが食事をしたり、遊んだりしていました。その中で、赤ちゃんの写真を撮っているお父さんとシャボン玉に夢中な男の子の家族を追ってみました。
 写真撮影に熱中しているお父さん  オモチャを見せて、赤ちゃんをレンズの方に向かせようとしているお父さんとシャボン玉を飛ばしている男の子
c0094546_94942100.jpg

 シャボン玉飛んだ!
c0094546_9524599.jpg
c0094546_952554.jpg

 斜面をごろごろ転がってくる二人組の男の子
c0094546_9553328.jpg

田浦梅林の開花状況
 1~2本だけ白い梅の花が咲いていました。
c0094546_10394929.jpg

 手前は蕾、奥の木は白い花が咲いていました。
c0094546_1040341.jpg

カゴノキ(鹿子の木) 南の暖かい地方に生える木で、この地に生えているのは珍しいそうです。木肌が「鹿の子斑」に似ているので、この名が付けられたとのこと。
c0094546_10474233.jpg

竹林  田浦梅林から下山する途中の坂道で立派な竹林を見つけ、シャッターを切りました。
c0094546_10493020.jpg

廃屋と廃車  横須賀海道(国道16号線)を汐入方面に向かって歩いている途中、道路脇に廃屋と廃車がありました。
c0094546_10521298.jpg

ベルニー公園に到着!
逸見波止場衛門  旧横須賀軍港逸見門で横須賀市指定市民文化資産に指定されている衛兵の詰所。建築年代は明治の末か大正初期だそうです。左右両側にあります。
c0094546_1113884.jpg

ベルニー公園
 護衛艦の上空を飛翔するカモメ  この護衛艦は、退役した「あさかぜ DD-181」です。
c0094546_1115630.jpg

 公園から見た護衛艦「あさかぜ」
c0094546_11215773.jpg

 海を覗きこんでいる今風なカップル
c0094546_11234894.jpg

 公園を走る子供たち
c0094546_11254468.jpg

 公園で遊ぶ子供たち
c0094546_11262894.jpg
c0094546_11264856.jpg

 スマホに夢中!  ダイエー横須賀店の石段に座って、スマホに夢中の女性たちを見かけました。
c0094546_1133563.jpg

 ショッパーズプラザ2Fから見た2隻の潜水艦  「軍港めぐり」の船が発着するフロアーを走っている子供が可愛いですね!
c0094546_1137317.jpg

 潜水艦を見ながらベンチに座っている家族連れ
c0094546_11393063.jpg

 今風の格好をした女の子
c0094546_1565722.jpg

 鳩の遊ぶ昼下がりの公園
c0094546_1582677.jpg

 足の悪い鳩  手前の鳩が足を引きずりながら歩いていたので、憐憫の情もあり、シャッターを切りました。
c0094546_15305333.jpg

 家族連れの影
c0094546_15104892.jpg

 噴水近くで遊ぶ女の子
c0094546_15121486.jpg

ワンワン集結!  大きな白い犬が2匹を含めて4匹のワンちゃんが集まって、飼い主たちの会話と犬たち相互の品定めが行われていました。
 4匹のワンちゃん
c0094546_15203726.jpg
 
 飼い主に助けを求める犬
c0094546_15222120.jpg

 怯える犬  大きな2匹の白い犬が近づいてきて、少し怯えたような態度をした服を着た犬
c0094546_15241631.jpg

大きな白い犬を見てビビって自転車をとめた男の子
c0094546_15270100.jpg

磨かれた石に映る人と護衛艦
c0094546_15354021.jpg

ベルニー公園から逸見駅へ向かう途中で撮影した花や風景
 花  パンジーのヒゲオヤジとジュリアンの花
c0094546_15395259.jpg
c0094546_1540131.jpg

