ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 30日

ポルトガル旅行(5)

引き続き ポルトガル旅行(5) をご覧ください。

3月22日  リスボンの下町を散策し、路地の生活風景を撮影しました。
リスボンの下町風景
老犬と石段の路地裏風景  老犬が石段を上ろうと何度もトライしましたが失敗し、結局諦めてしまいました。
c0094546_10483246.jpg
c0094546_10485764.jpg

石段を上って来たご婦人  中国趣味の服を着たご婦人が石段を上ってきました。石段の上には子供たちが遊んでいました。
c0094546_10564019.jpg

路地裏の石畳で水道修理をする人たち  石畳は噴き出した水でびっしょり濡れていました。
c0094546_1058013.jpg

路地で落とし物を拾おうとしている若い女性
c0094546_110066.jpg

路地裏の2階のベランダで洗濯物を干している女の人
c0094546_1115390.jpg
c0094546_112452.jpg

洗濯物が干されている路地裏  家の扉の前に座っている人たちが非常に印象的でした。
c0094546_11145867.jpg

石畳を駆けてくる犬とその飼い主
c0094546_11161422.jpg

石段を上下する人たち  石段の横の住宅の壁などは、びっしりアズレージョで飾られていました。
c0094546_11201421.jpg

昼食後、我々はオプショナル・ツアーに参加し、クリストレイとシントラにあるぺーナ宮殿を訪れました。
クリストレイ  テージョ川の南岸に、高さ約110mの巨大なキリスト像があります。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロにある有名なキリスト像を模して1959年に完成したものだそうです。台座の中に通っているエレベーターでキリストの足元の展望台まで上ることが出来ます。

両手を広げて立つ巨大なキリスト像  台座の真下から撮影した高さ28mのキリスト像です。
c0094546_13502084.jpg

クリストレイの全体像
c0094546_13524875.jpg

展望台からの眺望
 眼下に見える「4月25日橋」  テージョ川の向こう岸がリスボンの旧市街地です。
c0094546_1415758.jpg

c0094546_1464734.jpg

 ベレンの塔  岸側からは見ることの出来ない塔の姿を見ることが出来ました。
c0094546_1444552.jpg

 発見のモニュメント
c0094546_1452985.jpg

 はるか彼方に見えるヴァスコ・ダ・ガマ橋  この橋は、1998年に完成した全長17.2kmの欧州で最も長い橋です。望遠レンズで撮影しました。
c0094546_146284.jpg

 眼下に見える軍港と艦船
c0094546_1410445.jpg

 クリストレイの広場で記念写真を撮っていた母と娘
c0094546_1565771.jpg

クリストレイを見学した後、4月25日橋を渡り、シントラにあるペーナ宮殿に向かいました。
バスで通過中にフロントガラス越しに見た4月25日橋
c0094546_1626817.jpg

行く途中でカメラに収めた水道橋
c0094546_16595841.jpg

シントラのペーナ宮殿到着前に岩山の上に残るムーア城跡  7~8世紀にムーア人によって築かれた城ですが、現在は廃墟になっています。
c0094546_16534237.jpg

ペーナ宮殿に到着。専用のバスに乗り換えてペーナ宮殿に向かいました。
ペーナ宮殿  標高529mの山頂に建つ宮殿です。ドイツの有名なノイシュヴァンシュタイン城を建築したルートヴィヒ2世の従弟にあたるフェルディナント2世が造らせ、1885年に完成しました。イスラム、ゴシック、ルネッサンス、マヌエルなど各様式を寄せ集めですが、奇妙な魅力を感じました。

入城門付近から見たペーナ宮殿
c0094546_16575373.jpg

坂を上った処から見たペーナ宮殿の建物
c0094546_1725084.jpg

坂上から見た城壁および入城門付近の風景
c0094546_173486.jpg

大きな岩石の上に建てられた宮殿
c0094546_17283611.jpg

ペーナ宮殿から見たムーア城跡とシントラの街並  遠くに大西洋を望むことが出来ました。
c0094546_1783265.jpg
c0094546_1784642.jpg
c0094546_179073.jpg

アズレージョで飾られた建物
c0094546_17301425.jpg

この建物の門に掲げられた不思議な姿をした彫刻  怖い顔をして両足が鱗で覆われている奇妙な生き物
c0094546_17325331.jpg

この門を潜る人たち
c0094546_17363144.jpg

宮殿の回廊と中庭
c0094546_1851764.jpg

中庭に置かれたオオシャコガイの植木鉢 
c0094546_1854743.jpg

宮殿内部の室内装飾
 洒落た天井飾りのある部屋
c0094546_17413675.jpg

 絢爛豪華な天井飾りのある部屋
c0094546_17423273.jpg

 イスラム風の幾何学模様とシャンデリアのある部屋
c0094546_1745211.jpg

 種々の鹿の剥製が飾られている部屋
c0094546_17474481.jpg

 ヘラジカの剥製
c0094546_17492422.jpg

 ステンドグラス
c0094546_17502649.jpg

ステンドグラスの床への映り込み  床に投影されたステンドグラスの影が実に素敵でした。
c0094546_17523216.jpg
 
各種展示の間  ステンドグラスやアズレージョなどが種々展示されていました。
c0094546_1756155.jpg

 ステンドグラス
c0094546_17581389.jpg
c0094546_17582970.jpg

 アズレージョ
c0094546_1759737.jpg
 
 壁一面に飾られた各種彫刻群
c0094546_180953.jpg

日常の台所用品  
 鍋などの台所用品が所狭しと並べられていました
c0094546_18113956.jpg

 様々なケーキの型が集められ、展示されていました。
c0094546_18134491.jpg

入城門付近に咲いていた君子蘭の花
c0094546_18151287.jpg

3月23日  早朝起床し、帰国の途につきます。リスボン空港からパリ国際空港へ、パリで乗り継ぎ成田国際空港へ
リスボン空港
 2種類の面白い看板をカメラに収めました。
c0094546_2004620.jpg
c0094546_2011435.jpg

パリ国際空港
 待合室での様々な時間の過ごし方をスナップしてみました。
  カード遊びに興じているフランス人の姉妹  父親の了解を得て撮影しました。
c0094546_204324.jpg
c0094546_2044243.jpg

  可愛い3人姉妹のそれぞれの表情
c0094546_2073095.jpg

  真剣な話し合い、のんびりリラックス
c0094546_2091566.jpg

  椅子に座って足を伸ばし、ひとりゆったり
c0094546_2011610.jpg

  フロアを走り回る子供
c0094546_2014922.jpg

  気持ちのいいブースでゆったり、のんびり寛いで
c0094546_20152012.jpg
c0094546_20154045.jpg
c0094546_20155319.jpg
c0094546_20171130.jpg

  車座になっての話し合い
c0094546_20182240.jpg

  二人だけの会話
c0094546_20203677.jpg

  二人の記念写真
c0094546_20221516.jpg


パリ国際空港 13時35分発 エール・フランスAF-0276 で帰国の途へ  
所要時間:約11時間45分 で成田国際空港に到着しました。満開の桜が、我々の帰国を歓迎してくれているようでした。
以上で、ポルトガル旅行 の本ブログを終了します。 最後までご覧頂き本当にありがとうございました。 感謝! 感謝!! 感謝!!!

by mda-vinci | 2013-04-30 10:34 | 海外旅行


<< ボイジャー・オブ・ザ・シーズの撮影会      ポルトガル旅行(4) >>