ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 29日

2015年春 ドイツ旅行(1)

2015年3月27日から10日間でドイツ各地を巡る旅に出掛けました。ドイツの天候も不安定で、ころころ変わる天気に翻弄された旅でもありました。晴れたと思ったら驟雨に見舞われたり、雪が降りだしたり、今まで経験したことのない旅でした。幸いなことにと言うか、不思議な事にと云うか、車で走行中に降雨に遭遇しても、観光目的地に到着した時には雨も上がり、青空の下で名所・旧跡の散策を楽しむことが出来ました。
今回の旅行は、今までに訪問した事のある土地は懐かしい気持ちで、未知の場所は好奇心を全開にして、極めて楽しく、面白い気持ちで旅を続けることが出来ました。下記に旅行の日程表を記載するとともに、旅行中に撮影した写真をアップします。よろしければ、ご覧ください。

《旅行日程》
3月27日(金)  ルフトハンザドイツ航空で成田から出発。 トイレの不具合で、出発時間は、大幅に遅延。
           フランクフルト着後、ルードヴィヒスハーフェンのホテルへ    エクセルシオール泊
3月28日(土)  世界遺産・シュパイヤー大聖堂を観光後、ハイデルベルクへ。 
           ハイデルベルクでは、ハイデルベルク城、アルテ橋、旧市街地を散策。昼食後、ローテンブルクへ。
           ローテンブルグでは、マルクト広場、市庁舎、ヤコブ教会を見学したり、市街地の散策や名物グルメを堪能。
                                                ローテンブルク・ツール リンデ泊
3月29日(日)  ロマンチック街道を通り、ホーエンシュバンガウへ。 昼食後、ノイシュバンシュタイン城散策。途中、聖コロマン教会も。
           ミュンヘンへ移動する途中、世界遺産・ヴィース巡礼教会を訪問。  ミュンヘン・ゲルマニア泊
3月30日(月)  ニュルンベルク観光:カイザーブルク城、フラウエン教会、聖ローレンツ教会、美しの泉など
           昼食後、世界遺産・バンベルクへ。 レグニッツ川沿いの古い街並、新旧宮殿、バンベルク大聖堂、旧市庁舎など
           バンベルク散策後、ケムニッツへ                  ケムニッツ・ペンタ ケムニッツ泊
3月31日(火)  マイセンでは、国立マイセン磁器製作所の工房見学及びショッピング。次の目的地のドレスデンへ
           ドレスデン市内観光:フラウエン教会、ツヴィンガー教会、君主の行列、ゼンパーオペラ、旧市街地など
           昼食後、ライプツィヒへ。到着後、トーマス教会、旧市庁舎など散策。 ペンタ ケムニッツ:2連泊
4月01日(水)  ケムニッツを出発し、ポツダムへ。 昼食後、ポツダム観光:世界遺産・サンスーシー宮殿散策。
           ベルリンでは、ブランデンブルク門、ベルリンの壁、世界遺産・博物館島周辺の散策。
           ドイツ民芸品店でお土産を購入後、ホテルへ。           ベルリン・ペンタ ポツダム泊
4月02日(木)  世界遺産・ワイマール観光:ゲーテの家、ゲーテとシラーの像、シラーの家など。 観光後、アイゼナッハへ。
           世界遺産・アイゼナッハでは、ヴァルトブルク城、市庁舎、バッハの家など散策。
           アイゼナッハ観光後、フランクフルトへ。         フランクフルト・シェラトン コングレス泊
4月03日(金)  ホテル出発後、リューデスハイムへ。 つぐみ横丁、ワインの試食、ニーダーヴァルトなど堪能。
           その後、ライン川をドライブしながら、数多くの古城を見物。 ボンへ
           ボン到着後、ミュンスター寺院、ベートーベンの生家及びブロンズ像、ホーフガルテン、ボン大学など観光。ケルンへ。
           ケルンでは、世界遺産・ケルン大聖堂を見物。 観光後、フランクフルトへ。 シェラトン コングレス2連泊。
4月04日(土)  ホテルを出発後、フランクフルト空港へ。 ルフトハンザドイツ航空で帰国の途へ。
4月05日(日)  早朝、成田国際空港着。 無事、帰国!