 壁に映る影
c0094546_15404160.jpg

 旧道の公園で遊んでいた女の子たち
c0094546_15412714.jpg

 カーブミラーに映るスイス国旗
c0094546_15423423.jpg

逸見駅のプラットホーム
 トンネルを通り、近づいてくる下り浦賀行き普通電車
c0094546_15441828.jpg
c0094546_15442941.jpg

c0094546_1652062.jpg

 我々が乗る上り品川行き普通電車が到着!
c0094546_15453734.jpg

逸見駅から自宅へ帰る途中で見つけた花
 ウンナンソケイ
c0094546_15465828.jpg
c0094546_1547454.jpg

 枇杷の小さな実  白い花が散って、小さな実が付いていました。参考までに12月20日に撮影した枇杷の花を添付します。
c0094546_1548502.jpg

c0094546_15503256.jpg

 坂道を上る影
c0094546_1551348.jpg


            今回もブログを見て頂き、本当にありがとうございました。

by mda-vinci | 2012-03-13 08:30 | 国内旅行・散策
2012年 03月 10日

2012年 早春を訪ねて

3月3日(土)、今日は雛祭りの日です。このところ寒い日ばかり続いていましたが、今日は珍しく暖かで気持ちのいい日になりました。
その陽気に誘われて「春を探そうか?」という気分になり、金沢文庫駅から湘南鷹取の自宅まで歩くことにしました。
道すがら、写真撮影ポイントを探しながら、あっちに寄り、こっちに寄りしながら、のんびり歩いて帰りました。
その時、カメラに収めた写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
金沢文庫から京浜急行の線路に沿って歩いて行くと、㈱東急車両の付近に京急の線路を横切る大きな横断ブリッジがあります。そこからは金沢文庫の車両基地も見え、眺望絶佳です。
横断ブリッジから見た京急電車
 ブリッジの下を通過する電車  2本の上り電車と1本の下り電車が真下を通過して行きました。
c0094546_942125.jpg

 パンタグラフ  こんなにはっきり見たのは初めての経験でした。
c0094546_9423117.jpg

 上りの品川行き普通電車  通過する電車の奥に見えるのが、金沢文庫の車両基地です。沢山の電車を見ることができます。
c0094546_9455336.jpg

 羽田空港行き急行電車
c0094546_9484818.jpg

 青砥行き快特電車  右側の線路に止まっているのが金沢文庫で増結して快特品川行きになる普通電車です。金沢八景までは普通電車で運行されます。
c0094546_9504558.jpg

 浦賀行き普通電車
c0094546_9562451.jpg

 新逗子行き電車
c0094546_9575259.jpg
c0094546_958226.jpg

 電車のオンパレード
c0094546_9593346.jpg

 2本の品川行き電車  上りの線路と下りの線路にそれぞれ品川行きと行先表示された電車をカメラに収めることが出来ました。車両の調整中でしょうね。
c0094546_1023595.jpg

 川を渡る浦賀行き普通電車
c0094546_1001558.jpg

 この鉄橋下の川を泳いでいた二羽のカルガモ
c0094546_1085855.jpg

この川の沿いに植えられた河津桜や梅の木を観察しました。
梅の花に蜜を吸いに来たメジロ  梅に鶯ならぬ梅にメジロでしたが、やはり春を感じることが出来ました。
c0094546_10122188.jpg
c0094546_10123263.jpg
c0094546_10124421.jpg
c0094546_101313.jpg

河津桜の蕾  この時点では、まだ咲いている花は一輪もありませんでした。
c0094546_1056872.jpg

栴檀の木に止まっていたヒヨドリ
c0094546_1057021.jpg

満点星(ドウダンツツジ)に巻き付いたヘクソカズラの枯れた蔓
c0094546_1111755.jpg

雪柳の若葉とその枝に巻き付いた枯れたヘクソカズラの蔓
c0094546_11367.jpg

この川に群れ遊んでいた鴨・キンクロハジロ
 目が特に印象的なキンクロハジロ
c0094546_11262124.jpg

 足で毛繕いをするキンクロハジロ  抜けた羽毛が一本、水面に浮かんでいます。
c0094546_1128566.jpg

 身震いをするキンクロハジロ
c0094546_1135464.jpg

 二羽のキンクロハジロ
c0094546_119636.jpg

 羽ばたきをするキンクロハジロの連続写真
c0094546_1123124.jpg
c0094546_11231983.jpg
c0094546_11232969.jpg

 三羽のキンクロハジロ
c0094546_11242655.jpg

 水面の影がもう一羽の頭のように見えますね。  冠毛もキンクロハジロの特徴の一つです。
c0094546_11343019.jpg

ダイエー前の自転車置き場  強風のため自転車が倒されていました。
 倒された自転車を起こそうとしている女性
c0094546_1137141.jpg

 強風で倒された自転車
c0094546_11382279.jpg
 
乱雑に置かれた自転車とバイク
c0094546_11381369.jpg

瀬戸神社の石燈籠の台座に彫られた唐獅子牡丹
c0094546_1143949.jpg

金沢八景の酒屋の番犬  最初、ちゃんと番犬の役割を果たしているようでしたが、颯爽と歩いてくる女性を見て元気がなくなったようでした。何だか少し可哀そう?
c0094546_18245640.jpg
c0094546_18251060.jpg

