ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 03月 27日

ベトナム・カンボジア旅行(1)

3月16日から夫婦で、『優雅なアンコールワットと世界遺産の旅8日間』のツアーに出掛けました。
今回も最高級の満足を味わうことが出来ました。素晴らしい添乗員と現地の女性ガイド、愉快で笑いの絶えないツアーメンバーにも恵まれ、面白く楽しい旅をすることが出来ました。40度近い暑さには参りましたが、体調を崩すことも無く、無事帰国すことが出来ました。
訪問先も念願のアンコールワットとハロン湾を堪能することが出来ました。ホーチミンとハノイのバイクの洪水、カンボジア・トンレサップ湖の水上村の生活ぶりなど貴重な見学もすることができました。
その時、撮影した写真を本ブログに掲載します。よろしければ御覧下さい。

《旅行スケジュール》
3月16日 10時30分、成田国際空港発  空路、「ベトナム・ホーチミン」へ
       到着後、ホーチミン市内観光:聖母マリア教会、中央郵便局、ドンコイ通りなど散策  ホーチミン泊(シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ)
3月17日 早朝、ホテル近傍散策後、ミトーへ。メコン川クルーズ:タイソン島でフルーツの試食・ジャングルクルーズ。観光後、ホーチミンへ戻り、ベンタイン市場を散策
       19時35分、ホーチミン発  空路、「カンボジア・シェムリアップ」へ            シェムリアップ泊(アンコール パレス リゾート)
3月18日 午前中、周辺の遺跡観光:バンテアイ・スレイ、スラスラン、プラサート・クラヴァン
       ホテルで休憩後、アンコールワット観光、プレループ遺跡観光および夕日鑑賞
       夕食時、民族舞踊のアプサラダンスのディナーショー鑑賞                 シェムリアップ泊(同上ホテル)
3月19日 早朝、アンコールワットの後から昇る「日の出」鑑賞
       午前中、アンコールトム観光:南大門、バイヨン、パプーオン、ピミヤナカス、ライ王のテラス、象のテラス) その後、タプロム観光
       午後、ホテルで休憩後「フットマッサージ」へ。その後、ロリュオス遺跡観光:プリア・コー、バコン、ロレイ                                                       
                                                           シェムリアップ泊(同上ホテル) 
3月20日 午前中、水上村とトンレサップ湖遊覧
       昼食後、シハヌーク・イオン博物館およびオールドマーケット見学
       夕食後、19時50分、シェムリアップ発  空路「ベトナム・ハノイ」へ            ハノイ泊(シェラトン ハノイ ホテル)
3月21日 午前中、バッチャン村で陶磁器の絵付け体験
       昼食後、ハノイ市内観光:一柱寺、ホーチミン廟、ホーチミンの家、文廟、ホアンキエム湖、旧市街散策 その後、水上人形劇観賞
                                                           ハノイ泊(同上ホテル)
3月22日 ハロン湾クルーズ:遊覧および鍾乳洞見学 ハノイに戻り、夕食(オペラハウスのレストランでベトナム料理コースディナー)
       夕食後、ハノイ空港へ。   0時10分、ハノイ発  空路、帰国の途へ
3月23日 6時40分、成田国際空港到着

《写真集》
3月16日 ベトナム航空でホーチミンへ
機窓から眺めたベトナムの山々
c0094546_7415229.jpg

ホーチミン市内観光
バイクの洪水  市内の道路に溢れるバイクと騒音にビックリ仰天! 早速、バスの車窓から撮影しました。
c0094546_10142123.jpg
c0094546_10143242.jpg

聖母マリア教会  19世紀末、宗主国フランスによって建設された教会。外観はロマネスク様式、内部はゴシック様式。壁の赤レンガが美しい!
  聖母マリア像と向日葵の咲く教会  
c0094546_7475310.jpg

