ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 28日

英国旅行(2)

「英国旅行(1)」の続きです。引き続きご覧ください.

8月8日(日) 湖水地方からチェスターを散策後、シェイクスピアの故郷・ストラットフォード・アポン・エイボンへ
早朝、ホテル近傍を散策しました。
 変な奴がきたぞ!  羊たちが闖入者に驚いて、一斉にこちらを振り向きました。
c0094546_18201657.jpg

早朝の湖
c0094546_18325935.jpg

c0094546_18371218.jpg

c0094546_18593019.jpg

湖畔の舟屋  この湖には、別荘内に伊根と同じように船を格納できるように設計されていました。
 舟屋のある風景
c0094546_18475376.jpg

 突堤から撮影した舟屋
c0094546_18484734.jpg

 舟屋に格納されたボート
c0094546_18493041.jpg

湖畔に放置された倒木の根
c0094546_21583630.jpg

チェスターへ向かう途中、車窓から撮影した風景
 牛の放牧風景
c0094546_2254141.jpg

 ドライブインで見た珍しい赤い花と白い実  この木の名前を御存じの方は、ご連絡いただければ幸甚です。
c0094546_2273275.jpg

チェスター  2000年の歴史を刻む城壁の街。ローマ人が紀元74年に砦を築いて以来、ウェールズ侵略の拠点となった街で、ローマ人の遺跡が残っています。
 チェスターの城壁  ローマ人が構築した城壁と言われています。この城壁のアーチのすぐ外側にローマの大浴場遺跡がありました。
c0094546_22102764.jpg

 城壁から見たチェスターの街並
c0094546_22122267.jpg

 チェスターの街並  木組の美しい家が多く見られます。
c0094546_2217878.jpg

 美しい木組の模様  壁は勿論、外に張り出した二階の床下にまで美しい木組模様が眺められます。
c0094546_22215739.jpg

 カラフルなサイの置物  「動物園にサイを!」のスローガンに市民運動を展開中とのこと。
  何頭のサイがいますか?  この写真には、全部で何頭のサイが写っているでしょうか?
c0094546_22271596.jpg

  サイの置物をバックに写真撮影!
c0094546_22284321.jpg

  サイとストリート・ミュージシャン
c0094546_2235525.jpg

 路地のオープン・カフェ
c0094546_22594397.jpg

 双子連れの夫婦  写真を撮っているのが判って、にっこりほほ笑んでくれました!
c0094546_2232464.jpg

 路上で見つけた豪華なバイク
c0094546_22562950.jpg

 街角に置かれたローマ人の遺跡「円柱」
c0094546_2242547.jpg

 店頭に飾られたローマの軍人像
c0094546_22452994.jpg

 チェスター大聖堂と美しいステンドグラス
c0094546_9232330.jpg

c0094546_9293380.jpg

ビルズレーマナーハウスへ向かう途中
 ウェッジ・ウッドの創業者(1730~1795)  ウェッジ・ウッド・ビジターセンターで買い物と afternoon tea を楽しみました。
c0094546_7294474.jpg

 道端に咲いていたヤナギラン
c0094546_1129939.jpg

ビルズレーマナーハウス
 結婚式の風景  到着時、盛大に結婚式が開催されていました。バンドもいました。
c0094546_11341097.jpg
c0094546_11344348.jpg

 夕日の中の羊たち  近隣の牧場では、夕日を浴びながら羊たちが草を食んでいました。
c0094546_11374278.jpg

 ディナールームの素晴らしい装飾品 
c0094546_11424253.jpg

8月9日(月)今日は、予定満載で、シェイクスピアと美しい村巡りです。非常に楽しみです!
早朝散歩時の風景
 噴水の煌めき  庭にある噴水が朝日を浴びてキラキラと煌めいていました!
c0094546_1145462.jpg

 朝日に輝く羊たち
c0094546_11465766.jpg
c0094546_11472644.jpg

 朝日を浴びて建つマナーハウス
c0094546_11495239.jpg

アン・ハサウェイの実家  シェイクスピアの奥様「アン」の家を訪問!藁葺きの趣ある建物と花一杯の庭が実に見事でした。
c0094546_11561997.jpg
c0094546_11562833.jpg

ストラットフォード・アポン・エイボン
ホーリー・トリニティ教会  ここは、シェイクスピアが洗礼を受け、眠っているところです。
 教会の外観
c0094546_12345648.jpg

 教会の内部  壁にはシェイクスピアや家族の胸像が飾られていました。
c0094546_12392741.jpg
  
 シェイクスピアの墓
c0094546_12364087.jpg

シェイクスピアの生家
 表通りから見た家の外観
c0094546_12421897.jpg

 部屋の中  父親が「なめし革職人」だった関係で、室内にはなめし革や使用した道具が陳列されていました。
c0094546_124565.jpg

エイヴォン川の風景
 シェイクスピアの銅像  エイヴォン川の近くに、彼の作品の登場人物に囲まれて座っていました。
c0094546_12582192.jpg

c0094546_132276.jpg

 エイボン川の女船頭さん
c0094546_13155242.jpg

 川岸で白鳥に餌をやる少女たち
c0094546_13203480.jpg

ストラットフォード・アポン・エイボンの街並
 シェイクスピアが通っていたグラマースクール
c0094546_13224389.jpg

 多種多様な美しい木組模様の家
c0094546_1324810.jpg
c0094546_13242365.jpg

不動の大道芸  メイン通りで、彫刻のように不動のポーズで記念撮影に応じていました。 
c0094546_13335459.jpg

昼食後、コッツウォルズへ車を走らせました。
ボートン・オン・ザ・ウォーター  川に石橋が架かり、沢山の子供たちが川遊びに興じていました。
 親子で魚を採っている家族に会いました。両親が橋の上から指示を出している姿がユーモラスですね!
c0094546_1347327.jpg

 寛ぎのひと時!  川畔のベンチや芝生の上で多くの人が憩っていました。
c0094546_13502991.jpg

 ここが最高ですね!  石橋の欄干に腰をかけて新聞を読んでいる老夫婦に会いました。
c0094546_13524331.jpg

 はちみつ色の美しい家並
c0094546_13543275.jpg
c0094546_13554193.jpg
 
バイブリー  詩人ウイリアム・モリスが「イギリスで一番美しい」と称賛した村! 本当に心が洗われ、癒される素晴らしい村でした。
 コルン川がながれ、水鳥が遊び、マスが泳ぐ静かな村でした。
c0094546_147281.jpg
c0094546_147745.jpg

c0094546_14113086.jpg

c0094546_14231785.jpg

 この連なる小屋は14世紀頃羊毛の収納場所」として利用されていたそうです。今も人が住んでいます。本当にビックリです!
c0094546_1492153.jpg

 このお家は庭園が花に覆われ、美しいと評判の家だそうです。
c0094546_1494797.jpg



            「英国旅行(3)」に続きます。

by mda-vinci | 2010-08-28 18:16 | 海外旅行


<< 英国旅行(3)      英国旅行(1) >>