ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

我が家の雀達

約半年前から、我が家に遊びに来る雀達を写真に収めてきました。ここ数日、親子連れで餌を貰いに来る雀の写真を無我夢中で撮影しました。生憎の雨で鮮明な写真が取れない時もありましたが、総じて非常に面白く心和む写真を撮ることが出来ました。
しかし、雀の撮影は本当に大変です。用心深いため、全てガラス越しに慎重に撮影しました!
これらの写真を過去の写真と一緒にブログに掲載いたします。御覧いただければ幸甚です。
また、雀以外のヒヨドリや椋鳥の写真も少ないですが、最後に掲載しました。

《写真集》
雀の親子(その1)  
  早く、餌頂戴!
c0094546_1512715.jpg

  さあ!どうぞ!
c0094546_1543487.jpg

雀の親子(その2) 
  お腹すいたよ!
c0094546_1591441.jpg

  ちょっと、待っててね!餌捕ってくるからね!
c0094546_15124379.jpg

  さあ!お食べ!
c0094546_15151130.jpg

  お母さん!お腹いっぱいだよ!もうだめ!
c0094546_15173418.jpg

雀の親子(その3)
  もう待てない!早く餌頂戴!
c0094546_16424171.jpg

  そんなにガツガツしないで!
c0094546_16452965.jpg

  もっと!すぐ!捕ってくるからね!
c0094546_16494780.jpg

雀の親子(その4)
  朝御飯まだ?
c0094546_16542075.jpg

  大きく口を開けて食べるんですよ!
c0094546_16583752.jpg

  じゃあ!また捕ってくるよ!
c0094546_1741695.jpg

雀の親子(その5)
  枇杷の木で餌を貰っている子雀
c0094546_17124868.jpg

雀の親子(その6)  庭の垣根の山茶花にとまって餌を与えている親雀
  こんな格好で失礼します!
c0094546_1723783.jpg

  窓の向こうで私達を撮ってるよ!危ない!あぶない!
c0094546_17265375.jpg

雀の親子(その7)
  親子並んでのツーショットだね!
c0094546_1747232.jpg

  おいしいね!
c0094546_17522493.jpg

  よそのおじさんがいて恥ずかしいけど今、餌頂戴!
c0094546_1753563.jpg

  あーんして!!!!!
c0094546_17545198.jpg

  まだ欲しいの?仕方のない子だねー!
c0094546_18454433.jpg

子雀だけの写真  嘴が黄色いのが子雀の証拠です!
  母さん、遅いなー!
c0094546_17485273.jpg

  母さんはまだ戻ってこない!仕方ない、自分で食べるか!
c0094546_1874811.jpg

バケツにとまる子雀  水を飲みたいんだけど落っこちそうで怖いんだよね!
c0094546_2014368.jpg

  あーあ!退屈だなー!  羽と片脚をのばして退屈しのぎをしている姿が可愛らしい!
c0094546_2053770.jpg

c0094546_7511718.jpg

雀十五態
  五羽のすずめ達  庭の松の木に集合したすずめ達を激写!
c0094546_91748.jpg

  四羽のすずめ達
c0094546_17291030.jpg

  三羽の雀達  三羽三様の姿で写真に収まっている!
c0094546_16382422.jpg

  二羽のすずめ達  羽繕いをしている雀に狙いを定めてシャッターを切る!
c0094546_1641369.jpg

  松の枝で羽繕いをしている二羽の雀達
c0094546_16494329.jpg

  さつきの上に乗る雀
c0094546_110318.jpg

  ガラス越しに餌を強請る雀
c0094546_16543092.jpg

  伸び上がって遠くを見る子雀
c0094546_17441923.jpg

  大急ぎで餌を持ち戻る親雀
c0094546_18521024.jpg

  庭の遊ぶ三羽のすずめ達  ニワゼキショウやカタバミの咲く庭で遊んでいる姿が可愛らしい!
c0094546_1725727.jpg

  餌を啄ばむ雀
c0094546_17112195.jpg

  すずめの学校  寒い冬の朝、ふくら雀で授業開始を待つ雀達
