ダヴィンチの旅行写真集

mdavinci.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 23日

フランス旅行《美術館編Ⅰ/オルセー美術館》

4月2日、念願のオルセー美術館に出掛けました。
その素晴らしい絵画や彫刻に感嘆の声を発しながら、じっくり鑑賞することが出来ました。
何よりも、ルーヴル美術館に比較し、見る人の数が圧倒的に少なく、ゆっくり・のんびり楽しむことが出来ました。小学生の頃、姉に連れられて、福岡・東公園で見たミレー、コロー、ドラクロア、クールベ等の絵を思い出しながら。
また、カメラ撮影も『フラッシュを使わなければOK、三脚は禁止ですが』で、明るいレンズに交換して、名画の数々を撮影してきました。
その時撮影した写真を本ブログに掲載します。少しでも楽しんでいただければ、こんなに嬉しいことはありません。
今回掲載した作品は、原則的に『年代順』に並べてあり、絵画の時代ごとの変遷及び作家個人の作風の変化などを鑑賞していただけるように纏めてみました。


オルセー美術館

ドミニク・アングル(1780-1867) フランスの新古典主義の画家。ラファエロを尊敬し、新古典主義を堅持した。「泉」、「オダリスク」、「トルコ風呂」などを描いた。
  泉 1825年ー56年
c0094546_15125916.jpg

  聖餅の聖女 1854年
c0094546_15135446.jpg

ドラクロワ(1798-1863) フランスのロマン主義を代表する画家。最初、新古典主義の画家ゲランに入門。その後、新古典主義との確執の末にロマン主義を確立。
  虎狩り 1854年
c0094546_1443149.jpg
 
  ライオン狩り 1854年
c0094546_14435020.jpg
 
  モロッコの川を渡る 1858年
c0094546_14444320.jpg

  馬小屋で争う二頭のアラブ馬 1860年
c0094546_14462690.jpg

フランソワ・ミレー(1814-1875) フランスの画家。バルビゾン派の代表的な画家で、大地と共に生きる農民の姿を崇高な宗教的感情をこめて描写している。
  晩鐘 1855年ー57年
c0094546_14354081.jpg
 
  落穂拾い 1857年
c0094546_14363772.jpg

  羊飼いの少女 1862年ー64年
c0094546_1436756.jpg
 
  春 1868年ー73年 
c0094546_1435678.jpg

  グレヴィルの教会堂 1871年ー74年
c0094546_14365276.jpg

カミーユ・コロー(1796-1875) 次世代の印象派との橋渡しをしたフランスの画家。各地のありふれた風景を詩情豊かに描き、印象派にも影響を与えた。
  朝、ニンフの踊り 1850年
c0094546_14403092.jpg

  水辺で牛の遊ぶ風景 1855年
c0094546_14394775.jpg

  森で踊るニンフ達 1860年
c0094546_14375358.jpg

  森の中の美しい風景 1869年
c0094546_1439111.jpg

  森の中のダンス風景 1871年
c0094546_14383096.jpg

ドーミエ(1808-1879) フランスの画家。風刺版画家として知られると共に、油彩画家としてもゴッホやロートレックをはじめ多くの画家に影響を与えた。
  クリスパンとスカパン 1863年ー65年頃
c0094546_1332595.jpg

  ドンキホーテ 1867年
c0094546_8354855.jpg

トマ・クチュール(1815-1879) フランスの歴史画の画家で美術教師。教え子には、マネ、ラトゥール、シャヴァンヌなど後の美術界の権威者がいる。
  退廃期のローマ人達 1847年
c0094546_1535933.jpg

クールベ(1819-1877) フランスの写実主義の画家。古典絵画の模倣ではなく、今の時代の風景、人々、現実を自分の感じたままに描いた。当時では革新的な思想。
  オルナンの埋葬 1849年ー50年
c0094546_13513950.jpg

  画家のアトリエ・現実的寓意画 1854年ー55年
c0094546_13504960.jpg

  牡鹿の闘いー春の発情期 1861年
c0094546_1354947.jpg

  鹿のいる森 1866年
c0094546_13552832.jpg

  嵐の海 1869年
c0094546_13521342.jpg

  嵐のあとのエトルタの断崖 1869年 
c0094546_13525959.jpg

シャヴァンヌ(1824-1898) フランスの画家。クールベやマネと同時代でありながら、写実主義や印象派と一線を画し『象徴主義』と言える。フレスコ画的色調が特徴。
  海辺の娘たち 1879年
c0094546_1482528.jpg
 
  貧しき漁夫 1881年
c0094546_1454699.jpg

ギュスターブ・モロー(1826-1898) フランス象徴主義の先駆者。聖書や神話に題材をとった幻想的な作風で有名。「世紀末」の画家や作家に影響を与えた。
  イアソン 1865年
c0094546_15385170.jpg

