ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 21日

師走の六本木散策

猪が犬を追いかけて「すぐ其処まで」来ている12月15日、六本木プリンスホテルをリザーブしました。妻の誕生祝と念願の六本木ヒルズの夜景を「ゆっくり」見て回るためです。
朝一番で、年賀状を郵便局に持って行き、市民大学で「中国の歴史と文学」を受講した後、師走の六本木に出かけました。
まず、ホテルでチェックインした後、夕暮れの「六本木ヒルズ」に向かいました。六本木ヒルズから見た夜景や毛利庭園は勿論のこと、『けやき坂』の「青と白」のイルミネーションも印象的でした。転勤先の福山で、家族でよく食べに行ったイタリアンレストラン「シシリア」の六本木本店で夕食を済ませ、麻布十番を散策し、ホテルに戻りました。
翌朝「ぶらぶら歩き」しながら、東京タワーを目指しました。途中、いくつもの坂に遭遇し、「坂の多い街」の印象を一層深くしました。「行合坂」「狸穴坂」雁木坂」「落合坂」などなど!
また、芝公園の紅葉越に見た東京タワーは、青空をバックに素晴らしい眺めでした。
芝大門の蕎麦屋「更科布屋」(創業:寛政三年)で昼食を済ませた後、歩いて三田・慶応大学のキャンパス」を見に行きました。銀杏の葉が「黄金の絨毯」のように敷き詰められた『演説館』、福沢諭吉の銅像のある『図書館』など、初めて見る『明治建築』の素晴らしさに呆然と見とれていました。
今回の散策も、本当に楽しく・印象に残るものでした。いつもの通り、散策中に撮影した写真をブログに掲載します。見ていただければ幸甚です。

