ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 07日

春彩ベネルクス三国旅行(4)

         引き続き、「春彩ベネルクス三国旅行(4)」を御覧下さい。

《旅行写真集》
4月5日(土)  午前中、ゲント観光に出掛け、昼食後にブルージュを観光しました。
ゲント
「20の島に70もの橋が架かる町」といわれる水の都。10~12世紀にフランドル伯が居城を置いたことにはじまり、中世には毛織物工業で繁栄したとのこと。また、神聖ローマ皇帝カール5世の誕生の地としても知られています。

聖バーフ大聖堂  
カール5世が洗礼を受けたゲント最古の教会。後期ロマネスクから後期ゴシックまでの様式がみられるそうです。ヤン・ファン・アイクによる祭壇画「神秘の子羊」は、15世紀フランドル絵画の最高傑作として人々に親しまれ、ゲントの至宝とも言われています。
c0094546_21261924.jpg

ファン・アイク兄弟のブロンズ像  後方に見えるのが聖バーフ大聖堂とベルフォート(鐘楼)です。
c0094546_21293310.jpg

ベルフォート(鐘楼)  ゲントの自治権の象徴として、14世紀にギルドによって建てられたもの。高さ90mで街の望楼としての役目も果たしてきました。
c0094546_21351081.jpg

ベルフォートの尖塔  尖塔には、金箔を施したゲントを守護するドラゴンの像が飾られています。
c0094546_21353083.jpg

聖バーフ大聖堂の内部風景
 大聖堂の内部風景
c0094546_21492074.jpg

 大聖堂のステンドグラス
c0094546_919938.jpg

c0094546_9192287.jpg

 中央祭壇のキリスト像
c0094546_8102031.jpg

 真理の説教壇  デルボー作の「真理の説教壇」を飾る彫刻群も素晴らしい!
c0094546_22582197.jpg

 三連祭壇画「神秘の子羊」  門外不出のヤン・ファン・アイクの祭壇画。そのコピーを見ることが出来ました。
  中央には黙示録に述べられる「神秘の子羊」が描かれ、諸聖人による子羊の礼拝と全人類の魂の救済を描いているといわれています。
c0094546_8153446.jpg
 

  この祭壇画は、上下2層に分かれ、11枚の独立した絵画で構成される大祭壇画です。裏側にも絵が描かれており、合計19枚の絵がありました。
c0094546_8155524.jpg

  左からマリア、キリスト、ヨハネが描かれているそうです。    
c0094546_816656.jpg

 ルーベンス作「聖バーフの修道院入門」  大聖堂の壁面にさりげなく飾られていました。
  この絵を見ている観光客
c0094546_842202.jpg

  全体図
c0094546_8425093.jpg

  部分(1)
c0094546_843360.jpg

  部分(2)
c0094546_8431639.jpg

  部分(3)
c0094546_8432772.jpg

大聖堂内でハープを弾いていた人
c0094546_9224552.jpg

聖バーフ広場から見た風景  右手にフランドル王立劇場、正面にベルフォート(鐘楼)が見えます。
c0094546_927836.jpg

聖ニコラス教会  まだベルフォートが建てられていなかった時代のもので、11世紀のロマネスク教会が13~15世紀に建替えられもの。
c0094546_9391885.jpg

市庁舎  4世紀がかりで建てられ、後期ゴシックやルネッサンスの様式が見ることが出来ます。
c0094546_9434181.jpg

噴水「フラマン語勝利の泉」とフランドル王立劇場  フラマン語とはオランダ語のことだそうです。
c0094546_1294680.jpg

郵便局のゴシック調の建物  郵便局の前は広場になっており、大勢の若者や観光客が集い、賑わっていました。
c0094546_12131189.jpg

コーレン・マルクト広場のメリーゴーラウンド  後方の建物は、現在「郵便局」として使われています。  
c0094546_9471442.jpg

メリーゴーラウンドで楽しむ子供たち
c0094546_9492060.jpg
c0094546_949885.jpg

面白い彫刻の家  屋根の上に面白い恰好をした彫刻が飾られており、観光客の眼を惹きつけていました。
c0094546_1005432.jpg

聖ミヒエル教会と聖ミヒエル橋
c0094546_1061598.jpg

聖ミヒエル橋上から見たゲントの街並  正面に聖ニコラス教会、その後方にベルフォートが見えます。
c0094546_1093643.jpg

聖ミヒエル橋から見たレイエ川と建物群  川には遊覧ボート、左岸にはコーレンレイの建物群、右岸には花嫁・花婿、正面にはフランドル伯居城が見えます。
c0094546_10171279.jpg