c0094546_1746340.jpg

  すずめ走る!
c0094546_10493399.jpg

  庭で餌を啄ばむ四羽の雀たち
c0094546_17413722.jpg

  タンポポの咲く庭で遊ぶ雀
c0094546_1841872.jpg

雨の日に餌を貰いに来た雀達
  雨の中に佇む二羽の雀達
c0094546_18113989.jpg

  ずぶ濡れのすずめ
c0094546_18173783.jpg

  見返りすずめ
c0094546_1819522.jpg

  ずぶ濡れで餌を啄ばむすずめ
c0094546_1821511.jpg

  雨の中で餌を銜え、凛々しく立つ雀
c0094546_19323123.jpg

  垣根の緑の映るサンルームの濡れ縁に佇む雀
c0094546_8122421.jpg

ヒヨドリ 
  松の枝に止まり、雀を威嚇するヒヨドリ
c0094546_106298.jpg

  濡れ縁に立つ鵯
c0094546_9425338.jpg

  攻撃態勢をとるヒヨドリ
c0094546_9273117.jpg

  見返りヒヨドリ
c0094546_9333875.jpg

  獲物を狙う鵯の目
c0094546_937463.jpg

椋鳥 
  餌を啄ばむ二羽の椋鳥
c0094546_10133617.jpg

  水を飲む椋鳥
c0094546_10153090.jpg

  椋鳥の立ち姿
c0094546_10213525.jpg

  松の木の上で辺りを窺う椋鳥
c0094546_10442160.jpg

  庭で仲良く餌を啄ばむ椋鳥と雀
c0094546_10323888.jpg

  先生と生徒  椋鳥の先生の後を突いて歩く雀の生徒?
c0094546_10353326.jpg

《追加写真》
二羽の子雀に餌を与える親雀
  僕にも頂戴!
c0094546_17541926.jpg
 
  仕方ない!自分で食べよう!
c0094546_17543753.jpg
 
  足蹴にしてでも餌をもらうぞ!
c0094546_7595678.jpg

  俺が先だぞ!お前は後で! 
c0094546_1757496.jpg

ドラえもんとの対話する雀
  ドラえもん!寝てるの?
c0094546_1846741.jpg

  本当に寝てるのかな?
c0094546_1848138.jpg

  寝てるみたいだね!餌もらうよ?
c0094546_1850349.jpg

タンポポと雀たち
  タンポポを踏みつける雀
c0094546_18523573.jpg

  タンポポと雀の親子
c0094546_1854233.jpg

  タンポポの花とすずめ
c0094546_17305236.jpg

雨中の親子雀
c0094546_18552037.jpg

メジロ
  隣の家の枇杷の木に来たメジロ
c0094546_17205578.jpg

c0094546_17211483.jpg

      今回も最後まで御覧いただき、心から感謝しております!
      少しでも楽しんでいただければ、こんなに嬉しいことは有りません!
      これで完成ではありません。今後も機会あるごとに撮影し、追加していく予定です。
     
      6月12日に追加写真を掲載しました!特に苦労して撮影したものです!

by mda-vinci | 2007-05-31 14:08 | その他
2007年 05月 22日

浅草神社「三社祭り」

5月19日、写真仲間と一緒に浅草神社「三社祭」の風景を撮影に出かけました。
天気予報では雨だったのですが、雷門到着後、少しの間降っただけで、昼過ぎには強い日差しが照りつけ、汗ばむ陽気となりました。
小生にとって、初めての「祭りの撮影会」でしたが、多くの貴重な体験をすることが出来ました。
『習うより慣れろ!』で、とにかくシャッターを切ることを心がけ、300枚位の写真を撮ってきました。何よりも「足で稼ぐ!/犬も歩けば棒にあたる?」ことの大切さを実感できたことが最大の収穫でした。また、「躊躇せずにシャッターを切る!」ことも学びました!
今回は、祭りそのものよりも周辺のスナップ写真を中心に撮影してきました。
初めての『祭りの写真集』ですが、出来ばえは如何でしょうか?見ていただければ幸甚です。

《写真集》 
午前中
浅草寺の風景
  浅草寺境内   朝方から降った雨で地面が濡れている。傘をさしている人も約1名見受けられる!
c0094546_1041734.jpg

