ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 11日

イタリア旅行(4)

引き続き「イタリア旅行(4)」をご覧ください。

12月26日  ナポリ市内観光の後、ポンペイに向かいました。
ポンペイは、紀元前8世紀に建設された商業都市。紀元前4世紀に古代ローマの支配下に入りましたが発展を続けていました。西暦79年、ヴェスヴィオ火山が噴火し、一瞬の内に灰の中に埋もれ、忘れ去られてしまいました。1748年、ナポリ王のカルロス3世が発掘して、当時の街が遺跡として蘇りました。円形闘技場やアポロの神殿、野外劇場、音楽堂、公衆浴場や大邸宅、さらには娼婦の館まで残っていることが判明しました。犠牲者の姿もその時の状況そのままに再現されています。
ポンペイ
 マリーナ門  今回、この門から入場しました。石畳の坂道を登りきるとフォロ(公共広場)に出ます。
c0094546_19135394.jpg

 マリーナ通り
c0094546_19411035.jpg

 フォロ(公共広場)
c0094546_19145339.jpg

 アポロの神殿とアポロのブロンズ像  太陽神アポロを信仰していたようですね。
c0094546_19154476.jpg

c0094546_8102926.jpg

 フォロで記念写真を撮っている家族連れ
c0094546_19251178.jpg

 遺跡の写真を摂っていたご婦人
c0094546_192664.jpg

 フォロ周辺の建物群
c0094546_1918193.jpg

 フォロの浴場
c0094546_1920250.jpg

 サウナ風呂の部屋
  部屋の風景
c0094546_19213358.jpg

  壁面の装飾レリーフ
c0094546_19222655.jpg

  壁に取り付けられた彫像
c0094546_19231220.jpg

 発掘されたミイラ  頭蓋骨と歯は綺麗に残っています。この残っていたところから石膏を流し込むことにより、人間の姿を忠実に再現できたとのこと。
c0094546_201207.jpg

 ポンペイの石畳の道路
c0094546_19272443.jpg

 道路脇に設置されていた水道設備の遺構
c0094546_19282881.jpg

 駒繋ぎ石  道路脇の石に穴をあけ、綱を結えられるようになっています。
c0094546_19302465.jpg

 馬車の轍の跡  この轍の幅が、新幹線などの広軌道と同じだと言う説明がありました。
c0094546_19331538.jpg

 遺跡越しに見るヴェスヴィオ山  山頂付近は、雪をかぶっていました。
c0094546_1934366.jpg

 ファウノの家  紀元前2世紀に建てられた大豪邸。ローマ将軍の甥の大豪邸? アトリウムには家の由来となった「踊るファウノ」のブロンズ像があります。
c0094546_19402320.jpg
 
 モザイク画
  猛犬注意のモザイク画
c0094546_1942540.jpg

  戦闘シーンのモザイク画  このモザイク画は、構図と言い、その迫力と言い素晴らしいの一言!
c0094546_19441046.jpg

  鳩が真珠を箱から銜え出しているシーン
c0094546_194530100.jpg

  見事なモザイク
c0094546_1948433.jpg

 フレスコ画
  狩猟している時の絵
c0094546_1947847.jpg

  娼婦の館の壁に描かれた絵
c0094546_19492351.jpg

 パン屋の石臼とかまど
c0094546_19504758.jpg

 居酒屋の遺跡
c0094546_19521830.jpg

 剣闘士の訓練所と宿舎
c0094546_19533632.jpg
c0094546_19534817.jpg

 大劇場と小劇場
c0094546_19545219.jpg
c0094546_19551514.jpg

 ポンペイの城壁
c0094546_2023958.jpg

アルベロベッロへの途中の風景
c0094546_20291653.jpg
c0094546_20292568.jpg
c0094546_20293335.jpg

ポンペイ見学後、アルベロベッロへ向かいました。
アルベロベッロ  到着後、夜のアルベロベッロの観光に出掛けました。
 紙気球、空に!  公園で紙気球を飛ばしていました。熱気球と同じ原理で、火を焚き空気を軽くした後、紙気球は空に飛んで行きました。初めての経験で、早速カメラに収めました!
  火を点けた瞬間
c0094546_17145566.jpg
 
  火をつけ終わって、状態をチェック中
c0094546_17173296.jpg
 
  飛ばすため、手を離した直後
c0094546_17183928.jpg

  空に飛んでいく紙気球
c0094546_17191653.jpg

 アルベロベッロの夜景
  ポポロ広場の展望台から見た眺望  ここから沢山のモンティ地区のトンガリ屋根(トゥルッリ)が見えます。一部では、イルミネーションをした家なども見えます。
c0094546_17341820.jpg