河岸を歩いて来た花嫁・花婿
c0094546_1027520.jpg

遊覧ボートの子供たち  みんな楽しそうで、中には手を振ってくれる子もいました。
c0094546_10325325.jpg

レイエ川の右岸に見えるグラスレイのギルドハウス
c0094546_10294364.jpg
 
聖ミヒエル橋と遊覧ボート  この橋は、1905年から1909年にかけて、ルイ・クロケが設計して完成した石造りのアーチ橋です。
c0094546_10341417.jpg

聖ミヒエル橋の街灯  橋の中央部にある聖ミヒエルのブロンズ像が立つ街灯です。
c0094546_10144319.jpg
 
フランドル伯居城  昔、フランドル地方を治めた領主は「フランドル伯」と呼ばれた。この城は1180年にアルザス家のフィリップが要塞として建てたものだそうです。
c0094546_10441956.jpg
 
旧魚市場  ゲントで一番古い聖ヴェーレ広場にあり、17世紀に建造されたもの。入口には海神ネプチューンの彫像と両脇に2つの川を象徴する男性像と女性像が飾られています。
c0094546_11335534.jpg
 
市場の壁を飾る魚介類たち
c0094546_1137531.jpg
c0094546_11365497.jpg

大肉市場  中世の屋内肉市場。1406年から1410年にかけて建てられ、ギルドハウスと礼拝堂も併設されていたそうです。
c0094546_11402024.jpg

c0094546_11405072.jpg

魔王ゲラルド城  1245年に建てられた貴族の要塞。魔王と言われたからには相当手ごわかったと思われます。現在は国立図書館として利用されています。
c0094546_11492278.jpg

馬車が通るゲントの街並
c0094546_12153320.jpg

ゲント観光が終了した後、昼食を摂り、ブルージュに戻りました。
バスの車窓から撮影した綺麗な空
c0094546_1219557.jpg
c0094546_12193679.jpg

ブルージュに到着! ブルージュ観光の始まりです。
ブルージュ
橋(brug)が語源といわれるブルージュには、「水の都」といわれ、この街に流れる運河に50以上の橋が架かっています。12~13世紀頃、北海へ続く運河を利用して貿易が栄え、その繁栄期に造られた美しい中世の街並は、「歴史地区」として世界遺産に登録されています。

ベンチでひと休み!  観光出発地点の公園風景です。バスを降りた地点で面白い看板群を見つけ、早速シャッターを切りました。
c0094546_12303381.jpg

愛の湖への橋  腰に手を廻しながら、この橋を渡り「愛の湖」へ行くカップル
c0094546_1373665.jpg

愛の湖
c0094546_13103682.jpg

ベギン会修道院  1245年、フランドル伯夫人によって開設された施設ですが、現在は15世紀当時の修道服を身に纏ったベネディクト派の修道女が暮らしているそうです。
c0094546_13162229.jpg

運河クルーズの船
c0094546_13191758.jpg

市街地で見つけた馬の水飲み場
c0094546_13233536.jpg

ワッフル店の店先風景
c0094546_1325069.jpg

聖母教会  13~15世紀にかけて建築されたのでさまざまの様式が混じり合った建物になっています。内部にはミケランジェロ作「聖母子像」があります。
 聖母教会の建物  高さ122mの煉瓦造りの尖塔が強烈な印象を与えます。
c0094546_13284483.jpg

c0094546_13312093.jpg

 ミケランジェロ作「聖母子像」
c0094546_13352428.jpg

c0094546_13321313.jpg

c0094546_13322971.jpg

屋外レストランと聖母教会
c0094546_13442168.jpg

散策中にカメラに収めたスナップ写真
 両親は記念写真を撮影中  子供たちは、傍らでふざけあっていました。
c0094546_13485346.jpg

 道の真ん中での抱擁
c0094546_13495164.jpg

 肩寄せ合って
c0094546_13505611.jpg

 首にバーコードの刺青をした男
c0094546_13524627.jpg

 ベルギービールの陳列棚を見るカップル
c0094546_13542789.jpg

 運河沿いの骨董市風景
c0094546_13562141.jpg

 郵便ポストのある風景
c0094546_1413819.jpg

運河クルーズ  聖母教会近くの船着場から船に乗ってクルーズに出発しました。目線が低くなり、散策時とは異なった風景を楽しむことが出来ました。
クルーズ船から見た風景
 さまざまなポーズをした白鳥たち
c0094546_1411820.jpg

 運河で遊ぶ白鳥と鴨
c0094546_14131897.jpg

 クルーズ船から見た聖母教会
c0094546_1603010.jpg

 運河の両岸に広がる家並
c0094546_1625511.jpg

c0094546_1624314.jpg
c0094546_16228100.jpg

 運河に架かる石橋
c0094546_1653038.jpg

 擦れ違ったクルーズ船の船長と乗客の表情
c0094546_1662410.jpg

マルクト広場  ブルージュの中心にある広場。街のシンボル「鐘楼」はここにあり、周辺にはギルドハウスや西フランドル州庁舎があります。
 鐘楼と西フランドル州庁舎
c0094546_16132067.jpg