ウイリアム・アドルフ・ブーグロー(1825-1905) フランスの画家。アカデミズム絵画を代表する画家。神話、天使、少女を題材とした絵画を多く残した。
  ビーナスの誕生 1879年
c0094546_1541913.jpg

アレキサンドル・カバネル(1823-1889) アカデミックなスタイルで歴史、古典、宗教絵画を描いた。1863年に描いた「ビーナスの誕生」はアカデミック絵画の傑作。
  ビーナスの誕生 1863年
c0094546_15314036.jpg

アンリ・ファンタン・ラトゥール(1836-1904) フランスの画家。静物画、花の絵、友人の画家や作家達のグループ肖像画のほか、精巧なリトグラフも多い。
  花と果物 1865年
c0094546_1412527.jpg

  バティニョールのアトリエ 1870年
c0094546_134542.jpg

  夜 1897年
c0094546_13461042.jpg

カミュー・ピサロ(1830-1903) 印象派で最年長画家。、画家仲間からの信望厚く、ゴッホやセザンヌなど若い世代を励ました。1885年頃から点描画にもトライ。 
  ヴォアザン村の入り口 1872年 
c0094546_11412669.jpg

  モンフーコーの収穫 1876年
c0094546_11384910.jpg

  雪景色 1879年
c0094546_11403780.jpg

  焚き火をする女 1888年
c0094546_11422285.jpg

マネ(1832-1883) フランスの画家。クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。他の印象派の画家とは一線を画した創作活動?
  草上の昼食 1863年
c0094546_12373215.jpg

  すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ 1872年
c0094546_16382840.jpg

  扇を持つ女性 ニーナ・ド・カリアスの肖像 1873年ー74年頃
c0094546_12402910.jpg

  カーネーションとクレマチス 1882年頃
c0094546_12392776.jpg

ベルト・モリゾ(1841-1895) フランス印象派の代表的な女流画家。マネに絵を学びながら、モデルも務めた。男性には見られない、繊細さと穏健さが特徴。
  ゆりかご 1872年
c0094546_16384927.jpg

クロード・モネ(1840-1926) フランスの典型的な印象派の画家。『光の画家』の別称あり。時間や季節と共に移り変わる光と色彩の変化を生涯に亘り追求し続けた。
  シャイイの道 1865年
c0094546_10181439.jpg
  
  庭の女たち 1866年
c0094546_161420.jpg

  ゴーディベール夫人の肖像 1868年
c0094546_1557267.jpg

  トルーヴィルのオテル・デ・ロシュ・ノワール 1870年
c0094546_1041361.jpg

  水辺の風景(Zaandam) 1871年
c0094546_1019597.jpg
 
  アルジャントゥイユの船だまり 1872年
c0094546_16133453.jpg

  アルジャントゥイウの鉄橋 1874年
c0094546_1017421.jpg

  ヨットのある風景 1874年
c0094546_1022937.jpg

  サン・ラザール駅 1877年
c0094546_9175643.jpg

  ヴェトゥイユの風景(Paysage,Vetheuil) 1879年
c0094546_1025548.jpg

  左向きの日傘の女 1886年
c0094546_10391999.jpg

  ベリールの岩 1886年
c0094546_10212411.jpg

c0094546_10285511.jpg

  ルーアン大聖堂 1693年
c0094546_16194019.jpg

c0094546_10363215.jpg

ルノワール(1841-1919) フランスの印象派の画家。風景画、静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。晩年は、豊満な裸婦像などに独自の境地を拓いた。
  猫を抱く少年 1868年
c0094546_13231998.jpg

  草原の中の坂道 1873年ー74年頃
c0094546_12461019.jpg

  立ち姿の婦人 1874年
c0094546_13253728.jpg
 
  ムーラン・ド・ラ・ギャレットにて 1876年
c0094546_12453928.jpg

  陽光の中の裸婦 1876年
c0094546_12471381.jpg

  婦人の肖像 1877年
c0094546_1325314.jpg
  
  マルゴの肖像 1878年
c0094546_21273163.jpg

  田舎のダンス 1883年
c0094546_12482457.jpg

  都会のダンス 1883年
c0094546_1249639.jpg

  大きな裸婦 1907年
c0094546_12463978.jpg

  水浴の女たち 1918年ー19年頃
c0094546_12475618.jpg

  ルノワール作の塑像 1916年
c0094546_13261540.jpg

  ルノワール作ブロンズ像 1917年
c0094546_1011668.jpg

シスレー(1839-1899) 印象派を代表する画家の一人。強烈な個性は示さないが、光と色彩豊かな田園や河辺などの風景画を生涯かけて描き続けた。
  並木のある大通り 1873年
c0094546_1134154.jpg