  モンティ地区のトゥルッリの家  この地区には1000軒以上のトゥルッリが残っているそうです。
   壁面にキリスト誕生の絵が描いてあるトゥルッリの家
c0094546_17572362.jpg

   屋根に描かれた神秘的な絵は、魔よけとも神の加護を請うためのシンボルとも言われています。
c0094546_17424063.jpg

   ライトアップされたトゥルッリが印象的でした。
c0094546_1743213.jpg

   おとぎの国に迷い込んだような錯覚を覚えながら歩いているツアーメンバー 
c0094546_17433185.jpg

   屋根周りをイルミネーションで飾りつけた家
c0094546_17435138.jpg

   サンタントニオ教会  この教会の屋根もトゥルッリを模した様式になっていました。
c0094546_1755337.jpg
 
12月27日  今日は、トゥルッリのアルベロベッロ、洞窟住宅群のマテーラを見学した後、ナポリに泊まります。
アルベロベッロ  朝、すぐ近くのアルベロベッロの駅に行き、電車を見てきました。
 アルベロベッロ駅  非常に小さな駅舎でした。駅のベンチに腰かけていたご婦人に「ボン・ジョルノ」と挨拶したら、にっこり笑ってくれました。挨拶は大切ですね!
  駅舎に向かうご婦人
c0094546_1811473.jpg

  待合室で写真撮影に応じてくれたご婦人たち
c0094546_18113731.jpg

  電車を待っていた二人のご婦人たち
c0094546_181245.jpg

  2輌連結の電車とプラットホーム
c0094546_18121811.jpg

 アルベロベッロ散策  最初はアイア・ピッコラ地区、その後モンティ地区を散策しました。
  ポポロ広場の展望台からの眺望  昨夜は暗くてはっきり見えませんでしたが、トゥルッリのトンガリ屋根が林立して見事な光景でした。
c0094546_18251262.jpg

c0094546_1847858.jpg

 アイア・ピッコラ地区 
  現地ガイドはこの地区の出身で、案内時知人に会い言葉を交わしていました。
c0094546_18555537.jpg

  この地区にはプレゼピオに使用した藁が大量に残っていました。  
c0094546_18545998.jpg

  アイア・ピッコラ地区からみたモンティ地区のトゥルッリのトンガリ屋根群
c0094546_18551020.jpg

  人引き車と自動車が同居する風景
c0094546_18553185.jpg

  竃から出る煙が、人の実生活を肌身に感じました。
c0094546_2054443.jpg

  トゥルッリとピナクル  ピナクルとは屋根の上に乗っているお椀のような小尖塔で、家毎にいろいろな形があるそうです。
c0094546_20581957.jpg

  トゥルッリの内部構造
c0094546_15462045.jpg

 モンティ地区
  両地区の谷間から見た教会とトゥルッリの家
c0094546_2112761.jpg

  坂を荷物を担いで登る人  サンタクロースが手摺にぶら下っていました。
c0094546_2114361.jpg

  坂道の両側に並ぶトゥルッリのトンガリ屋根の家
c0094546_2115486.jpg
c0094546_2122475.jpg
c0094546_2123664.jpg

  サンタントニオ教会の紙製のプレゼピオ
c0094546_21253888.jpg

  昨夜も撮影した絵の描かれたトゥルッリ
c0094546_22183851.jpg

  トンガリ屋根越しに見た教会
c0094546_2131880.jpg

  石畳の坂道
c0094546_2134289.jpg

  店先に佇む店の主人  なかなか決まっていますね!
c0094546_2141828.jpg
c0094546_2143416.jpg

ホテルに戻る途中で遭遇した風景
 母親に了解を貰って撮影しようとしたら、恥ずかしがってこちらを向いてくれなかった可愛い女の子 
c0094546_2134244.jpg

 ホテルへ戻る道を教えてくれた人  お礼を言ったら「プレーゴ(どういたしまして)」が返ってきました。
c0094546_21351524.jpg

 女性の手の形をした扉の取っ手
c0094546_21372169.jpg

ホテルに戻った後、次の世界遺産マテーラへ向かいました。
       以上で、「イタリア旅行(4)」を終わります。引き続き「イタリア旅行(5)」をご覧ください。

by mda-vinci | 2011-01-11 18:59 | 海外旅行


<< イタリア旅行(5)      イタリア旅行(3) >>