帰り道の脇に咲いていた草花
 水仙
c0094546_18275492.jpg

 ラッパズイセン
c0094546_18304076.jpg

 サクラソウ
c0094546_18281134.jpg

 クラッスラ(金のなる木)
c0094546_18285144.jpg

 プリムラ・ジュリアン
c0094546_1832146.jpg

枝垂れ梅の花  1~3輪ほどしか咲いていませんでしたが、何とかカメラに収めることが出来ました。
c0094546_18371786.jpg

昔懐かしい六浦日用品市場  こんな店がまだ残っているのに正直驚きました。ご婦人二人のやり取りや仕草が懐かしい昔を思い出させてくれました。
c0094546_1951950.jpg
 
ピンク色の梅の花
c0094546_18385877.jpg
c0094546_1839814.jpg

六浦の高台から見た野島山  丁度、京浜急行の電車が通過するところでした。
c0094546_18403312.jpg

ある家の薔薇を這わせるフレームの影  壁に映る薔薇の幹やフレームの影が面白かったので、シャッターを切りました。
c0094546_18423157.jpg


       今回のブログは、金沢文庫から自宅までの短い距離で撮影した写真です。それでもいろいろな風景やスナップをそれなりに撮影出来るものだと感じました。。
       今回も最後まで見て頂き、ありがとうございました。心から感謝しております。本格的な春の訪れが本当に待ち遠しいですね。

by mda-vinci | 2012-03-10 09:17 | 国内旅行・散策
2012年 03月 07日

2012年 全日写連・湘南支部 撮影会

3月4日(日)、全日写連・湘南支部の写真撮影会に参加しました。今回の参加者は11人でした。
この日は、朝からどんよりした曇り空で、いつ雨が落ちてきても不思議でない空模様でした。その中での撮影会でしたので、全般的に鮮明な写真を撮ることが出来ませんでした。
しかし、行くところどころでそれなりに満足のいく写真を撮ることが出来ました。何よりもメンバーのみなさんと一緒に楽しい撮影会ができたことを心から感謝しております。
因みに、今回選んだスケジュールおよび写真撮影ポイントは次の通りです。
10時に京急の品川のホームで待ち合わせ後、穴八幡宮、早稲田大学を訪問、その後、都電荒川線に乗り降りしながら、雑司ヶ谷鬼子母神、雑司ヶ谷霊園、飛鳥山公園、町屋まで行きました。
町屋駅界隈を撮影した後、ひとまず解散しましたが、ほとんどのメンバーは三ノ輪橋駅まで行き、その三ノ輪橋駅近傍や三ノ輪商店街をカメラに収めた後、家路に向かいました。
私は、思い出多い通称投げ込み寺「浄閑寺」に立ち寄り、その近くの通りからスカイツリーを撮影した後、帰宅の途に着きました。
その日に撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。一人でも多くの方に見て頂ければこんなに嬉しいことはありません。

《写真集》
京急品川駅のプラットホーム
 京急線の起点プレート  ここからこの電車に乗って穴八幡宮に向かいました。
c0094546_2047205.jpg

早稲田駅で下車、穴八幡宮に行く途中の交差点で自転車に乗った女の子が手を上げてくれました。
c0094546_894252.jpg

穴八幡宮  社伝によれば、1062年に源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め八幡宮を祀ったのが始まりとのこと。東京大空襲で焼失し、再建された美しい建物でした。
 随神門から見た社殿
c0094546_8103168.jpg

 境内に置かれた布袋像の水鉢越しに見た親子連れ  この布袋像の水鉢は、徳川家光にによってこの神社に奉納されたものだそうです。
c0094546_8122336.jpg

 狛犬、人ともに親子連れ  社殿前の狛犬は親子連れ、お宮参りの人も親子連れでしたので、狛犬越しにお宮参りの様子をカメラに収めました。
c0094546_8173478.jpg

