ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 11日

モロッコ・アブダビ・ドバイ旅行(2)

 引き続き「モロッコ・アブダビ・ドバイ旅行(2)」をご覧ください。

3月23日(金)  今日は、マラケシュの街を散策した後、世界遺産「アイト・ベン・ハッドゥ」へ向かいます。
マラケシュ市街
メナラ庭園  12世紀のムワッヒド朝時代に造られた広大な庭園です。中央に貯水池があり、その周りはオリーブの林に囲まれています。
 貯水池の方から見たパビリオン
c0094546_19584042.jpg

 庭園周りの巨大なオリーブの木
c0094546_203247.jpg

 この庭園に観光に来た若い女性たち  にこやかに笑いながらやってくる姿に思わずカメラを向けました。
c0094546_205454.jpg

 3人のイスラム系観光客  女性たちが着ている服装が面白いですね。
c0094546_8483652.jpg

 メナラ庭園を見に来た外国人観光客と観光客用駱駝
c0094546_1844388.jpg

クトゥピア・モスク  メディナの西に聳え立つマラケシュのシンボル的建物です。高さ約77mの美しいミナレット(塔)がこの街のランドマークですね。
c0094546_857053.jpg

c0094546_854295.jpg

クトゥピアの破壊された基礎と現在のミナレット  
 1147年着工しましたが、完成後モスクの位置がメッカに対して正しくないとして一度破壊されました。 左側の基礎部分がその名残です。 
 その後、1199年にモスクの部分が建て直さたのがミナレットの部分です。ムーア様式の傑作と言われています。
c0094546_8535697.jpg

 基礎遺跡の中を歩いて来る男の子
c0094546_18452685.jpg

 建物の穴に住む鳩たち
c0094546_991120.jpg

 境内で写真撮影のモデルになるべくお願いする民族衣装の人たち  この人たちが被っている帽子は、スークでも販売していました。
c0094546_9121219.jpg

マラケシュの街並
 荷物を運ぶロバの二輪車
c0094546_1457443.jpg

 観光客を乗せて案内するクチ(馬車)  多くのクチが道路を駆け巡っていました。
c0094546_150323.jpg
c0094546_1511492.jpg
c0094546_1512014.jpg

建物の屋上で巣作りをしているコウノトリ  日本では豊岡のコウノトリが有名ですが、モロッコでは至る所でコウノトリを見ることが出来ました。
 ミナレットの頂上に巣を作ったコウノトリ
c0094546_15144690.jpg

 コウノトリの番
c0094546_157239.jpg
c0094546_1571469.jpg

c0094546_15134768.jpg

 コウノトリの闘争?
c0094546_15112714.jpg

マラケシュの市場風景
 オレンジをはじめ、いろいろな野菜や果物を販売していました。
c0094546_1517675.jpg

 牛肉を販売している店先風景
c0094546_15172476.jpg

c0094546_1774399.jpg

 タジンナベ等のお土産を売っている店先
c0094546_15183229.jpg

 路地で見かけた猫たち
c0094546_17581146.jpg

バヒア宮殿  
 愛妾用の会議室と個室には、彩り鮮やかな」タイルが貼られ、アトラスシーダ材の天井には細密画が描かれています。
 壁や柱の彫刻も素晴らしく、アルハンブラ宮殿にも負けないくらいの見事な芸術作品を見ることが出来ます。 
 柱の彫刻
c0094546_1557874.jpg

 バヒア宮殿の中庭  鉄の扉越しの風景をカメラに収めました。
c0094546_161845.jpg

 壁や床に貼られた見事なタイル
c0094546_155838.jpg

c0094546_15584637.jpg

 大広間に置かれた噴水のある水盤
c0094546_15594174.jpg

 宮殿の室内模様
c0094546_1761760.jpg

 宮殿の天井の見事な細密画
c0094546_1765894.jpg

マラケシュのアグノウ門  
 メディナの南側、王宮の近くにある美しい門で、アーチの周辺は赤と緑の砂岩で馬蹄形や半円形の繰り込み模様で縁どられ、その上の壁にはコーラン
 の詞が装飾文字で刻まれています。小さな二つの大砲が備えられています。スルタンが宮殿に行くための門だったそうです。
c0094546_17194350.jpg

スルタンが眠るサアード朝の墳墓群  サアード朝(1549~1659)の代々のスルタンが葬られている大墓廟群です。
 アル・マンスール王の墓
c0094546_17303615.jpg

 サアード朝の王族たちの墳墓群
c0094546_17315365.jpg

 見学に来ていた元気な子供たち
c0094546_1813167.jpg
c0094546_1812849.jpg
c0094546_1815223.jpg
c0094546_1814784.jpg

マラケシュ観光終了後、世界遺産「アイト・ベン・ハッドゥ」に向かいました。
マラケシュからアイト・ベン・ハッドゥへ向かう途中の風景
c0094546_1885665.jpg

トイレ休憩を兼ねアルガンの木で作るオイルなどを販売しているショップに立ち寄りました。
 アルガンの木の実を割っている女性たち
c0094546_18145176.jpg

c0094546_18142394.jpg
c0094546_18143716.jpg

世界遺産・アイト・ベン・ハッドゥ  
 日干し煉瓦造りの古いクサル(要塞化された村)の一つで、ベルベル人の数家族だけがここに住んでいます。1987年、世界遺産に登録され、現在も 
 修復作業が進められているそうです。この地は、「アラビアのロレンス」や「ソドムとゴモラ」などの映画のロケ地として使われたそうです。
 アイト・ベン・ハッドゥ遠望  途中から降り出した雨の中、カッパを着、傘を差して遺跡見物に出掛けました。
c0094546_18271867.jpg
c0094546_1827219.jpg

 遺跡見物のため坂道を登る一行
c0094546_18303354.jpg

 迷路のような遺跡内風景
  銃眼が配置された塔が一定間隔に何本も聳えています。
c0094546_2021773.jpg

  迷路のような道とそこを横切る住人
c0094546_20211690.jpg

  遺跡内にあるお土産店と店主
c0094546_20214689.jpg

 高台から見た遺跡の風景と対岸の街並  対岸の街並は、かっての居住者たちが移り住んだ新しい村です。
c0094546_20315774.jpg

c0094546_203125100.jpg
c0094546_20314017.jpg

 遺跡内に住んでいる居住者の母親と女の子
c0094546_20352965.jpg
c0094546_20353747.jpg

 この遺跡内で飼育されている驢馬
c0094546_20373720.jpg

バスに戻る途中、かっての住人たちが移り住んだ村の風景
 玄関前に佇んでいた可愛い女の子
c0094546_2041217.jpg

 道路沿いにある小さな商店とそこの住人たち
c0094546_20431259.jpg

アイト・ベン・ハッドゥを見物した後、今夜宿泊予定のホテルのある、ワルザザードへ向かいました。 

          引き続き「モロッコ・アブダビ・ドバイ旅行(3)」をご覧ください。

by mda-vinci | 2012-09-11 19:44 | 海外旅行


<< モロッコ・アブダビ・ドバイ旅行(3)      モロッコ・アブダビ・ドバイ旅行(1) >>