  洪水の中の小舟 1876年
c0094546_8281275.jpg

  並木のある田舎道 1890年
c0094546_11333760.jpg
 
ドガ(1834-1917) フランスの印象派の画家。都会生活とその中の人間を描く。特に、踊り子や浴女の一瞬の動作を素晴らしい素描力で描き続けた。
  スタート前の競馬風景 1862年
c0094546_11355229.jpg

  バレーの舞台稽古 1874年頃
c0094546_1134255.jpg

  鏡の前に立つ女性 1875年
c0094546_113735.jpg

  アイロンをかける女 1884年頃
c0094546_1135269.jpg

セザンヌ(1839-1906) フランスの画家。ポスト印象派の時期にゴッホ、ゴーギャンらと活躍し、『近代絵画の父』と言われる。キュービズムに多大な影響を与えた。
  画家アシル・アンブレールの肖像 1869年ー70年
c0094546_1665337.jpg

  ビーナスの誕生 1877年
c0094546_9132610.jpg

  スープ鉢のある静物 1877年
c0094546_9113099.jpg

  サント・ヴィクトワール山 1890年
c0094546_9121646.jpg

  G氏の肖像 1895年ー96年
c0094546_16122373.jpg

ゴッホ(1853-1890) オランダの画家だがフランスで活躍。ポスト印象派の代表的な画家。不遇の生涯を送り、生前に売れた絵はたった1枚だけであった。37歳で自殺?
  自画像 1889年ー90年頃
c0094546_16124328.jpg
 
  午睡 1889年ー90年
c0094546_9152376.jpg

  ゴルドヴィルのわらぶきの農家 1890年
c0094546_9145575.jpg

  オーヴェル・シュル・オワーズの教会 1890年
c0094546_1613154.jpg

ゴーギャン(1848-1903) フランスのポスト印象派の最も重要且つ独創的な画家の一人。1888年、ゴッホと共同生活を試みるが、「耳切り事件」で破綻。タヒチに渡る。
  扇面画のある静物 1889年頃
c0094546_11103514.jpg

  黄色い積みわら 1889年
c0094546_1111215.jpg

  黄色いキリストのある自画像 1890年ー91年
c0094546_1110737.jpg
 
  砂浜のタヒチの女たち 1891年
c0094546_11122625.jpg
 
  白い馬 1898年
c0094546_11124484.jpg

  木彫・彩色 「神秘な女たち」 1890年
c0094546_11134581.jpg

ロートレック(1864-1901) フランスの画家。身障者として差別されたこともあり、娼婦、踊り子など夜の世界の女たちを愛情のこもった筆致で描いた。
  女道化師シャ・ユ・カオ 1895年
c0094546_13235181.jpg

スーラ(1859-1891) 新印象派に分類されるフランスの画家。印象派の画家達が用いた「筆触分割」の技法を推し進め、「点描技法」に到達した。31歳で死去。
  スーラ(ラ・グランド・ジャケット島の日曜日の午後)のための習作 1884年頃
c0094546_1331985.jpg

  ポーズする女 他 1886年ー87年
c0094546_13283097.jpg

  サーカス 1891年
c0094546_13273754.jpg

イポリート・プティジャン  新印象派の画家。淡い色彩の細かな点描により夢想的な絵を描いた。特に、「水浴の女」を好んで描いた画家である。  
  婦人の肖像 1894年
c0094546_13371216.jpg

マクシミリアン・ルース(1858-1941)
  虐殺 1903年ー06年
c0094546_14114951.jpg
  
ブラマンク(1876-1958) フォーヴィズム(野獣派)に分類されるフランスの画家。徹底した自由主義者で、殆ど独学。ゴッホにだけは影響を受けたと言う。
  ブージバルのレストラン・マシータ 1905年
c0094546_1332457.jpg

Carriere Eugene
  一家団欒 1885年
c0094546_1414879.jpg

ヴィンターハルター
  リムスキー=コルサコフ夫人 1864年
c0094546_1533199.jpg

メッソニエ
  1814年の遠征から帰還するナポレオン 1864年 
c0094546_1451239.jpg

Tony Robert-Fleury 
  終焉 1870年
c0094546_15423438.jpg

Laurens Jules 
  断崖に建つ城塞 1880年
c0094546_15451848.jpg

ギュスターヴ・ギョーメ
  サハラ砂漠 1867年
c0094546_15483425.jpg

  サハラの祈り 1863年
c0094546_15491763.jpg


   以上でオルセー美術館で撮影した作品は終わりです。
   今回の纏めほど苦労したブログはありません。でも、やっと完成です!!!!!


  
 

by mda-vinci | 2009-04-23 08:51 | 海外旅行


<< フランス旅行《美術館編Ⅱ/ルー...      フランス旅行(その2) >>