 お宮参りの写真撮影中!
c0094546_8183817.jpg

 大きく成長してね!  この大楠のように大地にしっかり根を張り、長寿を全うするよう祈願しながら撮影しました。
c0094546_8212573.jpg

 珍しい獅子と狛犬  境内の獅子は宝珠を頭に乗せた阿形を、狛犬は一本の角を生やした吽形をしたものでした。表情がどこかユーモラスですね。
c0094546_8281663.jpg
c0094546_8282764.jpg

早稲田大学構内風景
 昔懐かしい風景が描かれたフェンス  建て替え工事中のフェンスに建物をはじめ都電などいろいろな絵が描かれていました。
c0094546_8331411.jpg

 フェンスと大隈講堂
c0094546_85467.jpg

 大隈重信像と大隈講堂
c0094546_8371463.jpg

 フェンスと大隈重信像
c0094546_8375068.jpg

 大隈重信像の近くに咲いていた椿の赤い花
c0094546_851398.jpg

 坪内逍遥記念館の絵
c0094546_8523236.jpg

 坪内逍遥記念館を写生する人たち  記念館は補修中でいたが、その姿を写生する人たちが熱心に鉛筆を走らせていました。
c0094546_8395427.jpg

c0094546_842466.jpg

 写生中の先生と生徒
c0094546_8433620.jpg

 何をしているのでしょうか?  構内で四人の早大生が、何か不明のパーフォーマンスの練習をしているようでした。
c0094546_845158.jpg

 格好の自転車練習場ですね!  大隈講堂の前の広場で自転車で遊んでいる親子連れに会いました。
c0094546_8471312.jpg

早稲田大学界隈の街角スナップ
 サイクリング中の親子連れ
c0094546_13541813.jpg

 面白い看板の前を自転車で通過する女の人
c0094546_1356298.jpg

 早稲田のマスコットシャッター前を通り過ぎる家族連れ
c0094546_13573526.jpg

雑司ヶ谷「鬼子母神」 法明寺鬼子母神堂 現存のお堂は、寛文4年(1664年)に安芸藩主浅野光成の夫人が寄進したものだそうです。 
 参道で見つけた物や風景
  欅の参道を往来する人たち  樹齢約400年以上の欅の大木は減少し、昭和12年には18本あったものが、現在ではたった4本になってしまったそうです。大切に保存したいですね。
c0094546_1113157.jpg

  鬼子母神の看板と欅の枝
c0094546_11245441.jpg

  下駄の表札
c0094546_140126.jpg

  簾越しに見た露地の白梅
c0094546_140481.jpg

  藁で作られた火災予防運動人形
c0094546_143951.jpg

 雑司ヶ谷みみずく公園のミミズクの像
c0094546_1442777.jpg

 本堂へお参りに行くカップル
c0094546_147946.jpg

 境内にあるレトロな「駄菓子屋」  この上川口屋は、1781年から営業しており、現在の店主が13代目とのこと。昔懐かしい雰囲気のある店でした。「すすきみみずく」も販売。
  店前のお客さんたち  
c0094546_14114482.jpg
 
  13代目の女店主
c0094546_1413834.jpg

  店先の懐かしい駄菓子の数々
c0094546_14142350.jpg

 一心に鬼子母神へ祈願する女の人
c0094546_14252245.jpg

 赤ん坊を連れた女性二人をカメラで追ってみました。
  「おせんだんご」を食べ終わって
c0094546_14184698.jpg

  鬼子母神への祈願
c0094546_14195098.jpg

  祈願を終えて「さあ、帰りましょうね!」
c0094546_14203223.jpg

鬼子母神から雑司ヶ谷霊園へ徒歩で向かいました。その往復時に撮影した写真です。
 都電荒川線の踏切を渡る親子連れおよび上下の電車
c0094546_14451817.jpg

c0094546_1446180.jpg
 
 道路脇で見つけた水車やボケの花
c0094546_14505241.jpg
c0094546_1451297.jpg

 裏道を通る和服姿の女の人
c0094546_1453535.jpg

雑司ヶ谷霊園
 夏目漱石夫妻のお墓
c0094546_14565791.jpg

雑司ヶ谷霊園から都電荒川線に乗って、飛鳥山公園まで行きました。電車の運転席の近くの前ドアー横に立ったまま前方の移り変わる風景をカメラに収めました。
 踏切で電車の通過を待つ人たち
c0094546_1512483.jpg

