ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 31日

ベトナム・カンボジア旅行(4)

3月20日  午前中は、オープショナル・ツアーで、「水上村とトンレサップ湖遊覧」に出かけました。
トンレサップ湖に行く途中、バスの車窓から撮影した写真
  蓮の花が一面に咲く風景
c0094546_16342595.jpg

トンレサップ湖遊覧  トンレサップ湖は琵琶湖の10倍の面積があり、乾季の時は、雨季の1/3位の水量しかありません。また、水はお世辞にも美しいとはいえません。
  遊覧船の発着場  多くの遊覧船が犇めきあい、なかなかスムーズに出航できない船も見かけました。
c0094546_16562312.jpg

  遊覧船の出航時、お父さんの手伝いをしている子供
c0094546_16582851.jpg

  湖畔の造船所
c0094546_16594739.jpg

  水辺で木挽き作業中の男の人  傍らには膨大な量の薪が積み上げられていました。
c0094546_1713825.jpg

  投網で魚を採っている人たち
c0094546_173505.jpg

  遊覧船から自分達の小舟に飛び移る物売りの少年  小舟で近づき、遊覧船に飛び移り、品物を販売し、終わると小舟に戻っていきました。
c0094546_1771143.jpg

水上生活村  殆どの水上生活者は漁業で生計を立てていますので、湖の水量が大幅に変動するため、その都度、場所を変えながら生活しています。
  水上生活村の風景
c0094546_17493731.jpg

  水上生活者のための学校  当然、学校の送り迎えも小舟です。この時も子供を迎えに来た小舟が接岸していました。
c0094546_17155416.jpg
c0094546_17161495.jpg
 
  蛇を首に巻いた真っ裸の男の子の船が近づいてきました。
c0094546_17214581.jpg
 
c0094546_17225112.jpg

  観光客に物乞いする親子の姿も目にしました。本当に胸が痛みますが、これが現実の姿です。
c0094546_172946.jpg
c0094546_17292486.jpg
c0094546_17294470.jpg
c0094546_1730639.jpg
c0094546_17302669.jpg

c0094546_17322373.jpg

  水上生活者の住居
    水上生活者のオープンテラス  筏の上の調度品にご注目!
c0094546_17393066.jpg

    花を美しく飾ってある洒落た住居
c0094546_17425365.jpg

  水上生活者の暮らしぶり  
    ハンモックで憩う人
c0094546_1741014.jpg

    床に座って外を眺めている人
c0094546_1746209.jpg

    家族で談笑している人たち
c0094546_1747594.jpg

  水辺で暮らしている人たち
    魚を捌いている女の人たち
c0094546_1748653.jpg
  
    髪を洗っている二人の女の子
c0094546_17534594.jpg
c0094546_1754068.jpg

遊覧後、ホテルに帰る途中で撮影した写真
  路上を我が物顔に歩く牛の群  カンボジアの乾季の牛は、草が少ないために「痩せさらばえた牛」になるようです。
c0094546_22123457.jpg

  バスが来て道をよける牛たち  「骨と皮だけの牛」たちが、本当に気の毒になりました。雨季なると少し太るそうです。
c0094546_22133216.jpg

ホテルに戻り、中庭に咲いていた花々をカメラに収めました。
  プルメリア
c0094546_22204319.jpg

  サンタンカ
c0094546_22212148.jpg

  ヒメノカリス・スペキオサ
c0094546_22221891.jpg

  サルスベリの仲間?名前不明の紫の花 どなたかご存知の方はご教授下さい!
c0094546_2223324.jpg

  睡蓮の花
c0094546_8114738.jpg

オールドマーケットの風景
  乾物商店の店先
c0094546_17411779.jpg

  マーケットの片隅で商売していたネールアート店
c0094546_17435835.jpg

  マーケットの中にある食堂
c0094546_1745095.jpg

  オールドマーケット前の路上でさとうきびジュースを作り販売している夫婦
c0094546_17463133.jpg

シェムリアップ空港への途中で見たカンボジアの平原に落ちる夕日
c0094546_1748945.jpg

空港で飛行機に乗る前に撮影した空港のカンボジア特有の建物  シェムリアップからベトナム・ハノイへ
c0094546_17493737.jpg

3月21日  午前中、陶磁器で有名なバッチャン村へ  午後はハノイの市内観光や水上人形劇鑑賞など
ハノイのホテルから見た風景  目が覚めて、窓から外を眺めると、霧に包まれたハノイの街並が見えました。
  タイ湖に突き出た地域の別荘地の風景
c0094546_8364286.jpg

  一般住宅地の風景  ベトナムは地震がないため、レンガ積みのペンシル住宅が一般的で、4階建や5階建も多く見られます。
c0094546_843969.jpg

バッチャン村へ行く途中の光景
  朝市へ商いのために急ぐ女の人
c0094546_8313130.jpg
 
  ハノイの朝市風景
c0094546_8322245.jpg
  
バッチャン村  田園風景を見ながら、約40分で陶磁器の村バッチャンに着きました。村人達の穏やかな時間の流れと陶磁器つくりの生活を見ることが出来ました。
  バッチャ村の陶磁器店の街並おうおび店先風景
c0094546_8521847.jpg
 
c0094546_8534376.jpg
c0094546_854366.jpg
 
  村人たちの語らい
c0094546_982146.jpg
 
  絵付け作業中の職人たち  バッチャン焼は、11~12世紀ころに始まったと云われています。
c0094546_856938.jpg

  絵付け作業中の職人の手
c0094546_8571555.jpg

ハノイ観光  一柱寺、ホー・チ・ミン廟、ホー・チ・ミンの家、文廟、ホアンキエム湖、旧市街を散策し、最後に水上人形劇を鑑賞しました。
一柱寺  1049年に創建された古刹。一本の柱の上に仏堂を乗せたユニークなデザインで、蓮の花に見立てたものと言われる。
  髪の長い女の子たち  4人の女の子がベンチで談笑していました。
c0094546_921577.jpg

  一柱寺と祀られている本尊
c0094546_9213632.jpg

c0094546_9281545.jpg

ホー・チ・ミン廟  生涯をベトナム統一に捧げた国家的英雄ホー・チ・ミンが眠る廟。1975年9月2日の建国記念日に建設されました。
  衛兵が警護するホー・チ・ミン廟
c0094546_9324477.jpg

  衛兵交代式  三人ずつ交代して廟の正面入口を警護しています。
c0094546_9351586.jpg

  厳めしく見える衛兵が子供を見て笑うの図
c0094546_9374067.jpg

  廟前の広大なバーディン広場  遠方の黄色の建物は、現在、外務省として使用されているそうです。
c0094546_9402342.jpg

大統領府の建物  ホー・チ・ミンの家に行く途中にある、フランス統治時代の建物。
c0094546_945143.jpg

ホー・チ・ミンの家  ホー・チ・ミンが暮らしていた住居と官邸を見学しました。非常に質素な暮らしぶりが印象的でした。
  ホー・チ・ミンの住居  1954~1958年に住んでいた家
c0094546_953227.jpg

  国賓などの送迎用に使用した車  3台のクラッシク・カーが展示されていました。
c0094546_9544873.jpg

     引き続き、「ベトナム・カンボジア旅行(5)」を御覧下さい

by mda-vinci | 2010-03-31 12:26 | 海外旅行


<< ベトナム・カンボジア旅行(5)      ベトナム・カンボジア旅行(3) >>