ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 03日

2015年春 ドイツ旅行(5)

引き続き、「2015年春 ドイツ旅行(5)」をご覧ください。

4月02日(木)  ワイマールでの昼食後、世界遺産・アイゼナッハに向かいました。
アイゼナッハへの道中風景
c0094546_1162713.jpg
c0094546_1164680.jpg

c0094546_11215340.jpg

アイゼナッハに到着時、雨上がりの上に霧で視界も悪く、山上のヴァルトブルク城へは上らずに街中を重点的に観光することになりました。その後、天気は急速に回復し、気持ち良く散策することが出来ました。
アイゼナッハ
アイゼナッハの誇りは、何と言ってもヴァルトベルク城でしょう。この城は、ドイツでも屈指の歴史を誇る古城だそうです。また、バッハが生まれた街、ルターが学んだ地としても知られています。
下から見上げたヴァルトブルク城
c0094546_1119543.jpg
c0094546_11201266.jpg

バッハの家
c0094546_11304641.jpg

バッハのブロンズ像
c0094546_11312573.jpg

マルクト広場へ行く途中の街並
c0094546_11323133.jpg

マルクト広場に建つ「市庁舎」
c0094546_11354381.jpg

マルクト広場の周辺の建物群
c0094546_11384842.jpg
c0094546_1139179.jpg
c0094546_11391794.jpg

マルクト広場の噴水
c0094546_1140196.jpg
c0094546_11404489.jpg
c0094546_11402949.jpg

ゲオルク教会の建物と内部風景
c0094546_1233417.jpg

c0094546_1234166.jpg
c0094546_1234222.jpg
c0094546_12344449.jpg

美しい木組みの家とその後方に聳える教会の塔
c0094546_12413378.jpg

ルターの家  この街に現存する最古の家で、学生時代のルターはここに1498年から3年間下宿したとのこと。現在、修理中でした。
c0094546_12465780.jpg

街角で出会い、写真を撮らせて貰ったモップ犬と飼い主の御婦人
c0094546_1248619.jpg

アイゼナッハの散策終了後、約210km離れたフランクフルトへ車を走らせました。
フランクフルト遠望  車窓からフランクフルトの現代的なビル群を眺める事ができました。
c0094546_1256488.jpg

ホテルに到着しました。 ロビーで撮った天井の鏡に映るロビー風景です。
天井に映るロビーの風景
c0094546_1258398.jpg

ロビーに飾られたイースターの飾りもの
c0094546_1259416.jpg

夕食のレストランへ行く途中の風景
フランクフルトの落日
c0094546_1311586.jpg

フランクフルトの車窓風景
c0094546_1325864.jpg
c0094546_1331161.jpg

4月03日(金)  今日は、最初にリューデスハイムを散策し、その後ライン川の古城を見ながらのドライブ、そして、ボンおよびケルンを訪れる予定です。これで、今回の旅行はすべて終了することになります。
ホテルの庭に咲いていた白い木瓜の花
c0094546_13134178.jpg

リューデスハイムへの道中風景
c0094546_13164420.jpg
c0094546_13165690.jpg
c0094546_1317840.jpg
c0094546_13172071.jpg

リューデスハイム
ライン川の右岸にある長い歴史を持つワイン醸造と水運の小さな街です。現在も葡萄畑が多く見られ、ライン川沿いにある古城観光の出発地でもあります。また、この街は15世紀に造られた狭い石畳の道「つぐみ横丁」でも有名です。道の両側にはワインとそれに合う料理を提供するレストランで犇めき合っています。
ブレムザー城  この建物は中世に建てられた古城ですが、現在はワイン博物館として使われています。
c0094546_13334462.jpg
c0094546_1334485.jpg

つぐみ横丁  
リューデスハイムの市街地の中心部にある、長さ150mの石畳の狭い路地で、その両側に可愛らしい建物が並び、名物のワインハウスやレストラン、ホテルなどが軒を連ねています。
つぐみ横丁の入口の看板と壁画
c0094546_1342241.jpg