 電車の前を通り過ぎるご夫婦
c0094546_15131676.jpg

 擦れ違う電車
c0094546_1514736.jpg

 踏切を渡るバイク
c0094546_22244165.jpg

 踏切を渡る赤い服の女の人
c0094546_22274316.jpg

 電車通過直前の踏切
c0094546_22292945.jpg

 踏切を渡る自転車に乗った親子連れ
c0094546_2230368.jpg

飛鳥山交差点
 2台の都電とバスが交差する横断歩道
c0094546_22335057.jpg

 横断歩道を渡る人と自転車  上の写真で信号待ちをしていた自転車と人が、横断歩道を渡っているを確認できます。
c0094546_22344723.jpg

 電車の通過を待つ自転車に乗った親子連れ
c0094546_22412742.jpg

町屋駅界隈
 町屋の裏通りにある銭湯「千代の湯」  玄関はシャッターが下され、当面の間「休業」の張り紙がしてありました。銭湯はどこも経営が厳しいようですね。
c0094546_22454947.jpg

 尾竹橋通りの若者とお年寄り
c0094546_2247834.jpg

 尾竹橋通りの自転車店前を散歩する犬連れの女性
c0094546_22484414.jpg

三ノ輪橋駅  都電荒川線の早稲田駅から来た時の終点。降車場と乗車場が分かれており、乗客を降ろした後、電車が乗車場に移動し乗客を乗せる特異な方式です。
 三ノ輪橋の風景  左側が乗車場で、今まさに発車した電車が写っています。右側が降車場で、乗客が電車から下りています。
c0094546_117567.jpg

 電車見たね。さあ、帰りましょう!  自転車に乗って電車を見に来た親子が、見終わって帰り始めた瞬間です。
c0094546_23275490.jpg

 ゴミ掃除も大変だよ。  駅周辺のゴミを回収している人に遭遇しました。何で路上や広場に平気で捨てるんだろう?
c0094546_2330187.jpg

 ケーブルに鳩が集う三ノ輪橋駅の乗車場
c0094546_8343232.jpg

 ケーブルに止まっている鳩たち
c0094546_11101373.jpg

三ノ輪商店街
 奇妙な風景  三ノ輪橋駅・降車場から商店街に行く途中で、磨かれた石壁に映る奇妙な風景を発見し、早速カメラに収めました。
c0094546_840482.jpg
c0094546_8481419.jpg

 カーブミラーに映る商店街
c0094546_8425459.jpg

 味自慢のお惣菜店
c0094546_8444232.jpg

 肉屋さんの店頭風景
c0094546_8451445.jpg

 露地裏にひっそりと佇む居酒屋
c0094546_8471584.jpg

 花屋の店先を散歩する犬連れの人
c0094546_8593119.jpg
c0094546_8594099.jpg

地下鉄三ノ輪駅に行く途中、投げ込み寺「浄閑寺」を思い出し、ちょと立ち寄りました。
浄閑寺  1655年に創建(新吉原の誕生は1657年) 浄土宗の寺で吉原遊郭の近くにあり、遊女の遺体の「投げ込み寺」として有名です。
 外観  浄閑寺のホームページによれば「安政の大地震(1855年)で大量の遊女が死亡した際、この寺に投げ込んで葬ったことによる。」と投げ込み寺の由来を述べています。
c0094546_94343.jpg
c0094546_944458.jpg

 本堂前に安置された阿弥陀像  この仏は、九品の中で最も低い下品下生の印相をしています。遊女を供養する寺だからでしょうか?少し可哀そうな気がしました。
c0094546_9125348.jpg

 新吉原總霊塔  この塔には、関東大震災や東京大空襲で亡くなった多くの遊女も葬られているそうです。台座には「生きては苦界 死しては浄閑寺」の文字が刻まれています。
c0094546_96383.jpg
c0094546_965175.jpg

 境内に建てられた永井荷風の文学碑  「今の世のわかき人々 われにな問いそ今の世とまた来る時代の藝術を われは明治の児ならずや・・・・・・・」
c0094546_9185579.jpg

 お墓の中に安置された石仏  寛文七年(1667年)の年号が刻まれています。
c0094546_9215251.jpg

 三遊亭歌笑の碑  「古よりの言の葉に山紫水明の地必ず偉人を生ずるとかや アア されどわれ未だ偉人の部類に属することかなわず ・・・・・」
c0094546_9285793.jpg

