ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 25日

全日写連・湘南支部の撮影会

6月4日、全日写連・湘南支部の「古道の撮影会」に参加しました。今回は、旧浦賀道を撮影すると言うことで、京浜急行の逸見駅から県立大学駅までの浦賀道を散策しながら撮影しました。
この区間では古道の趣はなく、道沿いの家屋に昭和の面影を残す木造建築をいくつか見ることが出来ました。また、道端に咲く野花やそこで暮らす人々の生活風景も垣間見ることが出来ました。
その時撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければご覧ください。

《写真集》
逸見の浦賀道脇に建つ懐かしい家  三軒の家が並んで建っていますが、内二軒は大幅に改築され、昔の面影は軒下の木組みのみ見られる状態になっています。
 三軒の旧家  一番奥の家の保存状態がよく、重点的にこの家を撮影しました。
c0094546_904397.jpg

 昔懐かしい家の外観
c0094546_92662.jpg

 玄関上の表札や電話表示など
c0094546_931010.jpg

 鬼瓦と懸魚
c0094546_9105533.jpg

 軒下の独特な木組み
c0094546_95198.jpg

 二階の手摺と葦簾など
c0094546_96415.jpg

逸見子育地蔵尊  逸見から登り始めた坂の途中に「子育て地蔵堂」が祀られていました。
c0094546_924926.jpg

 地蔵堂内に安置されていた三面六臂の石仏
c0094546_925921.jpg
 
浦賀道の補修工事  坂を上る途中で補修工事中の人たちが休憩しているところに遭遇しました。
 休憩中の工事の人たち
c0094546_9171874.jpg

 工事に使う穴のあいたスコップ  あるサイズ以上の石だけを掬い取るためのものだろうか?
c0094546_916557.jpg

 工事の人たちが使う?トイレ  藪の中にひっそりと置いてありました。それにしては、色がすこし派手ですね。
c0094546_9182886.jpg

高台から見た港の風景
c0094546_9282986.jpg

路傍に咲いていた野花
 スイカズラ
c0094546_9301841.jpg

 トキワツユクサ
c0094546_9414812.jpg

 ユキノシタ
c0094546_9412434.jpg

浦賀道から眼下に見える石段のある風景
c0094546_9371128.jpg

道を横切って行った猫  横切った後、振り返ってじっとわたしを見ていました。
c0094546_955127.jpg

楽しそうに何を話しているのでしょう?  昔はどこの家もこのような木造家屋でしたが、現在ではほとんどなくなってしまいました。
c0094546_9465825.jpg

浦賀道を横切る京急電車
c0094546_95093.jpg

浦賀道を通行する近隣の人たち  工事用の小型トラックの脇を杖をついたお年寄りが通り過ぎて行きました。
c0094546_1093295.jpg

一心不乱な願かけ  街並の一角にある子育地蔵堂で、長い間祈願されているご婦人に会いました。
c0094546_1013289.jpg

道路脇に咲いていた季節の花
 ガクアジサイの花
c0094546_10182929.jpg

 ブラシの木
c0094546_10185277.jpg

 ムラサキカタバミ
c0094546_10191328.jpg

浦賀道の佇まいとそこに住む人たち
 道路脇の風景
  鉄骨を使ってテラスをつくり、スペースを有効利用している風景
c0094546_10242364.jpg

  石段下や踊り場に自転車を停めている風景
c0094546_10244458.jpg

  コンクリート壁の水抜き穴に逞しい生命力で生きるヒメツルソバ
c0094546_11484794.jpg

 布団や洗濯物を干している風景
c0094546_1024872.jpg

c0094546_10513366.jpg
c0094546_10515580.jpg

 道路沿いに住む人々の暮らしぶり
  買い物帰りのご夫婦  箒を持ったご主人が石段の上まで上った後、奥さまが上ってくるのを待っていました。本当に微笑ましい光景でした。
c0094546_113079.jpg

  道路脇でバイクの手入れをしている人
c0094546_10273117.jpg

c0094546_10281859.jpg

  郵便を配達する人
c0094546_10274153.jpg

  古い洗濯機を手押し車で運搬している人
c0094546_10294489.jpg

  お父さんと一緒に!  この坂をお父さんと一緒に登って行くんだね!坂の途中に古い木造の家屋がひっそり建っていました。
c0094546_10391583.jpg

  道路脇に駐車しているバイクや自動車
c0094546_10301811.jpg

c0094546_10304739.jpg

c0094546_1221841.jpg

  店の前を通り過ぎる近所の人たち
c0094546_1030355.jpg

  自転車を停めて道端で屯していた子供たち
c0094546_10324448.jpg

  道端の木蔭で休憩している人
c0094546_11211070.jpg

長嶋家の赤門  横須賀風物百選の一つ。寄棟造りの長屋門で、腰はなまこ壁になっています。戦国時代は小田原北条氏の「浜代官」、江戸時代は「名主」だったそうです。
c0094546_11334775.jpg
c0094546_1134482.jpg
c0094546_1134207.jpg
c0094546_11343240.jpg

c0094546_11371593.jpg

浦賀道の道標  この道標は、現在長嶋家の赤門の横に建てられています。「右 浦賀 大津」の文字が刻まれています。
c0094546_12253189.jpg

県立大学駅前道路の昼下がり
c0094546_11393392.jpg

道路で遊ぶ女の子  私の子供のころは、缶詰の空き缶に穴を明けて自分でつくったものです。
c0094546_11423187.jpg


        今回も最後まで見ていただきありがとうございました。 感謝!感謝!です。

by mda-vinci | 2011-06-25 08:40 | 国内旅行・散策


<< 水無月の風景      湘南写真クラブの撮影会 >>