  線香の煙を体の悪いところに着け、平癒を祈る?人達
c0094546_104555100.jpg

  境内から見た五重塔
c0094546_2091596.jpg

  祭り見物のため場所取りをしている人達
c0094546_1052516.jpg

  本堂から山門を見た風景  仲見世通りは、人でごった返しているのが見える!
c0094546_1131959.jpg

お祭りの準備中
  神輿を担ぐ準備をしている若者達 三景
c0094546_11105016.jpg

c0094546_1112883.jpg

c0094546_11131172.jpg

  鉢巻と髪型の調整中
c0094546_11214454.jpg

  準備が終わり、談笑中の男女  楽しい笑い声が聞こえてくる!
c0094546_1115541.jpg

  仲見世裏通りでの夫婦の会話  「ちょっと、其処まで行ってくるよ!すぐ、帰って来るからね!」
c0094546_20263191.jpg
 
神輿の出発前の風景  
  三社囃子の粋なご婦人達
c0094546_11405219.jpg

  祭り囃子
c0094546_1130885.jpg

  犬は抱っこ、子供は肩車され、眠って?祭りに参加!
c0094546_11332890.jpg

  幼児はベビーカーに乗って祭りに参加! なに?なに? 何だろう?
c0094546_12153719.jpg

  奇抜な頭、頭!
c0094546_11362920.jpg

いよいよ神輿スタート
  出発直前の町内役員達!
c0094546_1148537.jpg

  囃子太鼓も出発! 雨対策も万全に!!!
c0094546_11594176.jpg

  担ぎ手
c0094546_1284569.jpg

c0094546_1153452.jpg

c0094546_1244110.jpg
 
  女性神輿
c0094546_18453259.jpg

午後 
街角のスナップ写真
  みんな疲れたね!  神輿を担ぎ疲れ果てた様子の大人とお母さんに抱っこされて眠る子供!
c0094546_13424015.jpg
 
  寝入った子供にニッコリ微笑みかけるお母さん  「疲れたね! おやすみ!」
c0094546_13454678.jpg

  ベビーカーで熟睡の女の子  「もう だめ!」
c0094546_13503632.jpg

  お腹ペコペコだよ!  ビニール袋ごと食べちゃおう!
c0094546_13542432.jpg

  やっぱりアイスが一番だね!
c0094546_13572855.jpg

  お母さん!お腹すいたよ 何か買って!!
c0094546_1412299.jpg

  腹が減っては戦はできぬ?
c0094546_1431146.jpg

  携帯でパチリ! 太鼓の撥でお面?
c0094546_146034.jpg

  今度は両手打ちだよ! みごと打てましたら、拍手喝采してね!
c0094546_1482047.jpg

  猿?の祭り見物!
c0094546_14111544.jpg

  犬も祭り見物?
c0094546_14532297.jpg

  神輿を担いでいるのか?担がれているのか? ほほえましい親子3代の競演!!! 
c0094546_2041414.jpg

  祭囃子の音も軽やかに!
c0094546_14494652.jpg

  粋なおばあちゃん
c0094546_19592747.jpg

粋な芸者の艶姿  偶然!料亭から出てきたところをパチリ!
  お疲れさん!
c0094546_14144548.jpg

c0094546_1420083.jpg

神輿に乗って景気づけ!  
  神輿は神聖なもの!それに乗って神輿を汚さないように申し入れがされたのに! 
c0094546_14272199.jpg
 
  見事な刺青!
c0094546_14291260.jpg
  
  最前列でもみくちゃになりながら必死でシャッターを切った!
c0094546_14314291.jpg

  自己陶酔!  「矢でも鉄砲でも持って来い」の心境?
c0094546_1434487.jpg

神輿
  浅草寺の境内に集結した神輿群
c0094546_14425549.jpg

  境内から各町内へ帰る神輿
c0094546_1446826.jpg

帰り道
  浅草名物「人形焼」だよ! 美味しいよ! ほんとかな?
c0094546_1531820.jpg
 
  さらば!浅草・仲見世通り  妻に舟和の芋羊羹を買って、帰宅の途へ!
c0094546_1539741.jpg

  源流江戸囃子の演奏風景  雷門前の道路の反対側に仮設された桟敷上にて演奏中!
c0094546_1457686.jpg
 
  
       非常に楽しい撮影会でした! 来年も是非行きたい!と思っています。

       今回も最後まで御覧いただき、本当にありがとうございました!  