つぐみ横丁の入口を示す看板とタイル絵
c0094546_13435488.jpg

つぐみ横丁の街並
c0094546_1632459.jpg
c0094546_163337.jpg
c0094546_16334160.jpg
c0094546_16332576.jpg

c0094546_16335228.jpg

つぐみ横丁の店の看板とつぐみ時計
c0094546_16375112.jpg

c0094546_16381932.jpg

シャッターに描かれた絵
c0094546_1783972.jpg

ワインの試飲会場
c0094546_1642981.jpg

リフトからの眺望
 広がる葡萄畑
c0094546_16435416.jpg
c0094546_16441094.jpg

 葡萄畑の径を登る犬を連れたハイカーたち
c0094546_1649592.jpg

 眼下に見えるブレムザー城とライン川
c0094546_16482271.jpg

c0094546_16554044.jpg

 ニーダーヴァルト  展望台に立つ「ニーダーヴァルト」は、ドイツ帝国の誕生を祝って1883年に完成した高さ38mの記念碑です。
c0094546_1722032.jpg

c0094546_1724838.jpg

展望台からの眺望
c0094546_1751442.jpg
c0094546_1752611.jpg
c0094546_1754339.jpg

木組みが美しいメカニカル楽器博物館
c0094546_17101252.jpg

つぐみ横丁や展望台からの素晴らしい眺望を満喫した後、ライン川沿いに点在する古城を眺めながらのドライブに出掛けました。
ライン河畔に佇む古城  
ほとんどすべての古城をカメラに収める事が出来ました。走行中の車窓から撮影した割には満足いく出来栄えだと思っています。 リューデスハイムからコブレンツまで15の古城がありました。廃墟同然のもの、ホテルとして利用されているものなど様々のようです。
ブレムザー城  10世紀に築かれた古城ですが、現在、ワイン博物館として使用中です。
c0094546_17391773.jpg

クロップ城  ローマ時代に建設され、マインツ大司教の統治下にあったそうですが、現在、町役場として利用中です。
c0094546_17501918.jpg

エーレンフェルス城  1211年に築かれた城ですが、1689年の戦争で廃墟になったそうです。
c0094546_1719881.jpg

ラインシュタイン城  11世紀に建設され城ですが、一時期は盗賊の巣窟にもなったようです。現在、レストラン・博物館として利用中です。
c0094546_17203471.jpg

ライヒェンシュタイン城  900年頃に完成し、税関所として使われたそうです。19世紀に再建され、美しい城として人気があります。
c0094546_1721564.jpg

ゾーンエック城  ライン川流域で特に美しい城として有名です。19世紀には王家の狩猟城として利用されたそうです。
c0094546_17241130.jpg

フュルステンベルク城  17世紀にスペイン軍などに占領され、破壊されて以来廃墟のままだそうです。
c0094546_1727097.jpg

シュタールエック城  11世紀頃に建設、13世紀から約550年間ヴィッテルスバッハ家が所有したそうです。現在、ユースホステルだそうです。
c0094546_17285657.jpg

プファルツ城  14世紀頃、通行税を徴収する関所として中州に建てられた城です。現在、資料館になっているそうです。
c0094546_1731784.jpg

グーテンフェルス城  1200年頃築城され、神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世が愛した城として知られています。
c0094546_17314977.jpg

シェーンブルク城  小高い丘に建つ人気の古城ホテルで、12世紀頃の建設だそうです。
c0094546_17333274.jpg

猫城  絶景を見下ろす高台に立つ城です。1317年に築城され、城主の名前をつけた城だそうです。
c0094546_17351023.jpg

c0094546_17341618.jpg

ラインフェルス城  1245年に建設された城ですが、18世紀末に廃城となりましたが、現在、ホテルとして営業中だそうです。
c0094546_17364012.jpg

ネズミ城  正式名はトゥルブルク城ですが、すぐ隣にある猫城に狙われているような位置にあるため、この名で呼ばれるようになったそうです。
c0094546_17371461.jpg

マルクスブルク城  12世紀頃に建設された古城ですが、戦乱による破壊を免れ、現在も昔と変わらない姿で立っています。
c0094546_1738921.jpg

古城の写真撮影に夢中になっているうちに、次の目的地「ボン」に到着しました。
ボン
ボンは、旧西ドイツの首都でしたが、ベルリン壁の崩壊後はベルリンが首都となりその役目を終えました。欧州統合後の総合情報発信基地を目指して脱皮中と言われています。また、ボンといえばベートーベンが生まれた土地として夙に有名です。
ボンの城門
c0094546_2017189.jpg

ボン大学の校舎  1705年にケルン選帝侯の居城として建てられた壮麗な宮殿です。濃い黄色の外壁がとても美しく印象的でした。
c0094546_20203096.jpg
c0094546_20205926.jpg