《写真集》
3月27日(金)  成田国際空港からフランクフルトに向けてルフトハンザドイツ航空で出発です。
搭乗するルフトハンザドイツ航空の飛行機
c0094546_1610531.jpg

新潟上空から見た機窓風景
c0094546_16122046.jpg

ロシアの大地  機窓から撮影した眼下に見えたロシアの大地です。
c0094546_16145249.jpg

c0094546_1621330.jpg

c0094546_16214073.jpg

c0094546_16153919.jpg

フランクフルト上空から見た風景
c0094546_16233644.jpg

フランクフルトからルードヴィヒスハーフェンへ向かう途中の風景  光芒が実に見事でした。
c0094546_16262619.jpg
c0094546_16263559.jpg

3月28日(土)  午前中にシュパイヤーとハイデルベルクを訪問し、午後にはローテンブルクを観光します。
シュパイヤー大聖堂  
コンラート2世が建築を命じ、11世紀に完成した世界最大のロマネスク様式の堂々たる聖堂です。1981年に世界遺産に登録されました。
外から眺めた大聖堂の建物
c0094546_16434732.jpg

c0094546_16431742.jpg

c0094546_16451390.jpg

境内に造られたオリーブの丘
c0094546_16471177.jpg

大聖堂の正面を飾る大きな円形の窓
c0094546_16484887.jpg

大聖堂の入口扉
c0094546_16505871.jpg

大聖堂の入口左右にある彫刻群  この彫刻は右側に置かれたものです。
c0094546_1653257.jpg

大聖堂の内部風景  祭壇には巨大十字架、壁には色彩豊かな壁画、パイプオルガン、ロマネスク特有の分厚い壁の窓などがありました。
c0094546_1724191.jpg

c0094546_1659522.jpg

c0094546_1701766.jpg
c0094546_1713122.jpg
c0094546_1714484.jpg

大聖堂周辺の街並風景
c0094546_1755235.jpg
c0094546_176323.jpg

バスに戻っている時、大聖堂の境内を犬を連れて散歩するご夫婦にも遭遇しました。ゆったりした幸せな気持ちで、大聖堂を後にしました。
c0094546_17101472.jpg

ハイデルベルク
1386年に創設されたドイツ最古の大学「ハイデルベルク大学」と中世の城が織りなす風情ある佇まいが残る街です。ゲーテやショパンなど多くの詩人や芸術家に愛された街としても有名です。また、城からの眺望は絶景かな!絶景かな!!
城門から見たハイデルベルク城
c0094546_1726623.jpg

ハイデルベルク城の雄姿
c0094546_17271382.jpg
c0094546_17272382.jpg

c0094546_17294892.jpg

城壁に飾られた城主などの彫刻群
c0094546_17301913.jpg

c0094546_17303692.jpg

ハイデルベルク城のテラスからの眺望
c0094546_1732920.jpg

c0094546_17342468.jpg

c0094546_17323478.jpg

c0094546_17345422.jpg

場内にある巨大なワインの大樽  世界最大規模で、直径7m、長さ8.5m、約22万2千リットルあるそうです。
c0094546_17415721.jpg

大酒飲みで大樽の番人「ペルケオ像」
c0094546_17532878.jpg

大樽の螺旋階段の陰と影
c0094546_17451537.jpg

城門の鐡柵と飾られている彫刻
c0094546_17472968.jpg
c0094546_1748971.jpg

ケーブルカーで下に降り、旧市街やカール・テオドール橋などを散策しました。
マルクト広場の市庁舎と聖霊教会
c0094546_1824870.jpg

c0094546_183127.jpg

マルクト広場のヘラクレス像と噴水
c0094546_1842443.jpg
c0094546_185214.jpg

カール・テオドール橋  
1788年に選帝侯カール・テオドールにより建設された街のシンボル的な橋です。通称「アルテ・ブリュッケ(古い橋)」と呼ばれているそうです。
c0094546_18135081.jpg
c0094546_18104491.jpg
c0094546_18105179.jpg