by mda-vinci | 2007-05-22 09:41 | 祭り
2007年 05月 06日

山陽・山陰旅行

春のゴールデンウイークを利用して、夫婦で山陽・山陰の地を旅してきました。
福山転勤時、子供達を連れてあっちこっち旅行した思い出多いところです。
今回は、その中から特に思い出に残る観光地を選び訪ねることにしました。一部、交通渋滞で残念ながら訪問を断念したところもありましたが!
非常に楽しく懐かしい旅を満喫することが出来ました。その旅行の日程は下記の通りです。

《旅行日程》
4月26日 夕方から西宮の実家に向けて出発! 兵庫県西宮泊
4月27日 姫路城をゆっくり見物!さすが『世界文化遺産』と再認識! 岡山県牛窓泊
4月28日 牛窓の日の出、鷲羽山、備中国分寺、吉備津神社を見物! 広島県福山泊
4月29日 福山城、国宝・明王院、岩国・錦帯橋を見た後、山口県湯野温泉泊
       ※厳島神社への道が大渋滞で、到着時刻が予測できず訪問断念!
4月30日 湯野温泉、世界遺産候補・石見銀山を堪能した後、島根県玉造温泉泊
5月01日 玉造温泉、宍道湖、松江城、足立美術館を見学 鳥取県三朝温泉泊
5月02日 三朝温泉、倉吉、大山寺を訪ねたあと、西宮に向けて出発! 西宮泊 
5月03日 実家の庭の草取り、夙川散策 西宮泊 
5月04日 夙川散策、写真撮影 夕方から横須賀の自宅へ向かって帰途に着く! 

今回も旅の思い出に沢山の写真を撮影してきました。それらの中から厳選した写真をブログに掲載します。見ていただければこんなに嬉しいことはありません!

《旅行写真集》
4月27日
姫路城  国宝で世界文化遺産(1993年登録)である名城
1333年、播磨の守護職赤松則村が砦を築いたことに始まる。1580年、黒田官兵衛の勧めで秀吉が入城し、翌年3層の天守閣を完成させた。1601年、池田輝政が入封、その後本多、松平、榊原、酒井と替わり、明治維新を迎えた。1618年、本多忠刻の時、秀忠の娘千姫のため西の丸を整備し、姫路城の全容が整った。
  姫路城の遠景  手前の「桜門橋」を渡って姫路城の敷地に到着!偶然にも黒鳥が水面に遊んでいた! 
c0094546_1872697.jpg