ボン大学とホーフガルテンの間の美しい石畳
c0094546_20224090.jpg

「ポッペルスドルフ宮殿」遠望
c0094546_20272891.jpg

ミュンスター寺院  ロマネスク様式からゴシック様式に移行する過渡期の最高傑作と言われている教会です。
c0094546_2025999.jpg
c0094546_20252772.jpg

ミュンスター広場とベートーベンの銅像  背後の黄色い建物は、郵便局だそうです。
c0094546_20284140.jpg
c0094546_20285332.jpg

ベートーベンの生家  
1770年に屋根裏で生まれ、22歳まで暮らしたのがこの家だと言われています。愛用のピアノや楽譜なども展示されているそうですが、休館日で見る事が出来ませんでした。
c0094546_20305581.jpg

ボンの街角でのスナップ写真集
神様の落とし物?  巨大な石の頭が2つ道端に転がっています・。不思議そうに眺めている人や写真を撮る人等をスナップしました。
c0094546_20394416.jpg

c0094546_20523632.jpg

ハリボは如何?  ハリボの店先で、外を通るご婦人に声をかけているような風情を感じました。
c0094546_2045454.jpg

闖入者に注目!  ミュンスター広場で寝そべっていた犬に近づいた犬へみんなの視線が集まった瞬間です。
c0094546_20482674.jpg

ポテトフライを強請る犬
c0094546_20491831.jpg

公園で遊ぶ子供たち
c0094546_20535064.jpg

ポテトフライはいかが?  父親が子供に勧めている姿とその様子を眺めている母親の姿が面白いですね。
c0094546_20562732.jpg

ケルン
紀元前1世紀より繁栄した歴史の古い街で、世界遺産に登録されているケルン大聖堂や香水の発祥の地としても知られています。ドイツ第4の都市として今も発展し続けている魅力的な町です。
ケルン大聖堂へ行く途中、車窓から見たケルンの風景
ライン川に架かる鉄橋
c0094546_6244791.jpg

ゼヴェリン橋付近の雑踏風景  この橋の近くに「チョコレート博物館」を見つけました。
c0094546_6254133.jpg

面白い鳥のモニュメント
c0094546_6262314.jpg

独特な形をした鉄道駅舎
c0094546_6271731.jpg

ケルン大聖堂
ゴシック様式の建築物としては世界最大の2つの塔も持つ大聖堂です。創建は13世紀ですが、16世紀に一時中断され、1880年になってようやく完成したものです。尖塔の高さは157mを誇り、威風堂々たる建物です。正面入口の彫刻群も非常に印象的で素晴らしいですね。
c0094546_6423821.jpg
c0094546_6424756.jpg
c0094546_6505224.jpg
c0094546_6432698.jpg

ケルン大聖堂とローマゲルマン博物館
c0094546_645748.jpg

大聖横の噴水
c0094546_6474351.jpg

市街を走る観光用汽車
c0094546_6524998.jpg

街角風景
c0094546_6552698.jpg

ケルン大聖堂の圧倒的な存在感に度肝を抜かれ、心を残しながらケルンの街を後にしました。ケルンからフランクフルトまで約200kmの道をバスで戻りました。
帰途、橋の上から見たライン川とケルン大聖堂
c0094546_74832.jpg
c0094546_74172.jpg

フランクフルト到着前の車窓風景
c0094546_710151.jpg

フランクフルト遠望  やっと、フランクフルトのビル群が見えて来ました。
c0094546_7114272.jpg

フランクフルトに到着
c0094546_713077.jpg
c0094546_7131239.jpg

夕食のレストラン  帰り際、このレストランを記憶に残したいと思い撮影したものです。
c0094546_7241447.jpg
c0094546_724265.jpg
c0094546_72435100.jpg

4月04日(土) ホテルを出発し、フランクフルト空港からルフトハンザドイツ航空で帰国の途へ
フランクフルト空港で撮影したのスナップ写真
c0094546_862346.jpg
c0094546_863928.jpg
c0094546_864832.jpg

4月05日(日)
無事、成田国際空港に到着し、ドイツ旅行は終了しました。
成田に着陸したルフトハンザドイツ航空機
c0094546_832159.jpg

以上で、「2015年春 ドイツ旅行」のブログを全て終了します。 最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。 感謝!カンシャ!!です。

by mda-vinci | 2015-05-03 11:06 | 海外旅行


<< 2015年05月  薔薇の花咲...      2015年春 ドイツ旅行(4) >>