《写真集》
12月15日
六本木ヒルズの夜景
  毛利庭園から見た六本木ヒルズ
c0094546_9495717.jpg

  毛利庭園の池に映った景色
c0094546_10524274.jpg

毛利庭園の夜景
  少し高所から見た毛利庭園(1)
c0094546_10151199.jpg

  少し高所から見た毛利庭園(2)  近くには庭園の紅葉、遠くにはライトアップされた「東京タワー」が眺められる
c0094546_102141.jpg

  平地から見た毛利庭園
c0094546_10281033.jpg

  ライトアップされた毛利庭園  テレビ中継のためにライトアップされた美しい毛利庭園
c0094546_10375139.jpg

                     水面に映る紅葉が素晴らしい!
c0094546_10452399.jpg

                     水面に映る六本木ヒルズ
c0094546_956225.jpg

「けやき坂」のイルミネーション
  見物客で賑わう「けやき坂」  青と白に統一されたイルミネーションが美しい!
c0094546_1124295.jpg

c0094546_11161223.jpg

c0094546_11173292.jpg

  「けやき坂」から眺めた六本木ヒルズ  長時間露出しているため、信号機の赤と青が同時に点灯している珍しい写真
c0094546_106181.jpg

  数字のある風景  「けやき坂」のテレビ朝日付近の風景
c0094546_11213650.jpg

c0094546_11301652.jpg

麻布十番方面から見た六本木ヒルズ 
c0094546_11355738.jpg

ホテルの窓から見た六本木ヒルズ
c0094546_1031039.jpg

六本木プリンスホテルの夜景
c0094546_11452297.jpg

12月16日
朝日に輝く六本木ヒルズ  
c0094546_11544591.jpg

c0094546_11493981.jpg

プリンスホテルの中庭兼プール
c0094546_12402746.jpg

行合坂の銀杏並木  横の建物は「麻布小学校」
c0094546_12453660.jpg

落合坂から見る東京タワー 
c0094546_1250764.jpg

東京タワー
  真下から見上げた東京タワー  周囲のフェンスに黄色のバラがひっそり咲いていた
c0094546_12584792.jpg

  カラフト犬の記念像  南極観測で活躍したカラフト犬を記念して造られたもの
c0094546_1342224.jpg

  芝公園の紅葉  太陽の光に透けて見える紅葉した楓の葉が美しかった!!! 
c0094546_1318134.jpg

  芝公園から見た東京タワー
c0094546_1385595.jpg

c0094546_13135360.jpg

  増上寺から見た東京タワー
c0094546_13211678.jpg

c0094546_1323122.jpg
  
  大門交差点から眺めた東京タワー  東京タワーの横に六本木ヒルズのビルが見える
c0094546_13445164.jpg

  三色蕎麦  芝大門にある老舗のそばや「更級布屋」で食べた蕎麦 創業:寛政3年(1791年)とのこと! 
c0094546_13332644.jpg

金杉橋の袂にある乗り合い船群
c0094546_13513328.jpg

西郷と海舟の会見場の跡   田町にあった旧薩摩屋敷跡に建てられた記念碑 
c0094546_13583685.jpg

慶応大学
  福沢諭吉の胸像
c0094546_14272243.jpg

  演説館  重要文化財 明治八年に福沢諭吉によって建てられたもの 銀杏の黄金の絨毯が気持ちよかった!!!
c0094546_1412639.jpg

  図書館  重要文化財 明治四十五年に義塾創立五十周年を記念して建てられたもの 
c0094546_14221514.jpg

c0094546_14311846.jpg

  図書館の入口
c0094546_1436714.jpg


        今回も最後まで御覧いただき、心から感謝しております!ありがとうございました!!!

《編集後記》
 今年を振り返ってみますと、本当に色いろなことがありました. しかし、総体的に見てみますと、後悔することが比較的少ない、充実した一年だったと感じています。
 正月の北海道旅行から始まって、4回の海外旅行、とりわけ念願の「北欧旅行」を楽しむことが出来ました。年初にはデジタル・一眼レフを購入し、写真クラブのメンバーになり、生まれて初めて「写真展」に出品し、「撮影旅行」にも参加しました。
 また、娘に手ほどきを受け、8月から「ブログ」も始めました。これは、旅行や散策で撮影した写真を「写真集」として纏め、掲載するものです。年末までに掲載したブログは、今回で20タイトルを数えるまでになりました。
 国立東京博物館の「友の会」にも継続して入会し、足しげく上野に出かけました。その都度開催される美術展や演劇、寄席、映画などにも機会あるごとに足を運びました。
 団地のゴルフクラブのメンバーにも入れてもらい、二度のコンペに参加し、楽しくプレイをすることが出来ました。一方、勤めていた会社の有志が年二回開催している「歩け歩け大会」にも顧問として参加し、秩父と犬吠埼近傍を完歩しました。
 その他、市民大学では、さまざまな分野の講義を受け、疑問点があれば、講師に質問するのは勿論のこと、帰宅後インターネットで納得行くまで調べるなど前向きに取り組んできました。前期は7講座、後期も6講座を受講し、非常に充実した時間を過ごす事が出来ました。
 勤めていた会社の先輩や後輩との交流の場?である「YYサロン」にも参加させてもらい、知的好奇心を大いに満足させることが出来ました。メンバー全員に心から感謝!感謝!です。
今年特筆すべき出来事は、サンルームの新設と年賀状を受付初日の15日の朝、郵便局に持っていったことでしょうか!
以上、今年一年を振り返って見ましたが、一日一日を大切にしてきたことが、悔いの少ない一年になったと感じています。来年も、この気持ちを忘れずに、『悔いのない日々』を送りたいと思っています。勿論、健康第一を肝に銘じ、実践するのは当然のことですが!
最後になりますが、私のブログを最期まで根気よく見ていただいた皆さんに心から感謝し、戌年の締めの言葉といたします。
本当にありがとうございました!!!!!

     

by mda-vinci | 2006-12-21 09:17 | 国内旅行・散策
2006年 12月 13日

城崎・出石旅行

11月22日夜、車で西宮の妻の実家へ向かいました。「無人の実家」の空気の入れ替えと亡き義父母の墓参りのためです。そのついでに、兵庫県の北部にある城崎温泉と城下町「出石」への小旅行を計画し、『二人と一匹』で楽しんできました。
この地方では、この時期が紅葉の真っ盛りで、全山錦秋の素晴らしい景色を堪能することが出来ました。円山川の畔にある「玄武洞」にも、二十数年ぶりに行き、幼い子供たちを連れて来た時のことを懐かしく思い出しました。
また、実家のすぐそばを流れる「夙川」の有名な桜並木は勿論のこと、甲山の墓地から見る六甲の山並みも目を見張るような見事な紅葉でした。
25日夕方、西宮を出発し、26日深夜1時頃無事自宅に到着しました。
この時撮影した写真をブログに掲載します。是非、御覧ください!