浄閑寺近くの道路から見たスカイツリー
c0094546_934721.jpg

地下鉄三ノ輪駅前の交差点で信号待ちの人たち
c0094546_9354658.jpg


            今回も最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。 かんしゃ!感謝!です。

by mda-vinci | 2012-03-07 20:37 | 国内旅行・散策
2012年 03月 02日

2012年2月29日 雪の風景

2月29日、横須賀でも雪が積もりました。この日は、10時から横須賀市民大学「鎌倉大仏縁起 上巻」の最終講義に出席するため、積もった雪を踏みしめながら京急・追浜駅に向かいました。
霏々として降る雪に傘を差し、転ばぬように足元に用心しながらの道行きでした。
京急の普通電車・浦賀行きの運転手さんのすぐ後ろの席に座り、カメラで外の雪景色や擦れ違う電車を撮影し続けました。逸見駅で降車した折には、乗って来た電車やプラットホームなどもカメラに収めました。こんな機会はめったにないので、このまま写真を撮りたかったのですが、時間も無く、非常に残念無念でしたが、ウエルシティの講義会場に向かいました。
勿論、自宅の窓から見える早や木の雪を被った景色なども若干撮影しました。
講義が終了した後「すこやかん」でウオーキングなどで体を動かし、帰る15時半頃には雪も止み、屋根に雪は残っていましたが、それ以外のところはほとんど雪が解けて、一部の残雪を見るばかりでした。本当に儚い閏年の如月・晦日の雪でした。
その短時間の間に撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
自宅の窓から撮影した風景
 小学校へ出掛ける女の子  何か話しながら楽しそうに雪道を歩いているのが印象的でした。 
c0094546_11344499.jpg

 庭の八手に積もった雪
c0094546_11352029.jpg

c0094546_147337.jpg

 松の木に積もった雪
c0094546_1481120.jpg
c0094546_1482347.jpg

 剪定された楓の枝に積もった雪
c0094546_14293181.jpg

 山茶花に積もった雪
c0094546_14852100.jpg
c0094546_149135.jpg

 自宅前の公園
  樫の木に積もった雪
c0094546_14105099.jpg

  欅の木
c0094546_14113285.jpg

 隣家のアカメモチとハナミズキに積もった雪景色
c0094546_14274532.jpg

電車の運転手さん越しに撮影した風景
追浜駅と京急田浦駅の途中風景
c0094546_1425780.jpg

c0094546_11405536.jpg

京急田浦駅
 雪の中に見える京急田浦駅
c0094546_1141468.jpg
c0094546_1142055.jpg

 雪を蹴散らして疾走する京急電車
c0094546_1137849.jpg

京急田浦駅と安針塚駅の途中風景
c0094546_1452283.jpg
c0094546_1453321.jpg

安針塚駅
c0094546_11434593.jpg
c0094546_11435131.jpg

 雪に立ち向かう運転者さん
c0094546_11465255.jpg

逸見駅
 逸見駅に停車する直前の風景
c0094546_11484769.jpg
c0094546_11485394.jpg

 逸見駅に停車した電車と反対側のプラットホームに電車を待つ人
c0094546_11503747.jpg

 逸見駅の電車とプラットホーム  降り頻る雪の中に三人の人影が見えます。プラットホームに二人と階段を降りる人です。
c0094546_11515545.jpg

 反対側の上り電車のプラットホーム
c0094546_11562686.jpg

 出発した雪中の上り電車
c0094546_11585349.jpg

 逸見駅を通過する下り快特電車
c0094546_1203379.jpg

c0094546_14234811.jpg

c0094546_1204442.jpg

講義が終わった後、12時30分頃の風景  この時点では、まだ小雪が舞っていました。
 ウエルシティーから見た眼下の交差点  
c0094546_1275836.jpg

 ウエルシティーから見た逸見駅界隈
c0094546_129197.jpg

c0094546_13592265.jpg

帰りの電車を待っている15時半頃に撮影した風景  この時点では、雪は止み、京急・逸見駅の線路上の雪もかすかに残っている状態でした。誠に儚く消える「春の雪」のような風情ですね!
 通過する上り快特電車  若い男の子が逸見駅のホームから、近づいてくる快特の上り電車の写真を撮っていました。
c0094546_1217795.jpg
c0094546_12171916.jpg

 上り普通電車が逸見駅に到着!
c0094546_1215383.jpg


              以上で今回のブログは終了です。最後までご覧頂き本当にありがとうございました。 

by mda-vinci | 2012-03-02 11:15 | 国内旅行・散策