  「桜門橋」から見た姫路城
c0094546_18194565.jpg

  三の丸広場からの眺望
c0094546_18251552.jpg

  菱の門
c0094546_18283158.jpg

  「菱の門」の紋瓦  屋根の鬼瓦や軒丸瓦には、築城した城主や修理した城主の家紋を彫った瓦が使用されている!
c0094546_18333445.jpg

  西の丸へ登る坂道から見た天守閣
c0094546_1842461.jpg

  軒先の曲線美  漆喰で造られた軒先の曲線が実に美しい!思わず写真に収めていた!
c0094546_20391934.jpg

  西の丸広場から見た姫路城
c0094546_1847471.jpg

  西の丸から天守閣を望む  西の丸は、秀忠の娘「千姫」が本多忠刻に再嫁して過ごしたところ
c0094546_18541898.jpg

  西の丸の屋根越に見る天守閣  屋根瓦と漆喰の白とのコントラストが実に美しい!
c0094546_1914859.jpg

  千姫が西の丸で遊んでいる様子を人形で再現したもの
c0094546_196357.jpg

  「はの門」に通じる石段  暴れん坊将軍でよく撮影される風景
c0094546_19135925.jpg

  二の丸から見た天守閣  ここを通って「にの門」に到達する!
c0094546_19233041.jpg

  二の丸に群生して咲いていたシャガの花
c0094546_19295237.jpg

  「にの門」から眺めた天守閣
c0094546_19352063.jpg

  「ほの門」にある油壁と天守閣
c0094546_19413386.jpg

  腰曲輪の美しい曲線美  天守閣の北側に連なる多門長屋で、中には井戸もあり、米や塩を蓄えて籠城に備えたという。
c0094546_19485940.jpg

  備前丸から見た天守閣  ここから見た景色が最も美しいと思うのですが?
c0094546_19541371.jpg

  天守閣からの眺望  正面に見えるのが大手前通、その突き当りがJR姫路駅
c0094546_201231.jpg

  鉄張りの門「ちの門」  門全体が鉄板で覆われた豪壮なもの!
c0094546_2083790.jpg

  備前門付近から見た天守閣
c0094546_20134794.jpg

  腹切丸  構造が切腹の場、検視役の席、首洗いの井戸に見えるところから「腹切丸」とよばれているとのこと!
c0094546_20194452.jpg

  「ぬの門」  「お菊の井戸」のある上山里から二の丸へ通じる門である
c0094546_20254533.jpg

  「三国濠」越に見る姫路城  濠に映る姫路城の影も美しい!
c0094546_20311335.jpg

牛窓
  牛窓に沈む夕日  牛窓に到着時、丁度夕日が沈もうとしていた!
c0094546_21233951.jpg

  ペンション牛窓の部屋から見た瀬戸内海の夕景・夜景
c0094546_21273711.jpg

c0094546_21302075.jpg
 
4月28日 
牛窓  
  牛窓の朝日  オリーブ園から眺めた風景  曽禰好忠の歌碑あり「上り舟 東風吹く風を 過ごすとて よを牛窓に 止まりてぞ経る」
c0094546_10515248.jpg

  オリーブ園の展望台から眺めた早朝の瀬戸内海  この朝は、靄がかかり近くの島影のみ見ることが出来た!
c0094546_10454170.jpg

  朝日に輝く海とペンション牛窓の案内板
c0094546_11181669.jpg
  
  宿泊した「ペンション牛窓」
c0094546_1112399.jpg

鷲羽山へ向かう途中の風景
  レンゲ畑  道路わきに車を止めて撮影したもの
c0094546_1126425.jpg

鷲羽山
  鷲羽山から見た瀬戸大橋 三景
c0094546_12153943.jpg

c0094546_12212233.jpg

c0094546_12234430.jpg

  鷲羽山から見た下津井漁港
c0094546_12394090.jpg

  鷲羽山から見た鷲羽山ハイランド方面の景色  頂上付近に「せとうち児島ホテル」が見える!

c0094546_1249970.jpg

  下津井瀬戸大橋の下を通過する船  白い航跡を残して通り過ぎていく!
c0094546_1245434.jpg

  鷲羽山頂上からの眺望  手前から櫃石島、岩黒島、羽佐島、与島などを結んで瀬戸大橋は四国と繋がっている!
c0094546_13152694.jpg

  せとうち児島ホテルからの眺望 二景  四国の山々の優美な姿が実に美しい!
c0094546_13355759.jpg

c0094546_13414267.jpg

備中国分寺
  蓮華畑越に見る備中国分寺の五重塔  実に風情があり、日本の風景だとしみじみ思う!
c0094546_13525121.jpg

  山門付近から見た五重塔
c0094546_1419582.jpg

  境内から見た逆光の五重塔  境内には牡丹が咲いていた!
c0094546_13593576.jpg
  
  竹林から見た五重塔
c0094546_1461223.jpg

  五重塔の鬼瓦
c0094546_14112347.jpg

  五重塔の屋根
c0094546_14144287.jpg

吉備津神社  吉備津彦命を祀る神社 本殿、拝殿共に国宝!
吉備津神社は1425年に創建された比翼入母屋造りと言う独特な様式の建物であり、手前の拝殿と奥の本殿が一体となった複合社殿である。  
この社殿の屋根は、50年振りの『桧皮葺』の葺き替え工事中であったが、見学会が開催されており、間近で工事の様子を見ることが出来た! 
  工事風景  前回の屋根葺き替えは、昭和31年で、今回は、桧皮の葺き替えを中心に、塗装の塗り替え、飾り金具の補修を行うと言う!
c0094546_15445150.jpg