 マルクト広場に面して建つギルドハウス
c0094546_16232222.jpg

 二人の英雄コーニンクとブレイデルの像と鐘楼
c0094546_16172661.jpg

 マルクト広場に憩う人たち
c0094546_16182372.jpg

c0094546_16221273.jpg

 自転車越しに見る西フランドル州庁舎
c0094546_16212314.jpg

ブルグ広場  この広場を囲んで、市庁舎、聖血礼拝堂、公文書館、旧裁判所などが建っています。
 市庁舎と馬車  1420年に完成したフランダース地方で最古のゴシック様式の市庁舎だそうです。
c0094546_16353644.jpg

 市庁舎前を通過する馬車
c0094546_1640534.jpg

 広場に集まった馬車群  今日一日の仕事を終えた馬車が、この広場に集結しているようでした。
c0094546_16391796.jpg

 聖血礼拝堂  市庁舎に向かって右側の隅に、市庁舎に隣接して建っています。十字軍遠征に参加したフランドル伯がコンスタンチノーブル~持ち帰ったキリストの血が奉納されているといわれています。
c0094546_16445114.jpg

夕陽に照らされて建つ鐘楼と州庁舎
c0094546_1647337.jpg

c0094546_16482012.jpg

水面に映り込むブルージュの家並と石橋
c0094546_16501940.jpg
c0094546_16494554.jpg

c0094546_16505629.jpg

夕暮れ時、ホテルに戻る途中で撮影したスナップ写真
 家路を急ぐ老夫婦  片手に自転車、もう一方の手で妻の手を握りながら家路を急ぐ老夫婦?のようでした。
c0094546_1655767.jpg

 犬も満足する野外カフェ  大きな犬が飼い主と一緒に大人しく座っていました。犬も満足げな様子かな!
c0094546_165849100.jpg
 
ホテル前の運河と街並の夕景
c0094546_1715385.jpg
 
c0094546_1721142.jpg

4月6日(日)  ベルギー・ブルージュを発ち、オランダに戻りました。ハーグ、デルフトを見学し、ロッテルダムのホテル「ヒルトン・ロッテルダム」に宿泊しました。
ブルージュの朝の風景
右手を挙げて右折する親子自転車
c0094546_8541072.jpg

ハーグへ行く途中の車窓風景
 ブルージュの城門:十字の門とボンヌ・シェール風車
c0094546_8562040.jpg

 田園に林立する発電用風車群
c0094546_8572935.jpg

 車窓で見つけた風車と教会
c0094546_858415.jpg

ハーグ  
オランダ第3の都市で政府機関の集まる政治の中心地であります。 ビネンホフは、街の真中にあり、ホラント伯爵の宮殿だったところです。今も国会の建物として使用されています。中庭には議事堂である「騎士の館」が聳えています。
ホフフェイファノ池越しに見るビネンホフ
c0094546_993245.jpg

池畔に掲げられた旗の波
c0094546_9105897.jpg

中庭の噴水と奥に見える「騎士の館」
c0094546_9142427.jpg

ビネンホフの中庭で見た光景  二人の騎馬警察官と移動車でアイスクリームを販売する主人とが親しく会話していました。顔見知りなのでしょうね!一羽の鳩も参加?
c0094546_927296.jpg

マウリッツハウス美術館  ビネンホフの隣にある美術館ですが、工事中のため入館は出来ませんでした。所蔵品は、一部「ハーグ市立美術館」で展示されていました。
c0094546_921567.jpg

監獄博物館  15世紀から4世紀以上にわたり監獄として使われ、当時の様子を再現した博物館。さまざまな拷問器具が展示されているそうです。
c0094546_9314412.jpg

ビネンホフ横の公園から見た新旧建築群  手前に伝統的な建物群、後方に近代的な建築群を一度に見ることが出来ました。
c0094546_1037638.jpg

ハーグ市立美術館  1935年、建築家ベルラ―によって設計された美術館建築の傑作とか。モンドリアンを始めモネ、ピカソ、ゴッホクールベなどの作品を展示しています。館内は写真撮影禁止でした。
 美術館の建物
c0094546_9402095.jpg

 入口前に置かれた時計  レンブラントの出世作「テュルプ博士の解剖学講義」の一部が使われていました。
c0094546_94550100.jpg

 面白いモニュメント
c0094546_9471554.jpg
 
美術館前の池と桜の花  池にはシジュウカラガンが泳ぎ、池の周りには八重桜や連翹などの花が咲き乱れていました。
c0094546_950975.jpg
 
デルフト  白と藍の陶器「デルフトブルー」とフェルメールの街として、夙に有名です。ここではロイヤル・デルフトの工房を見学しました。
絵付け作業をする職人  この時、オランダ特有の「帆船と風車」の絵付けを行っていました。 この絵に近い飾り皿が気に入り購入してきました。
c0094546_1064949.jpg