《写真集》
11月23日

城下町「出石」散策  
  出石城付近の案内図
c0094546_9465449.jpg

  出石城「登城門」
c0094546_9522395.jpg

  湖月堂の『出石蕎麦』  出石と言えば「皿蕎麦」ですね!
c0094546_9575013.jpg

  辰鼓楼  城下町「出石」のシンボル的建築物
c0094546_1022614.jpg

  大手前通り  下水道の鉄蓋にも辰鼓楼のデザインがあった
c0094546_10122112.jpg

  旧郵便局  郵便局のマーク「〒」が見えるが、現在は店舗として利用されている
c0094546_10242237.jpg

  家老屋敷の蔦  家老屋敷の塀に這っている紅葉した蔦模様
c0094546_10305973.jpg

  出石神社  赤い橋と黄色の銀杏のコントラストが美しい!
c0094546_10375057.jpg

  出石城へ登る石段からの風景
c0094546_10434244.jpg

  出石城境内にある楓の老木
c0094546_10492770.jpg

  出石城からの眺望  眼下に城下町の家並みと紅葉した山々の景色が眺められる
c0094546_1056945.jpg

  出石城と出石神社  城からの帰り道に眺められた全景
c0094546_1115846.jpg

城崎温泉
  城崎温泉の夕景  夕方、城崎温泉に到着!車の中から撮影
c0094546_1174616.jpg

  宿の夕食  カニ尽くし会席に舌鼓!特に刺身と焼き蟹が美味であった!!
c0094546_11291475.jpg

11月24日
城崎温泉   朝、城崎温泉街を貸自転車で散策した 
  末代山温泉寺「山門」
c0094546_11373086.jpg

           「薬師堂」
c0094546_114024100.jpg

           山門越に見る美しい紅葉
c0094546_11475067.jpg

           屋根に積もった銀杏の落葉
c0094546_11571238.jpg

  城崎温泉街の風景(1)  城崎の定番風景
c0094546_122132100.jpg

  城崎温泉街の風景(2)  少し奥まった街の風景/ 紅葉した山に温泉寺行きのロープウエイが見える
c0094546_12341561.jpg

  柳越に見る青鷺
c0094546_12254052.jpg

日和山海岸  
  展望台からの景色(1)  強風の中撮影!日本海の荒波が岩に砕けていた
c0094546_12451268.jpg
 
  展望台からの景色(2)  竜宮城と呼ばれている岩に打ち寄せる波濤を望遠で撮影!
c0094546_1248465.jpg
 
  展望台からの景色(3)  岩に打ち寄せ砕け散る波
c0094546_12572355.jpg

玄武洞公園
  案内図
c0094546_1345392.jpg

  玄武洞
c0094546_1393049.jpg

  玄武洞の柱状節理  玄武岩の名前の由来は玄武洞にあり
c0094546_13174938.jpg

  青龍洞全景
c0094546_1324478.jpg

  青龍洞の美しい岩石模様
c0094546_13314985.jpg

  青龍洞の岩壁に這う蔦
c0094546_133766.jpg

  白虎洞の横型柱状節理
c0094546_13433483.jpg

  北朱雀洞
c0094546_13501663.jpg

  南朱雀洞
c0094546_13483535.jpg

  愛犬「ミニ」  玄武洞公園を散策時に撮影!
c0094546_20185170.jpg

円山川  
  ススキの群落(1)  対岸の紅葉との対比が素晴らしかった!
c0094546_13562626.jpg

  ススキの群落(2)  川沿いに何処までも延びる一本道その脇にススキの穂が風に靡く!
c0094546_14014100.jpg

再び城下町「出石」
  紅葉越の辰鼓楼
c0094546_14133966.jpg

  蕎麦を食べた湖月堂  出石の「皿そば」を食べるために帰路、出石に立ち寄ることに!
c0094546_14174486.jpg

  出石の古い家並み
c0094546_14205351.jpg

  美しい格子模様
c0094546_1426690.jpg

  古い酒蔵
c0094546_14344173.jpg

紅葉した蔦の葉(1)  古い酒蔵の壊れた壁に這う蔦の葉
c0094546_1516841.jpg

c0094546_1518457.jpg
 
  紅葉した蔦の葉(2)  空き地の塀に這う蔦の葉
c0094546_15213187.jpg
 
  紅葉した蔦の葉(3)  小屋のいた壁に這う蔦の葉
c0094546_15243790.jpg

登城門から見た出石城
c0094546_15294389.jpg

11月25日
西宮
  夙川の紅葉(1)  尾長鴨が川面でのんびり遊んでいました
c0094546_165221.jpg

  水面に遊ぶ尾長鴨
c0094546_1711727.jpg

  水に潜る尾長鴨
c0094546_177095.jpg

  一斉に毛繕いをする尾長鴨
c0094546_1718527.jpg

  夙川の紅葉(2)  川を流れる落葉の美しさに感激!!!
c0094546_17223016.jpg

  落葉(1)  流れる落葉
c0094546_17273936.jpg

  落葉(2)  留まる落葉
c0094546_1735810.jpg

  落葉(3)  堰き止められた落葉
c0094546_17384992.jpg

夙川公園の風景
c0094546_1841386.jpg

  夙川公園の無人のベンチ
c0094546_1843569.jpg

  甲山霊園から見た紅葉の六甲山
c0094546_18502790.jpg

c0094546_18523930.jpg

  甲山霊園から見た宝塚方面の景色
c0094546_18555625.jpg


   今回も最後まで辛抱強く御覧いただき、心から感謝しております!頓首!!!