  桧皮葺き作業状態  桧皮を12mmづつずらしながら葺いていくとのこと!気が遠くなるような作業である。
c0094546_1555762.jpg

  葺き終わった屋根の表面  実に綺麗な仕上がり状態であった!見事の一言!!!
c0094546_15593885.jpg

  回廊にできた影模様  398mの大回廊!その回廊にできた美し影模様に思わずシャッターを切っていた!
c0094546_1691210.jpg

  御釜殿  温羅(うら:鬼)の首が埋められ、釜の鳴る音で温羅が吉凶を告げるとされる「鳴釜神事」で有名な建物
c0094546_16235374.jpg

福山
  福山ニューキャッスルホテルの部屋から眺めた西陽射す福山城 手前が伏見櫓、奥が天守閣!夕食は、「照榮」の豆腐料理!
c0094546_18372459.jpg

4月29日
福山城  
1619年、水野勝成が備後の領主になって築いた城で、葦陽城とも呼ばれる。歴代藩主は、水野5代、松平1代、阿部10代で明治を迎えた。
  筋金御門(重要文化財)
c0094546_18465836.jpg

  八重桜越に見た伏見櫓(重要文化財)  京都伏見城の『松の丸東櫓」を秀忠の命で移築したもの。白壁三層の豪壮な建物!
c0094546_18522336.jpg

  天守閣 三景  昭和20年8月の空襲で焼失したが、昭和41年に再建された。現在は博物館として利用されている。 
c0094546_20242833.jpg
 
c0094546_20282095.jpg

c0094546_203282.jpg

明王院  本堂、五重塔ともに国宝に指定されている!807年(大同2年)、弘法大師の開基と伝えられる。
  明王院全景  風が吹き、木の葉がひらひらと散っている景色が印象的であった!
c0094546_20455644.jpg

  本堂と五重塔  蘇鉄を前景にして撮影した一枚!
c0094546_2052408.jpg

  本堂  鎌倉時代・元応三年建立 国宝
c0094546_20395314.jpg

  五重塔  南北朝時代・貞和四年、広く庶民の浄財により建立 「一文勧進の塔」とも言われている! 
c0094546_20421740.jpg

  五重塔の相輪  相輪は露盤、伏鉢、請花、九輪、水煙、竜舎、宝珠の7つの部分より成り立っている!
c0094546_21202463.jpg

草戸稲荷  明王院に隣接し、明王院の鎮守社だった稲荷神社  時間の関係で車の中から見物!福山時代に初詣に行ったところ!
c0094546_2131064.jpg
 
岩国・錦帯橋
途中の風景  渋滞のため車を降り、錦川沿いに歩きながら写真に収めたもの!
  菜の花畑  錦川の河原に群生する菜の花が美しかった!
c0094546_9195825.jpg

  錦川の風景  錦帯橋の架かる錦川は、本当に水が綺麗で、心の癒される素晴らしい川でした!途中、白鷺が逍遥していました
c0094546_931716.jpg

錦帯橋
約330年前、岩国藩主・吉川広嘉の勅願によって創建された名橋。精巧な木組みの技法を駆使した橋桁、橋脚を持つ「反り橋」は周囲の風景にも溶け込み、優美な姿を見せている!日本三名橋の一つ!
  錦帯橋全景
c0094546_11342286.jpg

  遊覧船  錦川を和船でのんびり遊覧する風景  船内では和服を着た女性が笛を奏でて雰囲気を盛り上げていた!
c0094546_10222585.jpg

  鉄砲隊の発射模擬訓練  川原では、祭りのイベントとして岩国藩鉄砲隊によるの発射模擬訓練が行われて、硝煙が風に流れていた!
c0094546_1027690.jpg