「帆船と風車」の絵皿
c0094546_1095498.jpg

陶器の服を来たモデルの写真
c0094546_1083613.jpg

展示されていたデルフト焼きの絵皿  「ROYAL DELFT 1653」とデルフトロイヤル・デルフトの署名が印象的でした。
c0094546_10194946.jpg

デルフト焼きのレンブラントの「夜警」
c0094546_1011090.jpg

チューリップ専用の花瓶  それぞれの口に一本ずつチューリップの花を挿して楽しむのだそうです。
c0094546_1014741.jpg

ミッフィーを題材にした陶器類
c0094546_10172077.jpg

ロッテルダム
オランダ第二の都市で、斬新な建築群が目を引く世界最大級の港湾都市であります。
ロッテルダム中央駅の建物
c0094546_10283417.jpg

駅の巨大ガラスに映り込むビル群
c0094546_11183869.jpg

ロッテルダム・マラソンの宣伝用モニュメント
c0094546_1111541.jpg

夕陽を浴びて建つ駅前のビル群
c0094546_1133563.jpg

夕暮れ迫る市庁舎とトラムの風景
c0094546_1112477.jpg

ホフ広場の夕暮れ風景
c0094546_11131770.jpg

ラインバーン商店街とショーウインドー  世界初の「歩行者天国」だそうです。設計段階から車道をなくしたという斬新なアイデアですね。
c0094546_1116422.jpg

c0094546_11173373.jpg

4月7日(月)  ロッテルダムからアムステルダムへ移動。アムステルダムの「運河クルーズ」の後、帰国の途につきました。
早朝のロッテルダム市庁舎とホフ広場
c0094546_11284872.jpg

c0094546_1129291.jpg

アムステルダムへ行く途中の風景  これらの写真は、バスの車窓から撮影したものです。
 ロッテルダム郊外の田園風景
c0094546_1137219.jpg

 新旧風車の競演風景
c0094546_11362151.jpg

 アムステルダム・スキポール空港の上空を飛ぶ航空機
c0094546_11395137.jpg

 アムステルダムの空と太陽
c0094546_11432327.jpg

アムステルダムの運河クルーズ
 アムステルダム中央駅近傍にある超巨大な駐輪場   最初、何の建物か不明でしたが、よく見ると「駐輪場」と判明し、本当にビックリしました。流石、「自転車大国」!!
c0094546_11463034.jpg

 アムステルダム中央駅近くの船の発着所  運河の対岸に中央駅が見えます。
c0094546_11442149.jpg

 運河を泳ぐ家鴨の親子  雛を引き連れて泳ぐ親家鴨
c0094546_11531460.jpg

 船上から見た「アンネ・フランクの家」
c0094546_11564541.jpg

 運河クルーズの船から撮影した風景
  西教会
c0094546_11583287.jpg

  ムントタワー  1672年にフランスがアムステルダムを侵略した時、この塔の中でムント(貨幣)を造ったことからこう呼ばれるそうです。
c0094546_11591365.jpg

  運河沿いに建ち並ぶ家屋
c0094546_1214147.jpg

  モンテルバーンの塔  16世紀初頭に造られた城壁の見張り台。時計は、17世紀になって取り付けたのでそうです。
c0094546_120545.jpg

  マヘレの跳ね橋  ゴッホが描いた「アルルの跳ね橋」を思い起こさせるこの橋は、アムステルダムに残る木製の跳ね橋の一つです。
c0094546_1225267.jpg

  七つの橋  この地点から煉瓦造りの7つの橋が一直線に並んで見えます。船からだけ見える風景です。
c0094546_1234671.jpg

  運河に架かる煉瓦造りの橋
c0094546_1243254.jpg

運河クルーズ終了後、ダイヤモンド工房を見学しました。
  ダイヤモンドを研磨する職人
c0094546_129352.jpg

  研磨状態をチェックする職人
c0094546_1295017.jpg

  ダイヤモンドの説明に目をキラキラさせる観光客
c0094546_1211658.jpg

ダイヤモンド工房を見学した後、アムステルダム・スキポール空港へ向かい、14時40分発 KL-861で帰国の途につきました。

        以上で、本ブログを終了します。 最後まで辛抱強く御覧頂き、心から感謝しております。本当に有難うございました。  感謝! カンシャ!! かんしゃ!!!です。

 

by mda-vinci | 2014-05-07 16:29 | 海外旅行


<< 2014年  四国旅行(1)      春彩ベネルクス三国旅行(3) >>