  レンガ積み構造が美しい教会の壁
c0094546_8101773.jpg

  教会内部 ゴシック様式の静謐な空間が心地よい!
c0094546_8122536.jpg

  教会内のステンドグラス
c0094546_7485718.jpg

中央郵便局  19世紀末、フランス統治時代の壮麗な建物。隣接する聖母マリア教会とともに往時を偲ばせる名建築。ホー・チ・ミンの肖像画が印象的!
  多くの観光客が訪れる中央郵便局  記念切手を購入する人も多い
c0094546_8172445.jpg

  エントランス上に飾られた美しい白大理石の彫像
c0094546_8215353.jpg

  正面奥の壁に掲げられたホー・チ・ミンの肖像画
c0094546_8232181.jpg

中央郵便局前の露天商
c0094546_10261247.jpg

サイゴン川岸の公園  この公園に行くにはバイクと車の「トンドゥックタン通り」を渡らねばなりません。信号機が無いため、土地の人の助けでやっと渡ることができました。
  川を眺めていた母と子
c0094546_103759100.jpg

  定期フェリー  サイゴン川の両岸を結ぶフェリーがひっきりなしに運航していました。対岸の工場地帯への足だそうです。
c0094546_10411853.jpg
c0094546_10414029.jpg

  チャン・フン・ダオの像  陳興道(1228~1300年) 大越陳朝の王族・武将。侵攻して来た蒙古軍を大越軍を率いて打ち破ったベトナムの英雄  
c0094546_10485333.jpg
  
3月17日
早朝、ホテル近傍を散策しました。通勤ラッシュ時で交通量は多かったですが、道幅が比較的狭く、スムーズに渡ることができました。
ホーチミンの日の出  目覚めてカーテンを開けて、最初にホテルの窓から眺めた「サイゴンの朝の太陽」
c0094546_1621178.jpg

市民劇場  19世紀末に建てられた建物。フランス統治時代はオペラハウス、南ベトナム時代は国会議事堂、現在はベトナム市民の娯楽の場として使われています。
c0094546_10581937.jpg
c0094546_10583360.jpg

朝食風景  朝食は外食が一般的で、路上の至る所で食事風景を見ることが出来ました。
c0094546_1113133.jpg

日光浴タイム  中央郵便局の前で、わが子に日光浴をさせている母と子に出会いました。
c0094546_1134868.jpg

出勤風景
  朝のバイクでの出勤風景
c0094546_1155967.jpg

  アオザイを着て優雅に出勤? バックの青とアオザイの青が非常に印象的で、思わずパチリ!
c0094546_118969.jpg

人民委員会庁舎  1898年、サイゴン駐在のフランス人のためのパブリックホールとして誕生。その繊細優雅な姿は素晴らしい!
  優美な人民委員会庁舎  レタイントン通りには、多くのバイクが走行していました。
c0094546_11154222.jpg

  ホー・チ・ミン像と人民委員会庁舎
c0094546_11163939.jpg

  赤い花越に見た人民委員会庁舎
c0094546_11173662.jpg

  レロイ通りから見た人民委員会庁舎  レロイ通りも出勤するバイクの洪水でした。
c0094546_11435123.jpg

路上を疾走するベトナム特有の乗物「シクロ」
c0094546_15514233.jpg

街角で食べ物を購入する人々
c0094546_15491391.jpg

c0094546_1550312.jpg

ヒンドゥー教寺院  1993年に開かれ、1階が礼拝堂。壁のタイルを見て、トルコの寺院を思い出しました。
  礼拝堂  ガネーシャやヴィシュヌなどヒンドゥーの神々が祀られていました
c0094546_1685410.jpg

  壁の美しいタイル
c0094546_16505324.jpg

早朝散歩を切り上げ、朝食を摂るためホテルに戻りました。
ホテルの部屋からの眺望  手前にチャン・フン・ダオ像、その向こうに朝日に煌めくサイゴン川、対岸には霧に霞んだ街並と港湾重機が見えました。
c0094546_16171990.jpg

    引き続き、「ベトナム・カンボジア旅行(2)」を御覧下さい





  

  
 
        

by mda-vinci | 2010-03-27 18:43 | 海外旅行


<< ベトナム・カンボジア旅行(2)      如月の風景 >>