  錦帯橋を渡る鉄砲隊の人々
c0094546_11452113.jpg

  白蛇踊り  岩国周辺にしか棲息しない国の天然記念物「白蛇」を躍らせながら錦帯橋を渡っている風景!白蛇に触れると幸運を呼ぶと言う
c0094546_15215044.jpg

  錦帯橋から見た岩国城  岩国城は吉川広家が1608年に標高200mの城山に築いたもの!現在の天守閣は昭和37年に再建された
c0094546_11193949.jpg

湯野温泉
  芳山園の庭  離れ「竹の間」の円窓から眺めた中庭の風景
c0094546_11574255.jpg

  芳山園の離れ「竹の間」の夜景  池の水面に映った丸窓が優雅な雰囲気を醸し出している!
c0094546_11545947.jpg

4月30日
  山田家本屋(県文化財)  小早川隆景の家臣・堅田元慶に仕えた山田氏の住宅で、梅田雲浜や頼山陽も立ち寄ったと言う!江戸時代前期の建物
c0094546_13374648.jpg

石見銀山
  途中で出遭った風景  沢山の鯉のぼりが川の上に泳いでいた!
c0094546_1344232.jpg

  石見銀山・古い街並み  重要伝統的建造物保存地区に指定されている鉱山町
c0094546_144769.jpg

  羅漢寺  石窟の中に五百羅漢像あり。銀山に働いて亡くなった人や先祖の霊の供養のため25年ほどかけて造られたと言う!1766年完成!
c0094546_1550146.jpg

  龍源寺間歩の入口  石見銀山には大小600以上の間歩(坑道)が存在するが、現在公開されている間歩!代官所経営の五ヶ山の一つ
c0094546_15422964.jpg

  龍源寺間歩の内部  幹線坑道は約600m、公開部分は156mのみ!坑道は、高さ:1.6~2m、幅:0.9~1.5m 採掘と鉱石運搬に利用
c0094546_15583226.jpg

  出口部の様子  坑道の入口から156mの地点で、新しく連絡通路を掘り見学できるようにした!
c0094546_1614494.jpg

  佐毘売山神社  銀山の繁栄と働く人々の安全を祈ったものであろう!
c0094546_16154988.jpg

玉造温泉  
  玉造温泉入口の風景
c0094546_11332045.jpg

玉造グランドホテル長生閣
  庭園のライトアップ風景
c0094546_20441465.jpg

5月1日
  朝の庭園風景
c0094546_20502793.jpg

玉造温泉
  温泉街の風景
c0094546_2057033.jpg

松江城
1611年、堀尾吉晴が5年の歳月をかけて築城したもの。千鳥破風の屋根から「千鳥城」とも呼ばれる。堀尾3代、京極1代、松平10代の居城で、5層6階の望楼式天守閣である。
  松江城 三景
c0094546_2116051.jpg

c0094546_21162946.jpg

c0094546_2116516.jpg

  興雲閣  明治36年に建てられた白亜の洋館で、迎賓館や展覧会場として使われていた。現在は松江郷土館として利用されている。
c0094546_23315141.jpg

  松江神社  明治10年、旧松江藩の人々が創建した楽山神社をベースに合祀、配祀され現在に至る。祭神:松平直政、堀尾吉晴、不昧公、家康 
          境内にある狛犬の特徴ある姿が印象的であった! 
c0094546_23323460.jpg

宍道湖
  嫁ヶ島 三景  宍道湖に唯一浮かぶ周囲240mの島!湖に落ちて亡くなった若い嫁の身がらと共に浮かび上がったという伝説の島 
c0094546_234133100.jpg

c0094546_23334759.jpg

c0094546_2334745.jpg

  宍道湖湖畔に立つ2体の地蔵尊
c0094546_23351543.jpg

  宍道湖の清掃船(双胴船)が湖畔の清掃作業を実施していた!
c0094546_925119.jpg

足立美術館
枯山水庭を中心とする13,000坪の広大な庭園は、アメリカ専門誌が選ぶ日本庭園ランキングで4年連続「第一位」に選ばれた見事な庭園である。美術品でも横山大観をはじめ日本画家の作品1,300点を所蔵し、中でも大観の作品130点を有し、質・量共に日本一を誇る!
今回は、横山大観と榊原紫峰の作品展および童画メルヘンの世界を堪能した!
  足立美術館入口
c0094546_952282.jpg

