ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 29日

英国旅行(3)

「英国旅行(2)」の続きです。引き続きご覧ください.

8月10日(火) 今日は、もうひとつの美しい村「カッスル・クーム」を散策後、世界遺産の「バース」と「ストーンヘンジ」を訪れる予定です。
カッスル・クーム  コッツウォルズの南端近くにある「コッツウォルズで最も優美な村」、500年以上の長い間、静かに時を刻み続けています。
 カッスル・クームの街並  花に溢れ、落ち着いたたたずまいが非常に印象に残りました。
c0094546_1559146.jpg

c0094546_15574596.jpg

 軒先に飾られた花の手入れをしている女の人
c0094546_16291860.jpg

 石造り壁のブドウ  雨に濡れた葡萄の実が色鮮やかに目に映りました。
c0094546_16321872.jpg

 メイン・ストリートの両側には、花一杯に飾られた古風な建物が軒を連ねて建っていました。
c0094546_15594461.jpg
 
c0094546_1623110.jpg

 花で美しく飾られた玄関
c0094546_1654375.jpg
 
 カッスル・クームにある豪壮なマナーハウス   
c0094546_16234132.jpg
c0094546_16244044.jpg
c0094546_16245411.jpg

バース(世界遺産)  コッツウォルズの南西の端、エイヴォン河畔に広がる街で、紀元前にローマ人によって開かれた温泉地。風呂の語源の地と言われています。
 雨に煙るバースの街並  バスのフロントガラス越しに撮影したものです。水滴が写っています。
c0094546_1793937.jpg
c0094546_17101922.jpg

 ロイヤル・クレッセント  18世紀後半、貴族たちの住居として建てられた30軒のテラスハウス。114本のイオニア式円柱が美しい!
c0094546_1716285.jpg
 
c0094546_1720494.jpg

 ロイヤル・クレッセントの入口にある花一杯の花壇
c0094546_17272960.jpg

ローマン・バース  西暦70年頃、ケルト人と融合したローマ人が築いた温泉地が発端。現存する浴場跡はヨーロッパでも有数の古代遺跡で、18世紀に発掘・復元されました。
 プールのような大浴場  本来は屋根がありましたが、現在は露天になっています。
c0094546_1738018.jpg
c0094546_17385721.jpg

 湧出する温泉の湯  今でも46℃の湯が湧き出し、溢れた湯はエイヴォン河に流れて行きます。
c0094546_17415282.jpg

 発掘されたローマ時代の建築部材と彫刻
c0094546_17552731.jpg

c0094546_17563324.jpg

バース寺院  1617年に完成したゴシック様式の教会。正面西側には天使が梯子を登っている珍しい彫刻が刻まれています。
 ローマン・バース博物館から見たバース寺院
c0094546_18225545.jpg

 天使たちが梯子を登っている彫刻 
c0094546_18322731.jpg

見学後眺めたバースの街並
c0094546_1836848.jpg

ストーン・ヘンジ(世界遺産)  牧草地に忽然と姿を現すサークル状の巨石群、何のために、どうやって、誰が造ったか謎だらけの遺跡です。
 ストーン・ヘンジの想像図
c0094546_1926393.jpg
 
 牧草地に姿を見せるストーン・ヘンジ
c0094546_19461541.jpg

 ストーン・ヘンジ周辺の風景
c0094546_19202718.jpg

c0094546_19432954.jpg

 ストーン・ヘンジの要石形状  上に乗せる石を確実に位置決め、固定するするために凸状の形状に仕上げています。
c0094546_19343954.jpg

 各方面から見た巨石群
c0094546_19362947.jpg

c0094546_19592428.jpg
 
c0094546_1937927.jpg
c0094546_19372847.jpg

 観光客越しに見たストーン・ヘンジ
c0094546_19392665.jpg

 鳥が群飛ぶストーン・ヘンジの空
c0094546_1942838.jpg

夕食のレストラン「RISING SUN」からの素晴らしい眺望
c0094546_2041244.jpg

c0094546_20114265.jpg

8月11日(水) 今日から今回旅行の最終目的地「ロンドン」での観光がスタートします。バッキンガム宮殿の衛兵交替、大英博物館、ショッピング、中華街での夕食等が本日の予定です。
バッキンガム宮殿の衛兵交替
 まだ、来ないのかな?  衛兵交替を見学するため集まった大勢の観光客
c0094546_17221821.jpg

 衛兵交替を見学する子供たち  待ちくたびれた子供たちや犬の姿が非常にユーモラスで、思わずシャッターを切りました。
c0094546_1719354.jpg

 交替する衛兵の行進
c0094546_17171385.jpg
c0094546_17175470.jpg

 本当に御苦労さま!  衛兵交替式中も馬に乗って観光客を整理・誘導しているお巡りさん
c0094546_17263339.jpg

 父親に肩車された女の子とその家族
c0094546_17395925.jpg

 やっと、解放ですね! 衛兵交替が終わり、バッキンガム宮殿から出てきた衛兵たち
c0094546_17293153.jpg

 任務が終わり、行進しながら戻っていく衛兵たち
c0094546_1731283.jpg

衛兵交替が終了した後の観光客の風景
 嬉しいね!  父親に遊んでもらっている喜んでいる男の子
c0094546_17442648.jpg

 そろそろ帰ろうか?  帰り支度をしている両親とそれを見守る子供たち
c0094546_17461018.jpg

 故郷への手紙?  芝生に座って、家族か恋人へ手紙を書いている若い女の人
c0094546_17481522.jpg

 気分最高!  芝生に寝っ転がってのんびり談笑中の若い女の人。それにしても足が長いね!
c0094546_17514262.jpg

大英博物館  英国が誇る世界の遺跡の品々を展示する博物館です。今回は、エジプトとギリシャに絞って見学しました。
 大英博物館の正面玄関
c0094546_1815019.jpg

 大広間に飾られているライオンの像
c0094546_1825171.jpg

 エジプト関連の遺跡
   ロゼッタ・ストーン  エジプト文字(ヒエログリフなど)の解読に寄与した貴重な遺跡。見物している人たちがガラスに映っています。
c0094546_1855163.jpg

   ファラオの石像
c0094546_18274375.jpg

   スフィンクス像
c0094546_18332399.jpg

円柱に彫られたヒエログリフ
c0094546_21325066.jpg

   発掘されたミイラ化した人体
c0094546_21344549.jpg

   棺に埋葬者の似顔絵が描かれたもの  この人はなかなかの美青年であったようですね!
c0094546_21444472.jpg
 
   興味津々!  棺の内外面にびっしり絵や模様が描かれています。スカラベも描かれていました。
c0094546_21505872.jpg
 
   動物のミイラ  猫や犬などもミイラにしたようですね。
c0094546_21591950.jpg
 
   黄金の埋葬品
c0094546_2273481.jpg


         引き続き「英国旅行(4)」をご覧ください

by mda-vinci | 2010-08-29 16:03 | 海外旅行


<< 英国旅行(4)      英国旅行(2) >>