by mda-vinci | 2006-12-13 09:25 | 国内旅行・散策
2006年 12月 04日

師走の銀座・新橋散策

12月1日、五木寛之の講演を聴きに「東京国際フォーラム」へ妻と一緒に出かけました。
講演前・後の時間を利用して、皇居のお堀や銀座、汐留・カレッタなどをぶらぶら散策しました。
お堀には鴨「キンクロハジロ」と白鳥が泳ぎ、カレッタでは波をモチーフにした光のページェントが始まったばかりでした。葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」を彷彿とさせるイルミネーションに圧倒されました。また、旧新橋駅の蒸気機関車のイルミネーションも印象的でした。
銀座は、クリスマスのイルミネーションで飾られていましたが、華やかさに欠ける印象を持ったのは私一人でしょうか?チョット寂しい師走の銀座通りだなと思いながら歩きました。
今回は、写真撮影をする予定はありませんでしたので、コンパクト・デジカメしか持って行きませんでした。しかし、久しぶりの東京の風景を見て、どうしても写真を撮りたい欲望に負け、撮影してしまいました。
その時の写真をブログに掲載します。見ていただければこんなに嬉しいことはありません。

《写真集》
汐留・カレッタ
  広場で見つけた美しい昆虫「アカスジキンカメムシ」  こんなところにいるなんて驚き!
c0094546_2213295.jpg

c0094546_2254886.jpg

皇居のお堀
  白鳥とキンクロハジロの水上遊戯
c0094546_20305746.jpg

c0094546_2221246.jpg

  キンクロハジロが発生させた波のリング
c0094546_203469.jpg

  白鳥の毛づくろいと波紋
c0094546_20373627.jpg

銀座  
  銀座4丁目交差点の風景(1)  服部時計店方向
c0094546_2175375.jpg

  銀座4丁目交差点の風景(2)  三越方面
c0094546_20452422.jpg

  銀座4丁目交差点の風景(3)  新橋方向
c0094546_20514192.jpg
  
  新橋付近から見た銀座方面
c0094546_2055161.jpg

旧新橋ステーション
  旧新橋駅のイルミネーション全景
c0094546_2101844.jpg
  
  蒸気機関車のイルミネーション
c0094546_215963.jpg

汐留・カレッタ
  広場に立つ「光の塔」
c0094546_2112863.jpg

  音と光のインスタレーション
      12/1~12/25まで開催される「海のクリスマスイルミネーション」 /総合プロデュース:雅楽師 東儀 秀樹氏  
      20万の光の粒が織りなす幻想的な海を表現!光の波間に聳えるのは「祈りの塔」
  光のオブジェ「波」(1)
c0094546_2116159.jpg

          「波」(2)
c0094546_2119674.jpg

          「波」(3) 葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」を彷彿とさせるイルミネーションですね!
c0094546_2121587.jpg
  
          「波」(4)  東儀 秀樹氏の作曲した「Blue Ocean」が流れる中、光の色が変化する10分間です!
c0094546_21501960.jpg

          「波」(5)
c0094546_21535794.jpg

          「波」(6)
c0094546_21563381.jpg

          「波」(7)
c0094546_2158315.jpg


《編集後記》
速いもので、戌年もあと「1月足らず」でイノシシにバトンタッチすることになりますね!
「光陰矢のごとし」とは当に至言ですね。我が家では、植木の手入れも終わり、残るメイン・イベントは、「妻の誕生会」と「年賀状書き」それに「年末の大掃除」です!
今年1年、いろいろな出来事がありました。五木寛之の言葉を借りれば、「心が病んでいる」時代、「心の戦争」の時代といえるでしょう。信じられないことが次から次に起こっています。心が痛みます!
来年は、少しでも明るいニュースが増えることを祈りながら編集後記を結びます。

《参考》 五木寛之の講演で印象的な言葉
      ①良寛が愛した漢詩
         千峰雨霽露光冷(大燈国師)  
         君看双眼色  不語似無憂(白隠禅師)⇒こちらだけを引用!
      ②愁⇔憂    ③悒(ユウ)と恨(ハン)  ④心萎える時   ⑤衆生  など

by mda-vinci | 2006-12-04 20:00 | 国内旅行・散策