  庭園風景 五景
    入口付近の庭園風景
c0094546_9261924.jpg

    滝を借景にした庭園風景
c0094546_9264155.jpg

    中央部分の庭園風景
c0094546_9533474.jpg

    白砂青松が美しい庭園風景
c0094546_10263399.jpg
 
    水の流れる庭園風景
c0094546_927274.jpg

  障子越しに見る中庭の景色
c0094546_10192997.jpg

5月2日
三朝温泉
三朝温泉は、開湯から800年の歴史を持つ名湯で、島崎藤村や与謝野晶子など有名な文豪が訪れた。温泉はラジウムの含有量が多く、湯治客が足を運ぶ!
  雨上がりの三朝温泉  万翠楼の前から見た風景!山を駆け上る雲の様子が印象的であった!
c0094546_11114467.jpg

  雨上がりの新緑の山  ここの新緑も万の緑色がハーモニーを奏でており、本当に素晴らしかった!
c0094546_1120524.jpg

  万翠楼の全景  昨夜来の雨もあがったので、橋を渡り対岸から宿泊旅館の写真を撮影!宿の特徴は巨岩風呂
             巨大な岩のあるところに風呂を造ったと言う!必見の価値あり!
c0094546_10423931.jpg
  
  三徳川の河原にある露天風呂  朝から2,3人の客が入っていた!
c0094546_1140370.jpg

  三徳川で遊んでいたカルガモ  二羽のうち一羽が飛び立つ瞬間をカメラに収めることができた!
c0094546_1158137.jpg

倉吉
  打吹公園  躑躅が咲き始めていたが、まだ寂しい感じの公園風景であった!
c0094546_1322275.jpg

  倉吉の白壁土蔵群 三景   玉川沿いに残る白壁土蔵群は、国重要伝統的建造物群保存地区に指定されている!
c0094546_134253.jpg

c0094546_1394513.jpg

c0094546_13292230.jpg

  語らい風景 
c0094546_12583640.jpg
 
  赤瓦地区の町家群
c0094546_13384019.jpg

店先に置かれた福禄寿の彫刻  倉吉在住の仏師によって作成された木彫りの七福神の1体 
c0094546_17301852.jpg

大山
大山への道
  赤崎海岸の風景
c0094546_1353210.jpg

  大山寺へ向かう山間道路の新緑 二景  ドライブの途中で車を停め、新緑の美しさに呆然とする!この地点が最も美しかった!
c0094546_1431236.jpg

c0094546_144513.jpg

角磐山 大山寺
大山寺は、大山の中腹に位置する天台宗の寺で「修験道の聖地」として知られている。大山寺と大神山神社が古くから信仰を集めてきた。
  大山寺の山門
c0094546_15331014.jpg

  大山寺本堂
c0094546_1422189.jpg

  参道に咲く山桜  杉木立の濃い緑とのコントラストが素晴らしく、思わず息を呑んだ!
c0094546_14553234.jpg

  大神山神社の参道  参道は長い石畳で繋がっている。その脇に巨石に彫られた地蔵さんが迎えてくれる!
c0094546_14484925.jpg

  大神山神社
c0094546_14345755.jpg

  賽の河原の風景
c0094546_15948.jpg

  金門の風景  
c0094546_15395736.jpg

西宮の実家へ
  高速道路から見た大山  今日の大山は、一日中雲に隠れたままその雄姿を見せてくれませんでした!
c0094546_15522142.jpg

5月3日
西宮・夙川散策
  鯉のぼりが夙川の空に泳いでいました!
c0094546_16181897.jpg

c0094546_1618514.jpg

5月4日
西宮・夙川散策  
  白鷺が餌が来るのを待っている図
c0094546_16293713.jpg

帰宅の途につく
  バックミラーの夕日
c0094546_16211350.jpg

  養老SAで見た落日
c0094546_16233338.jpg


     今回も最後まで御覧いただき、心から感謝しております!!!!!

by mda-vinci | 2007-05-06 16:34 | 国内旅行・散策