橋上から見たハイデルベルク城
c0094546_1813171.jpg

ハイデルベルクのストリート風景  街かどでスナップした写真です。
刃物屋の店頭風景
c0094546_18182524.jpg

眼鏡屋のショーウインドー越しの風景
c0094546_1820662.jpg

本屋の店先風景
c0094546_1821514.jpg

衣服売り場の店先風景
c0094546_18243475.jpg

繁華街を行き交う人々
c0094546_18253792.jpg

繁華街の街頭飾りと店頭看板
c0094546_18265441.jpg

c0094546_18315142.jpg

店に飾られていた木製の人形たち
c0094546_20134760.jpg

市街地からみたハイデルベルク城
c0094546_18325525.jpg

道路脇に止められていた3台の自転車
c0094546_2012371.jpg

ハイデルベルクを後に、次の目的地・ローテンブルクに向かいました。
ローテンブルク
タウバー渓谷の高台にあるローテンブルクは、御伽話に出てくるような美しい街です。17世紀の三十年戦争や第二次世界大戦にも耐え、中世そのままの姿で美しく保存されている街並は世界中の人々を惹き付けて止まない魅力があります。
ローテンブルクの城門
c0094546_20162086.jpg

城壁内側の回廊への階段を登る人々
c0094546_20221535.jpg

回廊から見た旧市街の風景
c0094546_20251085.jpg
c0094546_20253536.jpg
c0094546_20255249.jpg
c0094546_20264535.jpg

回廊の屋根裏
c0094546_202725100.jpg

旧市街地側から見た城壁
c0094546_20292920.jpg

ローテンブルクの街並風景
c0094546_2033454.jpg
c0094546_20343672.jpg

店先に掲げられたさまざまな看板
c0094546_20355843.jpg
c0094546_20361269.jpg
c0094546_20362993.jpg

c0094546_20374515.jpg
c0094546_2038536.jpg
c0094546_20382171.jpg

ローテンブルクの市庁舎  
14世紀のゴシック建築と16世紀のルネサンス様式が融合した建物で、戦争で破壊されましたが、寄付に寄り復元されたそうです。
c0094546_20432337.jpg

c0094546_20565666.jpg

c0094546_20572772.jpg

市参事宴会場  
現在、観光案内所として使用中。正面壁の仕掛け時計は、三十年戦争の際に敵から街を守った市長の物語を再現しています。 ビールを飲み干す市長の動作を表しているそうです。
c0094546_20483073.jpg
c0094546_20494594.jpg
c0094546_20495244.jpg

木組が実に美しい建物
c0094546_20543633.jpg

ローテンブルクのいろいろな店を見て歩きました。ウインドーショッピングをしたり、店内を見て廻ったりしながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。
バウマイスターハウス  16世紀の建物を利用した由緒あるレストランで、カフェもOK。シュネーバレンを買って、内部を拝見しました。
c0094546_21283563.jpg

ウインドーショッピング
木製人形
c0094546_21221789.jpg

シュネーバレンなどの御菓子
c0094546_2123557.jpg

陶器などのお土産品
c0094546_21291672.jpg

テディベア専門店
c0094546_21252731.jpg

散策途中で雨がぱらつきだしたので、ホテルへ戻る事にしました。空も少し暗くなり、店にも灯りが灯り始めました。
ホテルへ戻る途中に撮影した風景
木組が美しい家屋のある路地
c0094546_21344956.jpg

聖ヤコブ教会を望む  完成までに膨大な時間を費やしたゴシック様式の街の主教会だそうです。
c0094546_21354597.jpg

城門とホテル  この左側のホテルは、前回訪問時に宿泊した思い出の宿です。
c0094546_2151265.jpg

この城門を潜り、ホテルへの路を急ぎました。これで、ローテンブルクの散策も終了です。

引き続き、「2015年春 ドイツ旅行(2)」をご覧ください。 次のブログには、ノイシュバンシュタイン城も登場します!

by mda-vinci | 2015-04-29 08:55 | 海外旅行


<< 2015年春 ドイツ旅行(2)      2015年02月 横浜中華街「春節」 >>